1. トップ
  2. ダイエット
  3. 開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

  • 2021.8.1
  • 8846 views

今週(2021年7月25日~7月31日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法』『続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法

最近、特に注目を集めているのがファスティングダイエット。中でも「安全で痩せ効果も高い」と言われているのが「断続的断食ダイエット(インターミッテント・ファスティング)」と呼ばれるダイエット法です。それでは、開始1週間で体重3kg減量も可能と言われる注目ダイエット法のメリットと実践方法をチェックしてみましょう。

断続的断食ダイエット(インターミッテント・ファスティング)のメリット

ファスティングといえば「2〜3日断食する」というのが一般的なイメージですが、断続的断食ダイエット(インターミッテント・ファスティング)は“毎日断食”します。

ロサンゼルスの栄養士、メリル・プリチャード氏によると「一般的に食べている時、消化している時、吸収している時は常にインスリンレベルが高く痩せませんが、食後12時間経過するとインスリンレベルが低下して痩せる時間に変わる」そうで、断続的断食ダイエットはこの“食後12時間経過した痩せる時間”を活かすダイエット法となります(インスリンレベルが低下するとノルアドレナリンなど脂肪燃焼効果の高いホルモンのバランスがアップして脂肪燃焼効果が高まる)。

また、断続的断食を行うと消化のために使われるエネルギーが1日中食べる時よりも温存され、そのエネルギーは脂肪燃焼へと使われるようになっていくため、“脂肪燃焼効果が高い”のも特徴。さらに、実践することで細胞補修や再生も促進され、肌の状態が良くなったり、免疫力のキープにつながったりといったメリットを期待できると言われています。

断続的断食ダイエットの実践方法

断続的断食の基本ルールは「1日の中で食事と食事の間隔を14〜16時間つくる」というのが1つですが、やり方は様々。中でもメジャーな「8時間ダイエット」は食べる時間(朝食のスタートから夕食を食べ終わるまで)を8時間以内にセッティングして、食べない時間を16時間以上作るというものになります。

8時間の間であれば、どんな食事でもOKでカロリーは気にしなくても良いとされていて(とは言え、高カロリーな食品をたくさん食べてしまうのはNG)、食べない16時間の間は食事は厳禁ですが、ブラックコーヒー、お茶、お水は飲んでもOKです。なお、「8時間ダイエット」の他にも、2週間に1回、24時間のファスティングをするという「EAT STOP EATダイエット」、1週間のうち5日は普通に食べて、残りの2日は1日の摂取カロリーを500〜600kcalに調整するという「5:2ダイエット」なども断続的断食ダイエットに当たります。自分のライフスタイルに合わせて実践しやすい方法を見つけてみてくださいね。

続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣

運動不足になったり、過食気味になったりが原因で、気づくと下腹がぽっこり出ていたという方は少なくないと思います。下腹は痩せにくいパーツだからこそ、日頃からのケアが大切です。そこで習慣に採り入れたいのが、下腹の凹ませに高い効果を発揮するヨガの簡単ポーズ【ナーヴァ・アーサナ】。体をV字にしてバランスを取りながらお腹周りの筋肉を強化するポーズで、体幹や前ももの筋肉の強化も同時に叶うので、代謝UPや太ももの引き締めにも効果を期待できます。

(1)床に体育座りをする

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

(2)両腕で両脚の太もも裏を抱えて、ひざを曲げたまま両脚を持ち上げていく

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

(3)両腕を伸ばして腹筋に力を入れながらバランスを取り30秒間キープする

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

(4)ゆっくりと両腕と両脚を下ろして脱力する

開始1週間で3kg減量も可能なダイエット法、続けるほどお腹が薄くなる簡単習慣など今週注目の話題

なお、期待する効果を得るためにもキープ時に腰の位置が下に落ちないように注意して実践してくださいね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴4年)>

元記事で読む