1. トップ
  2. コン・ユとパク・ボゴム主演『SEOBOK/ソボク』の究極的なテーマとは?

コン・ユとパク・ボゴム主演『SEOBOK/ソボク』の究極的なテーマとは?

  • 2021.8.1
  • 1352 views

日本で7月16日から映画『SEOBOK/ソボク』が劇場公開されている。主演はコン・ユとパク・ボゴムだが、パク・ボゴムは昨年8月から兵役で海軍に入隊しており、プロモーション活動をすることができない。

その分、コン・ユが大々的に『SEOBOK/ソボク』について語ってくれている。

特に彼は共演するパク・ボゴムについてこう評していた。

「観客が考えるパク・ボゴムの善良なイメージとは正反対の目つきが、この映画で初めて出ていたと思います」

「『SEOBOK/ソボク』を通じて見せたパク・ボゴムさんのイメージの変身も、映画を見る上でポイントになるでしょう」

この言葉を聞く限り、コン・ユはパク・ボゴムが俳優として見せる目の鋭さに圧倒されたようだ。そのインパクトは観客自身がスクリーンを通して感じることができるだろう。

(写真=『SEOBOK/ソボク』©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED)
人生の価値

そもそも、『SEOBOK/ソボク』という映画は、パク・ボゴムが遺伝子の組み換えによって作られたクローン人間に扮している。そんな人造人間を争奪する中で、コン・ユが国家機関のエージェントであるミン・ギホンを演じた。

そして、ミン・ギホンはクローン人間を安全に移動させるために必死に行動するが、それは本当に難しいミッションであった……。

結局、この映画の究極的なテーマは、限りある人間にとって一番大事な人生の価値は何なのか、ということだ。

このテーマをクローン人間を通して描こうというのが『SEOBOK/ソボク』の壮大な試みだった。

こうした問い掛けに対して、コン・ユは「今日一日を感謝して大切に生きること」と考えている。いかにも真摯に人生と向き合っているコン・ユらしい考え方だ。

パク・ボゴムは兵役中なのでコメントを発することができなかったが、むしろ軍隊にいるという特殊な状況の中で、彼こそが人生の価値と毎日真剣に向き合っていると思われる。そうでなければ、厳しい兵役を乗り越えることができないかもしれない。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

元記事で読む