1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【秩父】昆虫採集に川遊び♪小松沢レジャー農園で夏をまるごと楽しめる!

【秩父】昆虫採集に川遊び♪小松沢レジャー農園で夏をまるごと楽しめる!

  • 2021.7.31
  • 2888 views

秩父にある自然いっぱいのレジャー施設、小松沢レジャー農園。体験できるメニューは季節によって変わりますが、春はいちご狩り、夏は川遊びに昆虫採集、秋はブドウ狩り…と、1年中楽しめる人気スポットです! 今回は4歳の息子と共に、7月上旬~8月下旬までの期間に利用できる「夏休みファミリー体験セット」を楽しんできました。

受付後、まずは溶岩バーベキューと素麵♪
出典:リビング埼玉Web

「夏休みファミリー体験セット」は9:45~12:00の間に受付を済ませる必要があります。受付時間ギリギリに滑り込みましたが、7月の平日に出かけたこともあり、駐車場は空いていました。

8月の土日はやはりとても混み合うのだそう。8月13日~15日以外は公式HPから予約もできるので、事前に予約するのも安心ですね。公式HPによると、現地では現金かPayPayの利用が可能ですが、クレジットカードを使いたい場合は同じくHPから予約するほうが良いようです。

昼時に到着したので、まずは受付所のすぐ横にあるお食事処で早速溶岩バーベキューと素麺を食べることにしました。お食事処は広々としていてゆったりと座れます。

出典:リビング埼玉Web

着席してすぐに山盛りの素麵とバーベキューセットが運ばれてきました。 この素麵はなんと食べ放題!ちなみに、受付時に希望すれば、ご飯ときのこ汁に変更することができます。現在はコロナ対策のため流し素麵ではありませんが、流し素麺台を有料でレンタルすることも可能とのこと。

屋外なので空調はきいていませんが、扇風機がいたるところで回っており、木陰で風通しも良く、自然を感じながら食事を楽しめます。また、基本的にフローリングではありますが、靴を脱いで座る座敷のようなタイプになっているため、小さいお子様も安心です。

旨味たっぷり!しいたけ狩り
出典:リビング埼玉Web

お腹を満たした後は、しいたけ狩りに出発。 「夏休みファミリー体験セット」では、大人は昆虫採集のかわりにしいたけ狩りがついています。子どもはしいたけ狩りか昆虫採集のいずれかを選ぶことができますので、虫が苦手な場合はしいたけをたくさん採って帰ることができますね。

しいたけ狩りの建物までは、しいたけのメリットが書かれた看板がお出迎え。心なしか他のエリアよりひんやりしている気がします。

出典:リビング埼玉Web

受付をし、専用の袋をもらって、いざしいたけ狩りスタート!そこかしこにしいたけが生えていて、圧巻です。入口の係の方曰く、傘が開いているものには旨味成分が多く含まれており、美味しいとのこと。しっかり選んでから設置されているスケールで計り、200gぴったり袋に詰めたら入口で封をしてもらって終了です。

有料ですが、早速食べたいという方は食事処で炭火焼きにして食べることもできますよ。帰宅後に持ち帰ったしいたけを早速焼いて食べてみたところ、スーパーで売っているものより香りが強く、とってもジューシでびっくり…。しいたけ好きな方が身近にいる場合は、お土産にすると喜ばれるかもしれませんね。

マスつかみ取りと川遊びで暑さも吹き飛ぶ!

[caption align="alignnone" width="600"]

出典:リビング埼玉Web

日がさらに高くなってきて、暑さはMAXに…。[/caption]

そんなときでも嬉しいのは、小松沢レジャー農園では川遊びとマスつかみ取り体験ができるということ!荒川の支流の1つ「横瀬川」にあるマスつかみ取りコーナーに向かいます。

とはいえ、まずは汗を流したいということで、持ってきた水着に着替えて川遊び。 冷たくてきれいな川の水に大はしゃぎです。そこまで深くなく、流れも速くないため、親も安心して一緒に遊べました。

出典:リビング埼玉Web

しばらく遊んだ後は、いよいよマスつかみ取りに挑戦。係の方にチケットを渡すと、人数分のマスを、仕切られたマスつかみ取りエリアに放してくれます。意外と逃げ足の速いマスをびしょびしょになりながらなんとかゲット。最初にもらったカゴに入れて係の方に捕まえたマスを渡すと、その場ですぐに焼いて食べられるように処理をしてくれます。

マスを持ってお食事処に戻り、軽く洗ったら、炭火で焼いてもらってぱくり。いい塩加減で、あっという間になくなってしまいました。

虫取り体験に大興奮
出典:リビング埼玉Web

最後に、本日息子が一番楽しみにしていた虫取り体験。虫取り体験がついているのは子供用チケットのみで、大人は500円の付き添い入場チケットを別に購入しなければいけません。 網は無料でレンタルできるので早速お借りし、気分は虫取り少年!組んである木の中に隠れていることが多いそうなので、丹念に探して回ります。

出典:リビング埼玉Web

10分ほど2人でうろうろしてもなかなか見つけられず、やはり素人には難しいのか…と思ったその時、係の方が「出てきたよ~」とヒントを!急いで近くまで行くと、いましたいました! さっきまで姿形もなかったカブトムシが木の上に止まっていました。

別の木にも出てきたので、「大きいのはどっちかな」と少し吟味した後、短いツノをしっかり持って無事カブトムシを捕まえることができたのでした。

出典:リビング埼玉Web

ここで採ったカブトムシやクワガタは1匹お持ち帰りOKなので、捕まえたカブトムシを飼育することにしました。飼育用のカゴや昆虫マット、エサのゼリーなどは受付横の売店で購入できるため、今回はマットとゼリーを1つずつ購入。

係の方曰く、カブトムシが長生きするには夏の森の木陰に近い、風通しのよい環境がベストとのこと。直射日光が当たるようなところや空調が効きすぎた部屋などは適さないそうです。

受付と閉園時間には注意

実は、さらに竹とんぼ教室で竹とんぼを作れるはずだったのですが、のんびりしすぎて受付終了時間を過ぎてしまっていました…。閉園時間=体験受付終了ではないので注意が必要です。 受付時に配られる地図には記載されているとのことなので、しっかり確認した方がよさそうですね。失敗です…。

それでも「ぼくのなつやすみ」感満載、夏のいいところどりができちゃう小松沢レジャー農園。いちご狩りやぶどう狩りのシーズンにも、行ってみたくなってしまいました。 暑い夏を自然の中で謳歌したい方にオススメです!

小松沢レジャー農園 住所:埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1408 TEL: 0494-24-0412 開園時間:9:45~16:00 http://www.komatsuzawa.co.jp/index.html

元記事で読む