1. トップ
  2. スキンケア
  3. ファンデ不要なのにかなりいい! 美容担当が絶賛「真夏の優秀ベースメイク」3選

ファンデ不要なのにかなりいい! 美容担当が絶賛「真夏の優秀ベースメイク」3選

  • 2021.7.30
  • 10881 views

夏の暑い日は「汗でメイクが崩れる」「ベタつくから、バッチリメイクはしたくない」と悩んでいる人が多いはず。そこで、夏にぴったりな、優秀ベースアイテムをご紹介します。

夏汗に負けない「優秀ベースアイテム」3選!

マスクにファンデーションがつくのが不快だからと、「できるだけ素肌に近い状態で過ごしたい」、「化粧下地のみで済ませる」という人が増えているそう。その一方で、日焼け止めだけだと、「もっとカバー力がほしい」、「マスク内の湿度で、つけたての仕上がりが持続しない」など、悩んでいる人も…。

そんなお悩みを解決してくれるベースアイテムをご紹介します。

エスプリーク 「コンフォート メイククリーム」

『エスプリーク』から、外的刺激(※1)から肌を守る色つき美容クリーム「コンフォート メイククリーム」が、8月21日より全国のドラッグストア、量販店、化粧品専門店で発売。化粧水の後、乳液として使用することで、肌なじみの良いベビーモイスト成分(※2)が、ふっくらとうるおいのある肌へ導きます。

負担感のないつけ心地なのにしっかりとフィットし、毛穴や色ムラをカバー。水分を取り込むことでより化粧膜が強固になるため、汗・水に強く、マスクの高温多湿の環境下でも、化粧崩れしにくい仕上がりを実現。マスクへの色移りが気になりません。

エスプリーク コンフォート メイククリーム〈色つき美容クリーム〉
SPF50+/PA++++ 35g 全1色 ¥3,080(編集部調べ・8月21日発売)

※1 紫外線・乾燥・大気中の微粒子(ちり・ほこり)など
※2 加水分解コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・スクワラン(保湿)

キスミー フェルム 「スキンケアベース」

『キスミー フェルム』から、軽いメイク感で毎日を心地よく過ごせる、スキンケア感覚のうす化粧乳液「スキンケアベース」が、9月15日に新登場(7月12日先行発売)。肌なじみがよく、ベタつかず、上品なツヤ肌に仕上げてくれます。

ヒアルロン酸、コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、カミツレエキス、セラミド(すべて保湿成分)配合で、みずみずしい塗り心地なのに、おしろい効果で色ムラを整え、くすみや毛穴を明るくカバーしてくれます。マスクに移りにくい色味だから、マスク生活にもおすすめ。さらに、UVカット効果もあります。

キスミー フェルム スキンケアベース
SPF15/PA+ 28g 全1色 ¥1,100(編集部調べ・7月12日先行発売・9月15日全国発売)

プレディア 「ワンフィニッシュ スキン リキッド」

『プレディア』から、1品で多機能のリキッドファンデーション「プレディア ワンフィニッシュ スキン リキッド」が、8月21日に新発売。これひとつで、UVケア(SPF30 /PA+++)、化粧下地、ファンデーション、保湿美容液の機能を兼ね備え、乾燥やほこり・花粉などの外部環境から肌を守ってくれます。

4色のオークルカラーに加え、単品でも化粧下地としても使用できるニュートラルトーンのピンクカラー「クリアローズ」が新たにラインナップ。ブルーベース、イエローベースなど、どんな肌色にもなじむカラーで、血色感アップ、トーンアップ、透明感アップの効果を叶えます。

海由来のミネラルを豊富に含んだ美容液を84%(※3)配合し、みずみずしく軽やかなスキンケアタッチで、長時間つけていても負担感がありません。毛穴やくすみ、シミ、赤みなどの肌悩みをカバーしながら、やわらかなツヤのある肌にととのえ、つけたての美しさが長時間持続(※4)します。

プレディア ワンフィニッシュ スキン リキッド
SPF30/PA+++ 30mL 全5色 ¥4,950(8月21日発売)

※3 粉体・紫外線散乱剤を除くエマルジョン
※4 8時間化粧もち効果持続試験済み

夏は軽やかなつけ心地のベースメイクがおすすめ!

汗や皮脂の分泌が増える夏は、ベースメイクが崩れやすかったり、バッチリメイクをしたくないもの。そんなときは、軽いつけ心地のベースアイテムでカ自然にカバーしましょう。

【参考】

~ ファンデしない日の、新提案 ~ 『エスプリーク』からスキンケアとメイク効果を1本で叶える 色つき美容クリームを発売‐PR TIMES

キスミー フェルム スキンケアベース 2021年7月12日(月)先行発売/2021年9月15日(水)全国発売‐PR TIMES

~肌がよろこぶストレスフリーな使い心地で、カバーも、うるおいも、プロテクトも。素肌感つづく~ 『プレディア』から、多機能ベースメイクアイテムを発売‐PR TIMES

文・三谷真美

元記事で読む