1. トップ
  2. おでかけ
  3. ユン・ゲサン、映画「幽体離脱者」がニューヨーク・アジアン映画祭でアクションシネマ賞を受賞

ユン・ゲサン、映画「幽体離脱者」がニューヨーク・アジアン映画祭でアクションシネマ賞を受賞

  • 2021.7.26
  • 348 views

映画『幽体離脱者』が今年8月に開かれる「第20回ニューヨーク・アジアン映画祭(New York Asian Film Festival)」のジャンルマスターズ部門に公式招待されたのに続き「今年のDaniel A. Craft優秀アクションシネマ賞(Daniel A. Craft Award for Excellence in ActionCinema)」の受賞作に選ばれた。

『犯罪都市』のスタッフとユン・ゲサンが再会した映画『幽体離脱者』が「第20回ニューヨーク・アジアン映画祭」のジャンルマスターズ部門に公式招待され「今年のDaniel A. Craft優秀アクションシネマ賞」を受賞することになった。

8月6日から8月22日まで開催予定の「第20回ニューヨーク・アジアン映画祭」は2002年からアジアの映画人を知らせるためにスタートした北米を代表するアジア映画祭で華やかなブロックバスターからユニークなアートハウスまでサイズとジャンルを問わず大衆的ながらも色がはっきりしている映画だけを選別して紹介する場だ。

『幽体離脱者』が招待されたジャンルマスターズ部門は、これまでの固定概念を覆したり新たに解釈した革新的な映画を紹介する、今年初めて新設された部門だ。また「今年のDaniel A. Craft優秀アクションシネマ賞」は審査員が最も優れたアクションと武術を披露した作品を選定して授与するアクションシネマ賞で「ニューヨーク・アジアン映画祭」の創立メンバーであり映画祭ディレクターでもあったDaniel A. Craftが2013年に他界した後、彼を称えるためにその年に新設された。

特に韓国映画は2017年に『悪女/AKUJO』が初めて受賞して以来、今回の『幽体離脱者』の受賞は2度目なのでさらに意味深い。

「ニューヨーク・アジアン映画祭」の執行委員長のSamuel Jamierは「幽体離脱者」はアクションとドラマの調和が驚くほど完璧な映画だ。映画の中のアクションはストーリーによく溶け込むだけでなくアクションだけでもジャンルの中で自分だけの独特な文法を見せてくれる。

まさに独創的で革新的」とし「ジェイソン・ボーンスタイルの激しい格闘シーンから殺伐とした銃器アクション、息詰まるカーチェーシングまで同時代のアクション映画から期待される最上の場面だけを集めた。 このすべてが適切に調和して誕生した『幽体離脱者』という映画が披露する楽しさは強烈ながらも圧倒的だ」と絶賛した。

記憶を失ったまま12時間ごとに体が変わる男のミステリー追跡アクション映画『幽体離脱者』は今回のニュースに先立って世界3大ファンタスティック映画祭の一つに数えられる「第53回シッチェス・カタロニア国際映画祭」のパノラマファンタスティック(Panorama Fantàstic)部門に招待され、奇抜な想像力と映画の完成度が認められた。その後もドイツの「ファンタジー・フィルムフェスト」、英国の「メイヘム映画祭」など各地域最大のジャンル映画祭にも公式招待が確定し全世界の映画祭の注目を集めている。


元記事で読む