1. トップ
  2. スキンケア
  3. 新商品が続々登場!美容ライターが本気で選ぶ「夏マスク」特集

新商品が続々登場!美容ライターが本気で選ぶ「夏マスク」特集

  • 2021.7.23
  • 10589 views

マスク着用が当たり前になった今。マスク生活には慣れましたが、気温が高くなってくると、蒸れや暑さなどの夏特有のマスク悩みが気になってきますよね。

そこで今回は、美容ライターのあやのさんに、夏のマスク着用時のお悩みを解消しつつ美容効果も狙える“夏マスク”を教えてもらいました。

1:メイク×スキンケア発想の新マスク「FACE COLOR MASK」

FACE COLOR MASK
出典: 株式会社エクスプラス

自分にぴったりのパーソナルカラーで肌の透明感や血色感を引き出しながら、異なる3種のスキンケア成分で揺らぎがちな肌に寄り添う『FACE COLOR MASK』。

くすみを飛ばして華やかな印象を演出する「ヌードピンク」にはヒアルロン酸とマリンコラーゲンが配合されていて、うるおいを保つ軽やかな質感に。品のあるエレガントな印象を演出する「ニュートラルベージュ」にはシアバターを配合し、しっとりとしたなめらかな質感に。透明感を引き出してシャープな印象を演出する「ジェントルグレー」にはシルクプロテインを配合し、肌をやさしく守るようなやわらかい質感に導いてくれます。

FACE COLOR MASK
出典: 株式会社エクスプラス

さらに顎のラインをスッキリ見せつつ、鼻筋がスーッと通って見えるこだわりのカッティングで、小顔効果まで期待できる女性に嬉しいデザイン! マスクの内側は接触冷感素材になっており、暑い夏でもストレスフリーで過ごせるのも魅力のひとつです。

【商品詳細】株式会社エクスプライス『FACE COLOR MASK』 / オープン価格

2:99.9%口紅がつかない「BDP Mask for make up summer」

BDP Mask for make up summer
出典: Brand Design Plus株式会社

マスク着用によってメイクを楽しめなかったり、スキンケアが無駄に感じてしまうなどの我慢や悩みを解消するために誕生した『BDP Mask for make up summer』。

従来のマスクと比較して約2倍の大空間があることで、リップの付着や肌摩擦を軽減し、笑っても喋ってもメイクが崩れない構造に。マスク内の空間が広いとは思えないほど鼻から顎にかけてのラインが美しく、魅力的な大人のフェイスラインを演出します。

BDP Mask for make up summer
出典: Brand Design Plus株式会社

天然の清涼剤であるアイスシルクを生地に練り込むことで、24時間冷感が持続。肌なじみのいいホワイトとクリームの2色展開で、どんなメイクやファッションにも合わせやすいのが嬉しいです。

【商品詳細】Brand Design Plus株式会社『BDP Mask for make up summer』 / メーカー希望小売価格 2枚入り 2,790円(税込)

3:チーク効果で顔色が映える「Victorian Mask」

Victorian Mask
出典: サムライワークス株式会社

暗く見えがちなマスク着用時でも顔色が映え、明るくトーンアップしてくれるチークのような効果が期待できる『Victorian Mask』。

血色のいい華やか肌を演出する「APRICOT PINK」、やわらかく品のある印象に導く「NUDY BEIGE」、血色感と透明感を引き出す「LAVENDER GRAY」の新色は、ファッションのさし色にしたり、大人っぽい抜け感を演出したり、自分の魅力を引き立てるアイテムとしても楽しめます。

Victorian Mask
出典: サムライワークス株式会社

マスク自体の機能も高く、花粉・ウイルス・微粒子を99.9%カット(※)。 また、肌への刺激やダメージを考慮し、内側にはやわらかい不織布を使用しているため、夏場に気になるマスク蒸れやマスク擦れによる肌トラブルを未然に防ぐことができそう!

3パーツに分かれており、飛沫汚れやファンデーション汚れがついた内側を折りたたんで隠すことができるので、ちょっとした着脱の際でもスマートに使えて便利です。

※ 約0.1㎛(マイクロメートル)サイズの粒子を99.9%ろ過(捕集)できることを表すPFE検査で99.9%。 【商品詳細】サムライワークス株式会社『Victorian Mask』 / メーカー希望小売価格 50枚入り 4,378円(税込)

せっかくマスクを着用するのなら、マスクを含めトータルで魅力的に見せたいもの。

カラーやデザイン、配合成分にこだわって、夏のマスク生活を快適に過ごしつつ、自分自身も磨いていきましょう!

元記事で読む