1. トップ
  2. グルメ
  3. 〈W 大阪〉のプールサイドテラスで楽しむ「サマーエスケープブランチ」

〈W 大阪〉のプールサイドテラスで楽しむ「サマーエスケープブランチ」

  • 2021.7.21
  • 609 views

日々国内外を旅している前田紀至子が楽しく美しく、時にはマニアックに旅を満喫するコツをナビゲート。今回は昨年開業したばかりの〈W 大阪〉にオープンした〈ウェットバー(WET BAR)〉と〈ウェットデッキ(WET DECK)〉にいち早く訪問。夏の間、土日祝限定で開催されている「サマーエスケープブランチ」を体験してきました。

まるで海外のよう!開放的な空間でリゾート気分に酔いしれて

7月18日にオープンしたのは、4階のフィットネスフロアの「ウェットバー」とオープンエアのテラス「ウェットデッキ」。大きな白いパラソルが印象的なテラスに一歩足を踏み入れたら、気分はもう海外のリゾート。

色とりどりのウェルカムドリンクは、〈W 大阪〉が持つハッピーでワクワクするムードにぴったり!

「アルコール フリーフロー」では、シャンパンやフローズンブルーマルガリータ、ビール、ハイボールなどの他、世界7カ国のW ホテルのシグネチャーカクテルも。カクテルを味わうことで各国を旅している気分になれそう。

ノンアルコール派もバラエティに富んだドリンクを楽しめる。ノンアルコールのスパークリングワインやミクソロジー・モクテル、クラフトコーラに加えて、注目したいのはコールドプレスジュースやフレッシュスムージー。特にフレッシュスムージーは、用意されたフルーツや野菜類から好きな組み合わせで作ってもらうことも。

バナナとキウィで作ってもらったフレッシュスムージー。搾りたてのフルーツを太陽の下で飲むおいしさは格別。

オードブルはブッフェスタイル。切りたてのパルマ産プロシュートやトロピカルフルーツ。シーフードプラッターにはカクテルソースやアイオリソースを添えて。

ミニサイズながらもジューシーなアボカドとチーズのミニバーガーや仔羊入りのタブレサラダ ガスパチョドレッシング、マンゴー香るエビマヨネーズなど、カクテル同様にグローバルなメニューの数々。

デザートまでぬかりなく可愛くポップでおいしい。ミニサイズのケーキにタルト、パンナコッタに加えて、マンゴー、ベリーのミルクかき氷も。

ついついあれもこれも!と食べたくなるのは、ひとつひとつのメニューに工夫が凝らされて、妥協なく作られているのが感じられるから。

オードブルのみならず、しっかりとしたメインディッシュも2皿(!)出てくるところに〈W 大阪〉のサービス精神が感じられます。魚料理はカジキマグロのグリルとトマトのサルサ 冷たいレモンと胡瓜のパスタを添えて。肉料理はローストビーフとマンゴーチャツネ 黒ニンニクとカシューナッツのソース。

そして、夏をめいっぱい楽しむためにも注目したいのは、追加料金5,000円で〈ウェット〉と呼ばれるプールを利用できるオプション!通常は宿泊者のみがアクセスできるこちら、空間を仕切るガラス窓を開放することで〈ウェットバー〉、〈ウェットデッキ〉とシームレスに繋がるので、DJのプレイとともに海外を訪れたようなリゾート気分を満喫して。

「サマーエスケープブランチ」は9月20日(月・祝)までの間、土曜、日曜、祝日限定で開催。夏の思い出作りに訪れてみては?

「サマーエスケープブランチ」
期間:2021年7月18日(日)~9月20日(月・祝) 土日祝限定
時間:1部11:00~13:30/2部14:00~16:30(各回2時間30分)
※雨天開催(要問い合わせ)
場所:ウェットバー、ウェットデッキ、ウェット(4階)
人数:各回最大20名まで ※16歳以上

価格:
・「ノンアルコール フリーフロー」 12,000円
・「アルコール フリーフロー」 16,000円
・「ドンペリニヨン」+「アルコール フリーフロー」 24,000円
※ウェット(プール)の利用は上記プランに追加料金5,000円
※アルコールプラン利用者はノンアルコールもフリーフローに含む
※価格はすべてサービス料15%込み

覚えておきたいチェックポイント3つ

1:開催は9月20日までの土曜日、日曜日、祝日。最大20人までなので気になったら早めに予約を
2:〈WET(プール)〉の利用を希望の際は水着もお忘れなく
3:海外旅行気分を楽しむためにもリゾート気分でドレスアップしておでかけを

元記事で読む