1. トップ
  2. メイク
  3. メイクが苦手な人ほどやらなきゃ損!びっくりするほど可愛くなれるアイメイク3つの裏ワザ

メイクが苦手な人ほどやらなきゃ損!びっくりするほど可愛くなれるアイメイク3つの裏ワザ

  • 2021.7.21
  • 37510 views

ひと手間でグッと可愛くなるようなメイクテクニックを取り入れてみたいけれど、難しいメイクは苦手…という方におすすめな、簡単に可愛くなれるアイメイクの裏技をご紹介していきます。

使用アイテム

今回のメイクでは【CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ 19】を使用しました。

しっとり繊細な粉質で艶やかな目元に仕上がるブラウン系パレットです。

上まぶたのアイシャドウの塗り方

それではアイシャドウの塗り方から解説していきます。まずは上まぶたのメイク方法です。

まずはBのカラーをアイホール全体に塗り広げます。

この時にポイントとなるのが、目頭側に「く」の字になるように入れることです。

目頭まで色を乗せることでアイメイクに一体感を出し、目を大きく見せることができます。

次にCの濃いカラーを目のキワに入れてグラデーションを作ります。

グラデーションが苦手な方は先に濃い色から塗り、上から明るい色を重ねましょう。

グラデーションができたらEのラメカラーを黒目の上あたりにぽんぽんと乗せます。

このひと手間を加えることでまぶたに自然な立体感を出すことができます。

下まぶたのアイシャドウの塗り方

続いては下まぶたのメイク方法です。

Aのハイライトカラーを涙袋全体にふんわり入れてツヤ感をプラスします。

Bのカラーを目頭側に、先ほど上まぶたメイクで塗った「く」の字と繋げるように塗ります。

目頭にしっかりと色を乗せることでメリハリのあるメイクになります。

Cの濃いカラーを目尻側に入れたらアイシャドウは完成です。

アイライナーの引き方

続いての裏技はアイライナーの引き方です。

アイライナーは太くなってしまったりガタガタになってしまったりとメイクが苦手な方には難易度が高いアイテムですが、まつ毛の隙間を埋めるように点置きしていくことでナチュラルながらもしっかりとデカ目効果のあるアイラインを簡単に描くことができます。

下から覗き込むようにしてまつ毛の下から少しずつ描いていきましょう。

目尻はあまりしっかり描きすぎず、目の形に沿ってスッと払うように自然に描きます。

完成したメイクがこちら

簡単なポイントを押さえることで、メイクが苦手な方でも簡単に可愛く仕上がるメイクができました。

メイクが苦手な方にこそ試して欲しい裏技、ぜひ毎日のメイクに取り入れてみてくださいね。

元記事で読む