1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【12星座別】「赤ちゃん度」ランキング それってピュアネス?それとも精神年齢が……?

【12星座別】「赤ちゃん度」ランキング それってピュアネス?それとも精神年齢が……?

  • 2021.7.18
  • 14907 views

こんにちは、WriterPalm45です。

「若いよね!」と言われると嬉しいような気もするけれど、一方では「子供じみてるってことかしらん」なんて、つい勘ぐってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は精神年齢が若い星座をランキング形式でご紹介します!

1位 おひつじ座

考えていることと言動が直結し、何でも言っちゃう、やっちゃう。
自分の気持ちは包み隠さず表現する。周りのことはあまり気にしないし、それでもなぜか許されちゃう、不思議な魅力の持ち主、おひつじ座さん。
おひつじ座さんの精神年齢は、どれだけ実年齢と経験を重ねても12星座一の若々しさ。
常に新鮮な視点で世の中を見通し、いの一番に未来を切り開いていくのです。

2位 ふたご座

スマートな振る舞いが大人びた印象を与えるふたご座さんですが、精神年齢は以外にも若々しい!
好奇心旺盛で、新しいことや面白そうなことにはどんどん首を突っ込んでいきます。
そして、飽きたらポイ、という切り替えの早さも、気持ちの若さの証……よくも悪くも、ですけど。
一方、逃げるときは大人のテクニックを駆使するのが、ふたご座さんのすごいところでもあります。

3位 かに座

優しくて面倒見のいい「みんなのお姉さん(時々お母さん)」的なキャラクターのかに座さんですが、どっこい、好きな人や親友、またごく近い肉親など「この人」と決めた人には、べったりどっぷりの甘えん坊っぷりではっちゃけます。
成人してもなお、祖父母が大好きでお小遣いももらっちゃったりする系の、微笑ましい甘えん坊さんです。

4位 しし座

永遠の少年少女と言えばしし座さんです。
人にどう思われるかを気にするので、表立って甘えたりわがままを言ったりすることはありませんが、魔法少女や美少女戦隊になりきった純粋さがそのまま残されています。
映画やドラマを見ると、その後しばらくの間主人公になりきってしまうのが特徴です。

5位 てんびん座

スタイリッシュでセンスあふれるてんびん座さんは、見た目からは精神年齢の低さは一切感じられません。
実際、精神年齢は年齢相応なんですが、相手の顔色を見ながら段階的におんぶに抱っこ、という高等テクで甘えん坊ぶりを炸裂させます。
精神年齢の高さと低さを天性のバランス感覚で発露する、ある意味奇才なのかもと思えてきます。

6位 うお座

純粋で夢見がちで、甘え上手と、赤ちゃん度で言えばトップに躍り出そうなイメージのうお座さんですが、精神年齢で言うと変幻自在なんですよね……。
子供のように無邪気で若々しさかと思えば、まるで仙人みたいな達観ぶりを見せることも。
また、無邪気と言っても、子供返りしている老人かのような一面を見せることもあるのです。

7位 さそり座

洞察力が鋭く、あまり口数が多くないので大人っぽく見られることも多いのですが、実際の精神年齢は年齢相応か、それより少し前後するくらい。
変に大人ぶったりも若さに固執したりもしないフラットさは見習いたいものです。
若いうちから重ねた知識や経験が壮年期以降に発揮されるので、その後は達観し、仙人街道をまっしぐらです。

8位 いて座

猪突猛進型のいて座さんは、一見子供っぽく見えるし実際そういう一面も持ち合わせているのですが、精神年齢で言うと意外と高めなんです。
脊髄反射的に生きているように見えて、その奥には深い理由や思索、生きる上での哲学があるのです。
ただ、本人としては、常にそれを意識しているとは限らないようですね。

9位 おうし座

普段から穏やかで何事にも動じず、忍耐強さはピカイチ。そんなおうし座さんの精神年齢は高い方でしょう。
子供の頃、周囲の大人たちから「なんかこの子、おばあちゃんぽい……」と思われていたのではないでしょうか。
一方、空腹や眠気など身体的な快適度が著しく下がると、突然まるで赤ちゃんのように不機嫌になることも。

10位 やぎ座

とにかく社会性を優先するやぎ座さんは、右ならえの世界でも従順に、かつ自分の意見と野心を失わずに生きていくしぶとさがあります。
それゆえ、自然に精神年齢も高くなる傾向に。
ただ、子供のような純粋さを謳歌してこれなかった分憧れを捨てきれず、その反動で他人にも軍曹のように厳しくなってしまうのです。

11位 おとめ座

しっかり者のおとめ座さん。客観性と批判精神に優れているので、常に自分で自分を厳しい目で評価しています。
それゆえ、若い頃から精神年齢は高く、そんな一面を頼られてご意見番的な立場を任されることも。
若いうちはそういう役割を与えられると頑張りすぎて、本音を言い出しにくくなってしまいます。
年齢を重ねると少しずつ図太くなって、言いたいことも言えるように。

12位 みずがめ座

「精神年齢? 関係なくない?」というのがみずがめ座さんの本心。
大人とか子供とか、そういうところを超越して非常にフラットに物事を判断しようとするのです。
要するに、見ている世界や角度が違うのでしょう。
周りにはなかなかその考え方を理解されず、若いうちは何かと反発したりされたりで葛藤を抱えやすいのですが、年齢を重ねるにつれてみずがめ座さん自身の周囲への理解が進んできます。

まとめ

個人的には、いつまでも若々しい気持ちを保てるってとても素敵だなと思いますが、若い頃を振り返ると「早く大人にならなくちゃ」と焦っていたような気も。
個性を生かすことにスポットが当たる「風の時代」また「みずがめ座時代」に突入した今、実年齢にも精神年齢にもこだわりすぎず、自分らしく成長していきましょう!
(ライター/WriterPalm45)


元記事で読む