1. トップ
  2. おでかけ
  3. 丸森町のあぶくま荘グランドオープン!ホテル佐勘のおもてなしの心で

丸森町のあぶくま荘グランドオープン!ホテル佐勘のおもてなしの心で

  • 2021.7.17
  • 2281 views

こんにちは。Webスタッフのにっけです。 7月上旬は雨が多かったですね。 先日の熱海で発生した土石流により被害にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

出典:リビング仙台Web

今回紹介する「あぶくま荘」がある宮城県丸森町も、一昨年台風により大きな被害にあわれた場所。「あぶくま荘」は復興の一助にとの想いも込められ、2021年7月1日グランドオープンしました。

レセプションではじっくり内覧させてもらったので、詳しく紹介しますね。

余談ですが、丸森町って、実は猫神様のまちでもあるんですよね。猫神様めぐりについてはいずれ。

リニューアルでより快適に

さて、丸森町のちょうど真ん中あたりの不動尊エリアにある「あぶくま荘」。老朽化に伴う耐震補強工事後、客室などを一部改装し、より快適に過ごせるようになりました。

今回改装を手掛けたのは、この4月に指定管理者となった「仙台ヘリテージツーリズム」。東北・宮城の「元気な観光地づくり」に取り組んでいる、秋保温泉ホテル佐勘の子会社です。

もともとあぶくま荘は国民宿舎としてスタートし、これまでも多くの人を癒してきた宿泊施設。日帰り入浴でも利用できることから、町民の方の憩いの場でもあったのかなーと、いろんな想像が頭をよぎります。

出典:リビング仙台Web

新しくなったエントランスは、シンプルですっきりとした印象。

丸森のシンボルである「石」「杉」「和紙」のイメージに仕上げたそうで、中庭には阿武隈石、廊下には丸森和紙を使った書などが飾られています。

出典:リビング仙台Web
露天風呂もあります
出典:リビング仙台Web

お風呂は大浴場、露天風呂にサウナも完備。写真は石の素材を使用した「川の湯」です。

温泉ではありませんが、広々とした空間でリラックスできます。

出典:リビング仙台Web

露天風呂はこんな感じ。 空と緑が加わって、心地よい湯あみができそうです。

この「川の湯」のほかに、木の素材を使った「山の湯」もあります。「あぶくま荘」を訪れた際にチェックしてみてくださいね。 男女入れ替えありです。

出典:リビング仙台Web

お風呂の入り口そばには、マッサージチェアが並ぶスペースもあります。このマッサージチェアは無料!(1人30分以内)

個人的に最近、首と肩がゴリゴリに凝っているので、お風呂とあわせてほぐしたい…

客室は
出典:リビング仙台Web

客室も見せてもらいました。リニューアルしたツインのベッドルームです。

窓の外は緑の木々。広々ベッドで寝心地も良さそう。

出典:リビング仙台Web

シングルのお部屋もあるので、ワーケーションなどでの利用もいいかも。

宿泊プランは食事付きか素泊まりか選べます。食事は夕食・朝食とも1階のレストランで。今回レセプションがそのレストランで行われていたので写真は撮れませんでしたが、ヨーロッパ調のおしゃれなつくりで、居心地よしです。

ちなみに日帰り入浴の時間は、10:00~20:30(月曜のみ13:00~20:30)

大人650円、小学生以下は380円 丸森町内在住の方は大人550円、小学生以下330円 だそうです。

ホテル佐勘のおもてなしの心
出典:リビング仙台Web

レセプションでは、仙台ヘリテージツーリズム代表取締役社長の佐藤勘三郎さんが、丸森町の一昨年の災害からの復興と、地域と一体となった観光施策への想いを語りました。

未来へとつながる観光地へ。 ホテル佐勘のおもてなしの心が加わったあぶくま荘を起点に、この夏は丸森町でバケーションしませんか。

DATA

あぶくま荘 宮城県伊具郡丸森町字不動50-5 予約専用ダイヤル TEL 080-6391-6476 施設への問い合わせ TEL 0224-72-2105 阿武隈急行丸森駅より車で約10分 https://abukumaso.com

元記事で読む