1. トップ
  2. ヘア
  3. カブり率高め【ハンサムショート】おしゃれに差を付ける3つのポイント

カブり率高め【ハンサムショート】おしゃれに差を付ける3つのポイント

  • 2021.7.12
  • 13796 views

大人気のショートヘアですが、中でも夏に人気を集めるのがスッキリと爽やかな印象の【ハンサムショート】。でも、カブり率の高いスタイルと言えるだけに、似合わせを考慮しつつ周りとおしゃれに差が付くスタイルを楽しみたいものです。それでは、なりたい雰囲気別にスタイル作りのポイントをチェックしてみましょう。

《大人フェミニン》“前髪長め×襟足スッキリ”の基本スタイルで

ハンサムショートに初めてトライするなら、まずは“前髪長め×襟足スッキリ”の基本スタイルをベースにしてみましょう。目にかかるほどの長さの前髪でも全体がコンパクトにまとまるので、小顔感も自然と高まります。

とはいえ、「あまりに短くするのは抵抗がある」という方は“全体的に気持ち長めのレングス”がおすすめ。襟足は短めでも全体のレングスが少し長い分やわらかい印象に仕上がります。今らしいシルエットにするポイントは毛先にラフな動きを出してほつれスタイリングにすること。大人可愛い魅力をプラスしましょう。

《大人キュート》“コンパクトな丸みシルエット”でナチュラルな雰囲気に

ハンサムショートと言葉だけ聞くと少しマニッシュな印象ですが、丸みシルエットをベースにコンパクトにスタイルを仕上げれば甘めな雰囲気をしっかりキープできます。

コロンとコンパクトに仕上げるだけで、ショートボブにも近い雰囲気に。表情まで柔らかく見せることができます。なお、前髪が少し長めの方は顔にかかりすぎないようにラフに分けて仕上げましょう。また、サイドを耳かけして、よりシルエットをコンパクトにまとめるのもおすすめです。

《大人クール》モードな雰囲気をプラスして凛とした雰囲気に

ハンサムショートの魅力をより満喫したい方におすすめなのが、前髪を目元で揃えたり、思い切ってベリーショートにしたりなど、“モードな雰囲気をプラス”するアプローチです。

ただし、前髪をラフに分けたり、サイドの髪をほんのり内巻きにしてボリューム感を出したりと大人可愛い魅力を演出する要素を採り入れるのがおしゃれ感UPのポイント。シャープすぎず柔らかすぎない、絶妙なバランスを狙っておしゃれ上級者の雰囲気を醸しましょう。

スッキリとした印象ながらアンニュイな魅力を醸せるハンサムショートは少しの工夫で周りとおしゃれに差を付けることができます。ぜひヘアスタイルのアップデートの参考にしてみてくださいね。

元記事で読む