1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【神崎恵】が10点をつけた溺愛【スキンケア】ベスコス4つ

【神崎恵】が10点をつけた溺愛【スキンケア】ベスコス4つ

  • 2021.7.11
  • 15492 views

ベストコスメ特設ページはこちら!

2021上半期ベストコスメ

美容家

神崎恵さん

美容液・オイル部門

「わき出るハリ、潤むツヤ、小ジワやくすみもケアできる万能さ。セルフケアの可能性を実感!」

オバジ
オバジC25セラム NEO
オバジC25セラム NEO

12ml ¥11000(編集部調べ)/ロート製薬

339点/420点

10点/ 穴沢 安倍 石井 石橋 入江 岡部 神崎 小池 平 貴子 寺田 前田 松本千 水井 宮下 遠藤 三好 渕 沈 並原 佐藤 鬼木 佐野 大木 渡辺 西村
9点/ 小林 齋藤 中川 楢﨑 大森 松本薫 黒木
8点/ 近藤 友利

極限濃度のビタミンC効果を、浸透スピードを上げて最大化

不可能といわれていたピュアビタミンC25%配合を叶えた極限美容液が、ベース処方を一新。医薬品で使われる成分を採用することで、ピュアビタミンCの浸透スピードを劇的にアップさせ、シワ、シミの原因ができる前にブロック。毛穴やハリ、キメ、たるみなどに対する効果も跳ね上がり、マスクによる諸問題を一本で仕留める!

美白美容液部門

「肌の中にライトがあるかのような発光感。続けるごとに、その透明の光を放つ肌に」

ディオール
プレステージ ホワイト ラ ソリューション ルミエール ライト イン セラム
プレステージ ホワイト ラ ソリューション ルミエール ライト イン セラム

〈医薬部外品〉30ml ¥48400/パルファン・クリスチャン・ディオール

107点/420点

10点/ 石井 神崎 渕 沈 松本薫 並原 鏡 河津 渡辺
9点/ 黒木
8点/ 小林

至福のつけ心地で育む、光を美しく放つハリ肌

白神山地に咲くカワラヨモギをはじめ、92%が自然由来成分のエイジングケア美白。外的刺激により肌が過敏になって発生するシミや赤み、酸化、カルボニル化など肌色の純度に影響を及ぼすさまざまな要因にアプローチ。まろやかな感触とかぐわしさで肌を包み、根本から立て直して抵抗力を強化。なめらかさ、ハリ、明るさをもたらす。

UVケア部門

「全方位から肌を守る頼もしさ。日中も美白ケアができるという優秀さ。みずみずしい塗り心地も、潤むような仕上がりも、好きすぎる」

ポーラ
ホワイトショット スキンプロテクター DX
ホワイトショット スキンプロテクター DX

〈医薬部外品〉SPF50+・PA++++ 45g ¥6600

286点/420点

10点/ 穴沢 入江 金子 神崎 小池 平 貴子 寺田 友利 中川 楢﨑 松本千 水井 宮下 山本 遠藤 大森 三好 沈 松本薫 佐藤 鏡 佐野 渡辺 西村
9点/ 安倍 齋藤 吉田 黒木

焼けやすい私たちに朗報! 肌の紫外線防御力をアップ

不規則な生活やデジタルデバイスの長時間使用により、肌は日焼けしやすくなる……。それは、肌がみずからを紫外線から守る“セルフシールド機能”が低下するから! セルフシールド機能を高め、焼けにくくするという逆転の発想で誕生した新作は、名美白“ホワイトショット”の名にふさわしい効果とテクスチャーで試す価値十分!

ボディケア部門

「シワやくすみを払いのけ、潤むようにつやめくデコルテが育つクリーム。首元からデコルテに続くなめらかな透明感、それだけで美しいひとに」

コスメデコルテ
AQ コンセントレイト ネッククリーム
AQ コンセントレイト ネッククリーム

98g ¥16500

170点/420点

10点/ 神崎 貴子 前田 遠藤 渕 沈 並原 佐藤 鏡 渡辺
9点/ 石橋 金子 小池 中川 佐野 黒木
8点/ 三好 松本薫

年齢の出やすい首を徹底的にケア

頰などに比べて真皮が薄く、ターンオーバーも遅いためシワが刻まれやすい首の皮膚構造に着目。さらに筋肉の緊張を緩和するアプローチもプラスしているから、塗るごとにすんなりとした美しい首に。

対象コスメ:2021年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:64名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア17部門、メイク18部門のすベて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク18部門、ヘアケア・スタイリング部門、フレグランス部門の対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ、各10点満点で投票。合計点を算出し、最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/高橋一輝(近藤スタジオ)、伊藤泰寛 取材・文/穴沢玲子、中川知春、楢﨑裕美、飯島亜未 構成/河津美咲、飯島亜未

元記事で読む