1. トップ
  2. 創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】

  • 2021.7.11
  • 1540 views

 

夏は巨大な地下ピラミッドを堪能できる栃木の「大谷資料館」へ

日本じゅうを旅していると、ここは本当に日本なのだろうかと不思議な場所にたどり着くことがあります。栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」もそのひとつ。大谷石という石の元採石場の跡地に作られた資料館です。ここでは地下で採石を行っていたため、まるでピラミッドや神殿のような巨大空間が地下に広がっているのです。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

映画やゲームのような地下に続く長い階段を下りていくと地下空間が突如現れます。広い! そしてかなり涼しい!

この地下採掘場跡は、1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの約70年をかけて、 大谷石を掘り出してできた巨大な地下空間です。その広さは、2万平方メートル(140m×150m)にもおよび、野球場が1つ入ってしまうほどの広さとのこと。深い部分は60mにもおよびます。そして地下の平均気温は夏の時期には嬉しい10℃前後。まるで巨大冷蔵庫のよう。

戦争中は地下の秘密工場として、戦後は政府備蓄米の貯蔵庫として利用され、現在では、コンサートや美術展、演劇場、地下の教会や撮影スタジオとしても使われているよう。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

壁をよく見ると、ツルなどを使って手彫りで掘った跡や、機械を使ってできた規則的な切り込み線が残っています。壁の跡により、その場所がいつの時代に掘られていたかがわかるそう。

迷路のような奥行き、巨大神殿のような天井の高さ。自分が日本にいるということが信じられなくなってきます。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

外に向けて冷気が流れているのが目で見て分かります。あまりに非日常的な光景ばかりで驚きが止まりません。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

大谷石は耐火性に優れていて軽く、柔らかいので加工もしやすく、昔から建築素材として使用されています。旧帝国ホテルや自由学園明日館にも使用されています。手掘り時代は1本が150kgもある石の板を一人一本背負って外に運び出していたとか。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

ピラミッドの内部にいるようにしか思えない空間に言葉を失うばかりでしたが、日本の産業跡地がこうして時代と共に柔軟に変化していくことは、様々なチャレンジにもつながるのでとても良いことだなあと考えることができました。無理に進化させるのではなく、その地域の歴史と背景に敬意を持って人々が集まる場所を自然な形で再生し続けることは、旅の目的地にしたくなる大きな理由になります。

 

ノスタルジックデザインが気になる!宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」

そして帰りにはもちろんお土産を探します。宇都宮というと「餃子」の二文字が思い浮かびますが、どこかノスタルジックで可愛いパッケージと、懐かしい風味のケーキ、うさぎやの「チャット」が大好きで、ついつい購入してしまいます。宇都宮の老舗菓子処、うさぎやの創業はなんと大正4年!大人気の「チャット」は、しっかり香るバターの風味が特徴で、たっぷりの白あんを薄皮の生地で包んだお菓子です。ほんのり甘くて香ばしいやさしい皮の中から、バターを練り込んだなめらかで上品な白あんが口の中に広がります。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

商品名は英語の(chat=おしゃべり)の意味で、おしゃべりの場に欠かせない存在になって欲しい、という思いを込めて名付けたそうです。外箱にはおしゃべりしている小鳥たちが描かれています。チャットという名前やパッケージデザインは、詩人書家の相田みつをさんが考えられたものだそう。

 

創業大正4年!ノスタルジックデザインの宇都宮銘菓うさぎやの「チャット」【旅するデザイナーがおすすめするお土産たち!】
出典 FUDGE.jp

 

お菓子はもちろん、包装紙、パッケージのデザインの「あじ」もお楽しみいただけます。

もうすぐ梅雨明け。本格的に夏が始まります。とっても涼しい宇都宮の地下神殿に行かれるときは、ぜひ「チャット」を探してみてくださいね。

 

 

身近な日本の軌跡と奇跡。旅するデザイナーrumiのInstagram。
@find_rumi

 

 

元記事で読む