1. トップ
  2. 空港に降り立つスターたち。名監督の神対応も...

空港に降り立つスターたち。名監督の神対応も...

  • 2021.7.8
  • 1633 views

1年のブランクを経て、カンヌ映画祭がいよいよ帰ってきた。スパイク・リー、メラニー・ロラン、ペドロ・アルモドバルなど、マスクやサングラスをかけた個性的な面々が登場。ニースに降り立った後、カンヌに向かった。

第74回カンヌ国際映画祭の開幕を数日後に控え、ニース空港に到着したメラニー・ロラン。(2021年7月4日) photo : Getty Images

7月4日以降、ニース空港の到着ゲートはカメラマンたちであふれかえっている。彼らのお目当ては?第74回カンヌ国際映画祭に招待された、数々のセレブたちだ。

最初に到着したのは、審査委員長を務めるスパイク・リー。アメリカ人監督は元気いっぱいに到着し、空港の入り口でサインを求めるファンたちに応えた。サッカーの「パリ・サンジェルマン」のチームカラーのトラックスーツに身を包み、観客の前でセンセーションを巻き起こした。

ディオールのトートバッグがマストアイテム

審査員長を皮切りに、カメラのフラッシュを浴びながら他のセレブたちも続々と現れた。サングラスを掛けたメラニー・ロランは、いま有名人がこぞって購入しているディオールのブックトートをさげていた。

ヘレン・ミレンはグリーンのコーディネートをチョイス。ミュージシャンであり女優でもあるソーコはピンクのキャリーケースを持って登場。アンジェル、ケイト・グラハム、ペドロ・アルモドバルは、マスクとサングラスを掛け、目立たないようにしていた。

元記事で読む