1. トップ
  2. グルメ
  3. 【京都ランチ】縦貫道で打ちたて蕎麦!『森の京都』満載☆道の駅「京丹波 味夢の里」

【京都ランチ】縦貫道で打ちたて蕎麦!『森の京都』満載☆道の駅「京丹波 味夢の里」

  • 2021.7.6
  • 3371 views

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府北部への交通の大動脈・京都縦貫自動車道にある道の駅。『森の京都』の名産品がそろい、レストランでは製麺所を設け、打ち立て蕎麦もいただけます。

製麺所の打ち立て蕎麦が味わえる道の駅

 (208718)
 (208719)

京都府船井郡京丹波町。京都の南北をつなぐ京都縦貫自動車道。京丹波への玄関口となり、さらに市内から京丹後や日本海へ行く時に利用するルート。

その縦貫道にある道の駅『京丹波 味夢の里』。この日は遠出の途中の昼時、軽く何かここで食べようとやってきました。
食材を買いに来ることはしばしばありますが、ここで食事するのは初めて。

 (208720)
 (208721)

その前に、いつもの産品コーナーへ。
『森の京都』『海の京都』の銘品がズラリと並び、産直野菜も販売されています。今回はこれらがお買い得だったので、購入。
特に、ズッキーニが割安でした。かなりのデカさで1本100円。大根のように切り分けながら当分使えそうです(笑)

 (208722)
 (208723)

いつもの買い物スペースの反対にある別棟の食事処。2つあります。こちらは『丹波大食堂』。

 (208724)
 (208725)
 (208726)

この施設内に製麺所があり、打ち立ての「瑞穂そば」や「黒豆うどん」などを食堂でも提供されています。そして、麺を購入することも可能。食堂では、他京丹波の食材を使った料理を提供。

 (208727)
 (208728)
 (208729)

そして、もう一軒『丹波里山レストラン Bonchi』。
丹波といえば黒豆。黒豆の他、地元で採れる旬の食材を使用し、四季折々の食材をとともに、『森の京都』ならではの味覚に出会えるレストラン。メニューを見ると、料理の彩りもよく、いろいろな食材をふんだんに使用されていることがわかります。

 (208730)
 (208732)

今回は当初から軽めの食事にしようと思っていたので、丹波大食堂へ。

単品メニューを中心に、先ほどの製麺所で打たれた麺類もあります。麺は3種類あり、蕎麦、黒豆うどん、白うどんからチョイスでき、今回は天ぷらざる蕎麦980円をチョイス。

 (208731)
 (208733)

以前、売店でも販売されていて、気になっていた黒豆カレー。それをパスタメニューとして食堂でも提供されていて、黒豆カレーパスタ680円も注文。

いずれも券売機で食券を買い、厨房で注文し、番号を呼び出されて料理を取りに行く、セルフスタイル。お手軽なフードコート的雰囲気。

 (208734)

まずは黒豆カレーパスタ。なんといいますか、見た目カレーというより赤味噌仕立ての何かに見えます(笑)黒々としたルウ。

 (208735)

で、一口。
とても複雑な味わいです。濃厚なデミグラスソースと黒豆のコク、最後に感じるカレーのスパイシー感。といっても、それほど辛さはなく、もしかしたら、ミートソース寄りとも言えるかもしれません。黒豆がお肉がわりなので、ヘルシーとも言えます。

 (208736)

そして、天ぷらざる蕎麦。

 (208737)

お蕎麦は先ほどの製麺所で打たれた瑞穂そば。かなり細目な製麺。表面の光沢や蕎麦のエッジもちゃんと確認できる、見た目いいお蕎麦です。

 (208738)

で、食べてみるとコシもしっかりあり蕎麦の風味もして、喉ごしのいいお蕎麦。
正直なところ、フードコート仕様のお店で提供されるお蕎麦のイメージとして、冷凍麵や茹で麵の温め直し的なものを想像してたので、クオリティーの高さに驚き。

 (208739)

しかも、こんな大海老天付き。揚げたてです。
かなり食べ応えあり。軽い昼食と言いつつ、けっこうなボリューム(笑)

 (208740)

さらに、丹波大しめじの天ぷらもあり、ここでも丹波の幸が味わえ、なかなかいい天ざるで、しかも割安。
運転の途中の休憩がてら、森の京都・京丹波の幸が手軽に食べられる道の駅。季節ごとに変わる食材にも注目ですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:京丹波 味夢の里
場所:京都府船井郡京丹波町曽根深シノ65番地1
(京都縦貫自動車道丹波PA併設。府道からのアクセスも可能)
電話番号:0771-89-2310
営業時間:各店舗で営業時間が異なります→http://ajim.info/facilities/
定休日:無休
関連URL:http://ajim.info/

元記事で読む