1. トップ
  2. グルメ
  3. 無病息災を祈願する期間限定の春まき型「志布志の夏そば」が夏越大祓に解禁!

無病息災を祈願する期間限定の春まき型「志布志の夏そば」が夏越大祓に解禁!

  • 2021.6.30
  • 461 views

鹿児島県志布志市では、「志布志の夏そば」を夏越の大祓日である6月30日(水)に解禁。志布志市観光特産品協会オンラインショップで販売するほか、飲食店での提供をスタートする。

夏越の大祓日に食べて健康を祈願

年末の大祓日に「年越しそば」を食べて健やかな年を迎えることができるよう祈願する風習があるように、志布志では春まき型品種「春のいぶき」を使用した新そばを夏越の大祓日に食べて健康を祈願するという新しい食文化を提案しており、今年で11年目となる。

また、全国には、1年の半分にあたる6月30日に「茅の輪」をくぐることで、半年間の心身の穢れを祓い清める「夏越の大祓い」を行う神社があるが、志布志市の安楽山宮神社でも例年、茅の輪くぐりを行い、暑い夏を乗り切る縁起物として夏そばを振る舞う風習がある。この日を皮切りに「志布志の夏そば」を解禁している。

春まき型の品種や天然地下水を使用

通常の蕎麦の収穫は11月頃だが、「志布志の夏そば」に使用する「春のいぶき」は、同市の温暖な気象条件を活用して3月下旬に種子をまき5月下旬〜6月上旬に収穫する春まき型品種。秋採れの新蕎麦とはひと味違う、初夏の大地を感じさせる若い蕎麦の独特な風味が楽しめる。また、地下80mから汲み上げられたミネラル成分を多く含む軟水を使用し、なめらかな口当たりと独特のコシを生み出している。

「志布志の夏そば」販売詳細

志布志市観光特産品協会のオンラインショップでは、「しぶしの夏そばセット」「しぶしの茶そばセット」「しぶしの夏そば・茶そばセット」を6月30日(水)〜8月下旬に販売。なくなり次第終了となるので、興味のある人はお早めに!

「志布志の夏そば」を使った様々なメニューも、志布志市内の飲食店に登場。「志布志の夏そば」販売店舗や提供店舗の詳細は、志布志市観光特産品協会の「志布志の夏そば」特設ページで確認を。

「シブスキ旬彩フェア」も同時開催

6月30日(水)〜7月4日(日)には、志布志市と指宿市の共同イベント「シブスキ旬彩フェア」を、東京都千代田区の「かごしま遊楽館」で開催。「志布志の夏そば」を含む志布志産と指宿産の旬の夏食材が勢揃いのうえ、プレゼント企画や直接販売、飲食店での特別コラボメニューの提供などが行われる。

元記事で読む