1. トップ
  2. ファッション
  3. FANTASTICS「だんだんとグループ像ができてきているのかな」

FANTASTICS「だんだんとグループ像ができてきているのかな」

  • 2021.6.22
  • 344 views

FANTASTICS from EXILE TRIBEが、新シングル『STOP FOR NOTHING』を発売。地上波初冠番組では’80年代&’90年代のレジェンドたちと共演した彼らに、新曲に込めた想いと、その時代のカルチャーについて聞きました。

ここでは、堀 夏喜さん、八木勇征さん、中島颯太さん、瀬口黎弥さんのインタビューをお届けします。

堀 夏喜

最近のFANTASTICSは、爽やかさと、’80年代の懐かしいメロディを軸とした楽曲が多かったですが、「STOP FOR NOTHING」は久しぶりのダンスチューン。“アゲ曲がきた!”という印象でした。エレクトロな曲調ながら、間奏にはエレキギターの音が入っているなどエッジと遊び心ある一曲で、すごく踊りやすいです。最近は、たとえ曲調は違えどもスマートでキレのあるFANTASTICSらしさみたいなものを感じるようになり、だんだんとグループ像ができてきているのかなと感じます。振りを作ってくれる世界さんからは、練習して一つ一つの動きを揃えることより、それぞれの個性を出しながらもニュアンスを揃え、引いて見た時に統一感のあるパフォーマンスを大事にしてほしいと言われて。難しい塩梅でしたが、このグループにはそれが合っているなと思います。

「Play Back」には’80~’90年代のような雰囲気がありますが、最近、『レザボア・ドッグス』や『トレインスポッティング』など、その時代の映画をよく観ています。演技のお仕事をするようになってからですが、20年くらい前の作品なのに、今観ても近未来感があるところにびっくりします。あと、カルチャーでいうと古着ですね。何十年も前に作られた服やアクセサリーが、いろいろな人の手を渡り、僕のところに来たことにロマンを感じるタイプです。“よくここまで残ってくれたな”と奇跡的に思い、買ってしまいます。

ほり・なつき 1997年8月6日生まれ、愛知県出身。パフォーマー。ファッションが好きでライブ衣装の監修を手がける。メ~テレ(名古屋テレビ放送)で『ホリナツのカンムリ(仮)』放送中。シャツ¥53,240 タンクトップ¥14,630 パンツ¥65,560(以上ナヌーシュカ/ヒラオインク TEL:03・5771・8809) シューズ¥136,400(オールデン/ラコタ TEL:03・3545・3322) その他はスタイリスト、本人私物

八木勇征

今回のシングルは、表題曲も含めて4曲が収録されています。なかでも「M.V.P.」はリーダーの世界さん、(佐藤)大樹くん以外のメンバーで行った舞台『BACK TO THE MEMORIES』のために書き下ろされた楽曲です。舞台では僕が主人公を務めさせていただきましたが、劇中では僕の役柄の両親が離婚しそうになり、その危機を食い止めるため、昔の曲を聴いて恋した当時の気持ちを思い出してもらおう、というストーリーです。そのエンディングで歌ったのが「M.V.P.」。盛り上がりのピークにピッタリのアツい楽曲になっています。

グループ活動で貢献できていることといえば、ライブ中のマイクパフォーマンスかもしれません。僕の荒々しい感じの声が煽りにマッチしているみたいでライブ中もファンの方を煽ることが多いんです。それに長年のサッカー経験から、“気合”も出やすいんだと思います。

昨年の自粛期間中に、(中島)颯太の影響でピアノを始めました。弾き語りはできるようになりましたが、作曲もやり始めたところなので徐々にステップアップしていきたいです。いつか弾き語りをライブで披露したいし、自分が作った曲がFANTASTICSの曲になったら最高です。メンバーからいい影響を受けることはたくさんあって、なっちゃん(堀さん)は同い年だからこそ、クリエイティブ面での発信など刺激をもらえます。もっと自分も高めていかないと、という気持ちになるんです。

やぎ・ゆうせい 1997年5月6日生まれ、東京都出身。ボーカル。幼い頃からサッカーに励み、体力には自信がある。最近はピアノも始め、作詞・作曲にも挑戦中。シャツ¥29,700(セルフメイド/ヌビアン原宿 TEL:03・6447・0207) その他はスタイリスト、本人私物

中島颯太

「STOP FOR NOTHING」は、子どもたちの夢を応援するプロジェクトのテーマ曲。この世界観は、僕の実体験とも重なるところがあります。’17年にLDHのオーディションを受けた時、最終審査と第一志望の大学の試験日が重なって、そのどちらかを選ばなければいけない状況になってしまったのですが、そこで選択したのがオーディションでした。「自分を信じて、夢を叶えたい」。そう強く思えたからこそ、今があります。この楽曲は、そんなふうに“何かになりたい”という時のモチベーションを上げる楽曲になっていると思います。

今作に収録されている「Play Back」では、ラップに挑戦しました。これまであまりラップをしたことがなかったのですが、レコーディングの時は歌詞に合わせて、いつもの自分とは違う強めの声で挑みました。この曲は’80年代調で“温故知新”がテーマ。その年代の音楽は、シティポップがすごく好きで、そういうテイストを取り入れた、新しい感覚の曲を、ギターやピアノ、パソコンを使って、自分でも作詞・作曲しています。

曲作りもそうですが、僕はクリエイティブなことが好きで、メンバーの中でもアイデアをどんどん出すタイプです。ライブの構成やバラエティの企画など普段からすごく考えていて、思い浮かぶとメモに残しています。見た目で控えめな感じと思われることが多いですが、僕は大阪出身で、おしゃべりですし、お笑いが大好き。怖いもの知らずなんです(笑)。

なかじま・そうた 1999年8月18日生まれ、大阪府出身。ボーカル。幼稚園の頃からピアノ、中学1年生からギターと幼少期より音楽に親しむ。カメラが趣味で、メンバーを被写体に動画編集なども行う。シャツ¥24,200(ヒステリックグラマー TEL:03・3478・8471) パンツ¥29,000(ケネスフィールド×J.プレス オリジナルズ/J.プレス&サンズ 青山 TEL:03・6805・0315) シューズ¥25,300(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン TEL:03・6746・4860) その他は本人私物

瀬口黎弥

ニューシングルの収録曲の中で好きなのは「M.V.P.」。僕をはじめ、メンバーにも経験者が多いサッカーをモチーフにした楽曲で、どストレートな歌詞とトラックがすごくいい。泥くさくも熱い気持ちがありつつ、でも勇征と颯太が歌うことによって、FANTASTICSらしいフレッシュな感じに仕上がっています。

最近、少し大人になりました。CL(LDH所属アーティストの動画配信サービス)ができてから、先輩と共演させていただく機会が増えたのですが、この間も収録の際に(小林)直己さん、(黒木)啓司さんに、「黎弥、好きにやっちゃっていいから」と言っていただいたので、すごくのびのびやることができたんです。昔はしっかりしないとと思うあまり、自分を出さないほうがいいのかなと思っていたのですが、もう取り繕わずに自分らしくいようと思えるようになりました。だから今、すごく楽しいです。CLでは自分たちで企画を考える機会も多いので、ラップやイラスト以外に、僕はバラエティの企画を考えるのも好きなんだなという新しい発見もありました。

好きな’80年代カルチャーはチェッカーズさん。母が大ファンで昔から家で流れていました。僕、藤井フミヤさんに似ていると言っていただくことも多く、そのおかげでお母さん世代にも応援していただけているんです。「フミヤに似てるから、お母さんが黎弥くんにハマってる!」と(笑)。「ギザギザハートの子守唄」は完璧に歌えますよ!

せぐち・れいや 1996年3月11日生まれ、福岡県出身。パフォーマー。KYT鹿児島読売テレビの情報番組『かごピタ』にレポーターとして出演中。シャツ¥39,600(SYU.HOMME/FEMM/SEEING) シューズ¥141,900(オールデン/ラコタ) ハット¥22,550(カシラ/カシラ プレスルーム TEL:03・5773・3161) アイウェア¥28,380(レイバン/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:03・3514・2950) その他はスタイリスト私物

ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ 2018年にデビューしたダンス&ボーカルグループ。ニューシングル『STOP FOR NOTHING』が発売中。リード曲は、EXILE HIROと佐藤可士和によるプロジェクトのテーマ曲。’80年代&’90年代をコンセプトにした冠番組『FUN! FUN! FANTASTICS』(Huluで配信中)の主題歌「Play Back」など、4曲を収録。

※『anan』2021年6月23日号より。写真・森山将人(TRIVAL) スタイリスト・中瀬拓外 松岡毬乃 ヘア&メイク・大木利保 中山伸二 富樫あすか(以上CONTINUE) 取材、文・菅野綾子 保手濱奈美 重信 綾 撮影協力・AWABEES EASE

(by anan編集部)

元記事で読む