1. トップ
  2. インテリア
  3. 二人暮らし、収納スペースが足りないときのアイディアまとめ

二人暮らし、収納スペースが足りないときのアイディアまとめ

  • 2021.6.20
  • 8953 views

「壁面」を上手く使う

「ラブリコ」を活用して、お部屋のあらゆるところに収納スペースを作り出している、お二人のお部屋。大きな棚をドンと置くよりも、縦のラインを広く使っているので、空間に余白が生まれるような気がします。
こちらのお部屋ではラブリコと有孔ボードを活用し、収納しづらい帽子も引っかけて収納。手に取りやすく邪魔にならない収納を実現しています。

簡単なDIYで「ぴったり収納」を叶える

一人暮らしのころに使っていたカラーボックスを使って、ダイニングテーブルを作ってしまった事例。本や日常使う細々としたアイテムも収納できて、一石二鳥です。
壁面側にキッチンが備えついているときに悩ましいのが、調理家電や食器類を収納スペースがないこと。ちょうど良いサイズの収納家具がないときには、思い切って作ってみてもいいかもしれません。キッチンとリビングの仕切りにもなりますよ。
洗面台や洗濯機周りも、二人分のタオル類や下着を保管できる場所がなくて困ることも。こちらのお部屋でもラブリコを活用して、すっきりとした収納スペースが生み出されていました。IKEAの人気商品「ロースコグ」ワゴンは、キャスターがついているので掃除の時にも楽ちん。

揃いのシェルフで「統一感」を出す

収納スペースがない=新たに収納スペースを生み出さなくてはいけない=でもごちゃごちゃした印象にはしたくない…そんなときにおすすめなのが、無印良品のステンレスユニットシェルフ。シンプルで様々なサイズが展開されているので、統一感が生まれどんなお部屋にも合うんです。
ただ並べるだけでなく、カゴやボックスをうまく組み合わせて配置することで、すっきりとした印象に。こちらのお部屋ではキッチンや玄関まわりだけでなく、ワークスペースなどでも活躍しているアイテムなので、ぜひ参考にしてみてください!

好きなものはあえて「見せる」

収納というと寝室やクローゼットの中など、どうしても「隠す」ことを考えてしまいがち。でも趣味のものはあえて「見せる」収納にしてしまってもいいかも。こちらのお部屋は二人とも音楽が好きとのことで、CDなどはズラリと並べて収納。ブロックと板を組み合わせた簡単な棚であることも、すぐに真似できそうなアイディア。
スニーカーを山ほど持っている二人暮らしのお部屋では、あえてリビングに箱ごと並べて収納していました。色味を合わせて積み上げることでインテリアの一つになっていますね。

「見せる」と「見せない」のバランスを大切に

最後にモノで溢れてしまう方にアドバイス。1LDKで二人暮らしをする方のこちらの事例では、雑貨などの小物が多くあるようにみえますが、しっかり動線が確保されたインテリアの配置になっています。
ポイントだと教えてくださったのは、「見せる」と「見せない」のバランスをとること。書類や見ていて心地よいと思えないものは、布やカゴを使って見せないように工夫をしているのだそう。代わりに食器や気に入った雑貨、写真などは様々な場所に置きっぱなしになっています。簡単なことですが、居心地よく過ごせるコツなんですね。
元記事で読む