1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【誕生日占い】2月14日生まれのあなたの基本性格や、愛情の注ぎ方

【誕生日占い】2月14日生まれのあなたの基本性格や、愛情の注ぎ方

  • 2021.6.16
  • 416 views

2月14日生まれの人の基本性格や愛情の注ぎ方、これからの時代をよりよく生きるための開運ポイントなどを、占い師のそまり百音さんが解説。誕生花や同じ誕生日の有名人、歴史上のできごとなどもあわせてご紹介します。

■2月14日生まれの人の基本的な性格

生まれ持った性質や性格

2月14日生まれのあなたは、とってもチャーミング。温かい心と好奇心に恵まれた、知的なアーティストタイプです。知的な潜在能力が高く、いつでも知識やワクワクを追い求めているため、いつまでも若々しくいられ、エネルギッシュでいることができます。

想像力や発想力が豊かなので、クリエイティブな活動や研究などを通して、アイデアを形に変えることに情熱を注ぐでしょう。理想主義と実践主義とを兼ね備えていますから、「現状が気に入らなければ、いつだって変化し、何度でも挑戦する」といった向上心を持ち、いくつになっても伸び代のある「春の若葉」のようなイメージの方です。

以上のような能力に加え、おおらかな社交性にも恵まれているあなたは、人当たりが良く、洗練されたコミュニケーション能力のおかげで、さまざまな分野で活躍できる可能性を秘めています。

その他、あなたをあらわすキーワードを並べてみました。ご自身を理解する上でのご参考になさってください。
「個人主義」「知的」「発想力」「想像力豊か」「問題解決能力」「知的な潜在能力の高さ」「洗練された社交性」「人当たりがいい」「おおらか」「温かい」「チャーミング」「博愛精神」「情熱家」「創造的」「アイデアを形に変える力」「尽きない探究心」「満足しない性格」「いつまでも若々しい」「エネルギッシュ」「変化しつづける」「相手を楽しませて魅了する」「鋭い洞察力」「人の真意を見抜く」「心理を読むのが得意」「目が肥えている」「頭がいい」「意思の強さ」「断固とした行動力」「実践主義」「勤勉」「まじめ」「実務的」「管理能力」

得意なことや苦手なこと

勘が鋭く、目が肥えているあなたは、物事の真理を見極めるセンスを持っています。特に、人の真意についての洞察が鋭く、心理を読むことが得意です。頭が良く、機転も利くことから、問題が起きても、即座に解決するだけの知恵が働くはず。

いつまでも心の瑞々しさを失わず、相手を楽しませる工夫もできるので、その生まれ持った力を存分に活かせば、多くの人があなたに惹き付けられるでしょう。そんなあなたの力を発揮しやすい仕事はさまざまあります。勤勉で、実務的な技能と管理能力があり、人当たりも良いので、公務員や大企業、金融、保険、証券業界、セールス業、広告業界に適性あり。金融業界や税理士、行政書士、弁護士といった分野で、自らが起業することも向いています。

華やかな暮らしを求めるなら、芸能界やアーティストという選択肢もあるでしょう。個人主義で決意に満ち、気さくな魅力とエネルギーにあふれるあなたですから、仕事でも個性を明るく売り込み、昇進のチャンスを掴みやすいはずです。

一方、あなたの力を発揮しづらいシチュエーションは、「明確な目標が持てない仕事」と「誘惑の多い環境」です。あなたは、関心や興味の対象がたくさんあるため、明確な目標を決めずに、行き当たりばったりで生きていると、優柔不断さや迷いが目立ち、理想と現実とのギャップに悩まされることになります。何をするにも目標や目的をはっきりと自覚した上で取り掛かると、無駄が少なくなります。

誘惑の多い環境も避けたほうがいいでしょう。社交的な美点は、遊び好きで浪費しがちな欠点へと転じやすくもあるのです。お金や物へのこだわりや、楽しみごとに夢中になるあまり、創造的な時間の確保を怠ったり、出世や学びのチャンスを逃したりしないよう、身を置く環境や人間関係をスッキリと整理することが肝心です。

抱えがちな悩み

あなたが人生を躓きやすいポイントとして「落ち着きのなさ」と「人から見られる印象へのこだわり」があります。思考が柔軟で、想像力豊かなあなたは、何も意識しないで暮らしていると、注意散漫になり、頭と心の中がざわざわと落ち着きがなくなることが多いかもしれません。

また、調和した和やかな人間関係を築いていきたいタイプなので、人から見られる印象をなるべくよくしようと、自分の外見やファッション、持ち物や肩書き、パートナーのステイタスなどにこだわりが強くなる傾向があります。それ自体は決して悪いことではありませんが、人にいい印象を与えようとするあまり、出費がかさんでしまったり、背伸びをしすぎて疲れてしまったりすることが、度々あるのではないでしょうか。

解決策のひとつとして「メタ認知」をオススメします。メタ認知とは、いま自分自身が何を感じ、何を思い、何をしているかを客観的に認知することです。毎日の暮らしの中の、あらゆる場面で、「いま、私は、何のために、何をしているのか?」を意識して過ごしてみましょう。

スマホをいじる時、インターネットにつなぐ時、テレビを見る時、ケンカする時、買い物する時、働く時、歩く時、食べる時、感情が動く時、人と会う時、恋をする時など、あらゆる場面の自分に対して「いま、私は、(何の渇望が原因となって)、何のため(どのような結果を得るため)に、何をしているのか?」を自己観察するのです。

メタ認知の習慣をコツコツと続けていくことで、自身の感情、言葉、行動を、冷静に見つめられるようになります。その結果、無意識的なままだとコントロールしづらかった自分の言動を操縦するためのコツが掴めるようになるでしょう。

■2月14日生まれの人の愛情の注ぎ方

どんな存在に愛情を注ぐか

あなたは個人主義でありつつ、博愛主義であり、芸術を愛するロマンチスト。自分の心に正直かつ率直で、シンプルに生きることを望んでいます。何事にも主導権を握り、自分の手で物事を決めたいタイプですから、個人的な活動や経験を通して、人生で大切なことを学ぶことが多いでしょう。とは言え、孤独なタイプというわけではなく、人当たりの良い、友人に恵まれやすい方です。

また、感受性や想像力が強いあなたは、芸術を愛する傾向があります。音楽や美術、エンタメなどが好きで、夢や理想を人と語らうことが大好き。生まれつきのアーティストセンスがあるため、その才能を研磨したいとも思っています。

そんなあなたにふさわしいパートナーは、現実的で常識がありながら、感情豊かで、繊細な感性を持っている人です。あなたは、心が穏やかで常識のある人や、仕事面でも安定した結果を収められる人を尊敬するので、第一条件として、仕事ができるパートナーを求めるでしょう。

その上で、あなたの好きな芸術やエンタメ作品を一緒に楽しんだり、夢や理想についてゆったりと語り合えたりする人を望んでいるので、それらを共有できるパートナーを選ぶと、とても充実した人生を送れるでしょう。パートナー選びで気をつけたいポイントは、「束縛しすぎる相手」(自信がなく依存してくる相手)は避けたほうがいいです。

あなたは交際時も結婚後も、相手を深く愛し、尽くしますが、自分の趣味の時間や働き方(自分にとって大事なもの)に関してはある程度の自由を求めるタイプです。なので、パートナーを選ぶときには、束縛してくる人、あなたに甘えて何でも押し付ける人、何事も一緒にやらないと気が済まない人(嫉妬深い人)などは、あなたの自由を奪ってくるので避けたほうがいいです。

長い人生を共に歩むパートナーですからね、精神的に自立していて、それぞれの個人時間を大切に尊重し合える相手を選びましょう!

人間関係をどう捉えるとよいか

あなたは、友達作りが得意で、すぐに知り合いを増やすことができるタイプですが、ちょっと言葉が足りなくて誤解を生みやすいところがあるかもしれません。また、傷つくことを恐れるあまり、せっかく気の合いそうな友人と出会ってもある一線以上は、親密になることを避けようとする傾向があります。

そんな時のあなたは、妙にぶっきらぼうだったり、クールな対応をしたりしてしまい、相手から「嫌われてるのかな?」と誤解され、何となくギクシャクしてしまった……という経験がある方も多いのではないでしょう。もし、信頼関係を大切に育んでいきたい相手なら、いつもよりも言葉で伝えることを意識してみてください。すべては伝わらなくとも、あなたが一生懸命に伝えようとしている姿勢さえが伝われば、相手も安心してあなたの思いを受け止めてくれるはずです。

そうやって、丁寧なコミュニケーションを心がけていけば、持ち前の社交性が存分に生かされ、人間関係に恵まれた豊かな人生を送れるでしょう。

■2月14日生まれの人は、これからの時代をどう生きるべき?

あなたが自分らしい生き方を切り開き、人生の目標を達成するためには段階的に「独創性」「理想のビジョン」「主導権」「経済の安定」がポイントです。

5歳までのあなたは、もっとも独創的でクリエイティブな時期です。自立、独創性、個性の表現、友情、ひらめきがテーマになっているので、この時期のあなたを振り返ってみることで、持ち前のセンスを実感できるでしょう。

6歳から35歳は、感受性が高まり、インスピレーションが強まる時期です。夢や理想のビジョンを語らい、それらを創作活動や仕事を通して、表現していきます。献身的に人に尽くしたり、ロマンチックな芸術や音楽などに夢中になる時期でもあります。

36歳から65歳は、何事にも積極的になり、主導権を握りたくなるでしょう。対人関係ではますます率直になって、リーダーシップを発揮するようになります。自分のやってきたことに自信が芽生え、新しい目標に邁進していくといい時期です。

66歳からは、経済的な安定と、地道な暮らしを求めていきます。これまでの人生で実らせた果実を、家族や仲間と分かち合っていく時期です。衣食住に満ち足りた豊かな日々をゆったりと味わうでしょう。

最後は、近い未来の開運アクションをお伝えします。

2021年は「知的なコミュニケーション」がテーマ。人との出会いや人間関係の発展に追い風が吹く一年です。恋や友人関係には進展のチャンスがありそう。親密になりたい相手には、ふたりだけの秘密を共有したり、本心を打ち明けたりすると、心の距離がグッと近づくでしょう。人間関係全般でいえば、「運のいい人を味方につけること」が、開運のカギとなります。

全体運としては、公私ともに平穏なとき。派手な動きはありませんが、心をかき乱されるようなイヤなことも少ないでしょう。開運アクションは「自己研鑽」です。今後のための知的財産を増やすのにいい時期で、勉強や研究に励んで吉! リラックスには、こまめな気分転換、休養、小旅行がおすすめ。何事も焦らず、ゆったりとした気持ちで過ごして◎。

■2月14日生まれの人と相性のいい誕生日

結婚のパートナー

7月24日、7月27日、7月29日、8月1日、8月5日、8月8日、8月10日、8月14日〜8月19日

恋愛のパートナー

5月22日、5月26日、5月29日、6月1日、6月3日、6月7日、6月10日、6月12日、6月14日〜6月19日、6月21日

気の合う友人

1月21日、1月24日、1月26日、1月30日、2月2日、2月5日、2月7日、2月11日〜2月16日、3月22日、3月24日、3月28日、3月31日、4月3日、4月5日、4月9日、4月12日〜4月18日

学び合える友人

9月25日、9月27日、10月3日、10月6日、10月8日、10月12日、10月15日〜10月21日

趣味の合う友人

11月23日、11月25日、11月29日、12月1日、12月4日、12月6日、12月10日、12月13日、12月15日〜12月19日

力になってくれる人

6月25日、6月28日、7月2日、7月6日、7月9日、7月11日、7月15日〜7月20日

■2月14日生まれの人の誕生花と誕生石

<誕生花/花言葉>

・ボロニア
「賑やかな人柄」「打てば響く」「心が和む」

・シュンラン
「飾らない心」「控えめな美」「気品」

・カモミール
「逆境で生まれる力」「仲直り」「あなたを癒す」

<誕生石>

・ピンクオパール(希望の石。内面の美しさと才能を引き出す。アンチエイジング効果も!)

・ダンビュライト(強力な解毒作用をもつ石。荒ぶる気持ちを鎮め、心の平穏をもたらす)

・マーカサイト(人生の扉を開かせる石。古い思考を手放し、前進する勇気を与える)

<宝石言葉>

・ピンクオパール
「愛の出会い」「希望」「真実」

・ダンビュライト
「永遠の叡智」「トラウマからの解放」「忍耐」

・マーカサイト
「冷静」「思い出」「憧憬」

■2月14日は何の日?

<歴史的なできごと>

・1715年 江戸幕府が海舶互市新例を制定
・1876年 グラハム・ベルが電話の特許を出願
・1914年 東京海上保険が自動車保険の事業免許取得。日本における自動車保険の発祥
・1920年 第1回箱根駅伝が開催
・1946年 世界最初のデジタル電子計算機ENIACが公開
・1990年 ローリング・ストーンズの初来日公演が東京ドームからスタート
・1996年 羽生善治が史上初の将棋のタイトル七冠独占を達成
・2000年 NASA小惑星探査機「NEARシューメーカー」が小惑星エロスの軌道に到着

<記念日>

・聖バレンタインデー/義理チョコ、チョコレートの日、ネクタイの日、うまい棒の日
・自動車保険の日
・煮干しの日
・ふんどしの日

■2月14日生まれの著名人・有名人

・くまがい杏子(漫画家)生年不明
・大谷満理奈(アイドル/STU48)2004年
・太田涼(プロ野球選手)2001年
・沖田愛加(キャスター、タレント)1997年
・加藤一華(女優、歌手、YouTuber)1995年
・茂木栄五郎(プロ野球選手)1994年
・田原可南子(女優、歌手)1994年
・はじめしゃちょー(YouTuber)1993年
・フレディ・ハイモア(俳優)1992年
・菅原小春(ダンサー、振付師)1992年
・淡路幸誠(お笑い芸人/きつね)1990年
・西内ひろ(ファッションモデル)1989年
・柴小聖(女優、タレント)1988年
・市川紗耶(ファッションモデル、タレント)1987年
・高森奈津美(声優)1987年
・廣瀬智紀(俳優)1987年
・佳村はるか(声優)1986年
・もう中学生(お笑いタレント)1983年
・中澤まさとも(声優)1983年
・山崎隆之(将棋棋士)1981年
・UKI(ボーカリスト/SHAKALABBITS)1980年
・信人(ベーシスト/UVERworld)1980年
・山口紗弥加(女優)1980年
・こがけん(ピン芸人)1979年
・冲方丁(小説家)1977年
・JUJU(シンガーソングライター)1976年
・フィリッパ・ジョルダーノ(歌手)1974年
・深浦康市(将棋棋士)1972年
・酒井法子(元歌手、女優)1971年
・平子理沙(ファッションモデル、タレント)1971年
・サイモン・ペッグ(コメディアン、俳優)1970年
・斎藤隆(元プロ野球選手)1970年
・マルシア(歌手、女優)1969年
・河内家菊水丸(お笑い芸人、伝統河内音頭継承者、音頭取り)1963年
・松本晃彦(作曲家)1963年
・冷牟田竜之(ミュージシャン/元東京スカパラダイスオーケストラ)1962年
・大川豊(お笑いタレント、大川興業代表取締役総裁)1962年
・一倉宏(コピーライター)1955年
・田中公平(作曲家)1954年
・中川ひろたか(絵本作家、シンガーソングライター)1954年
・海老名美どり(女優、美容研究家)1953年
・鈴木キサブロー(作曲家)1953年
・アラン・パーカー(映画監督、映画プロデューサー、脚本家)1944年〜2020年
・アーロン・ルッソ(映画プロデューサー、映画監督、政治活動家)1943年〜2007年
・秋野太作(俳優)1943年
・マイケル・ブルームバーグ(実業家、第108代ニューヨーク市長)1942年
・林与一(俳優、元歌舞伎役者、日本舞踊「林流」宗家)1942年
・阪本善尚(撮影監督)1942年
・加藤精三(声優)1927年〜2014年
・鮎川哲也(推理作家)1919年〜2002年
・広田弘毅(第32代内閣総理大臣)1878年〜1948年
・チャールズ・ウィルソン(物理学者)1869年~1959年
・岡田啓介(第31代内閣総理大臣)1868年〜1952年
・岡倉天心(美術家)1863年〜1913年
・清水次郎長(幕末・明治期の侠客)1820年~1893年
・マティアス(神聖ローマ皇帝)1557年〜1619年

元記事で読む