1. トップ
  2. グルメ
  3. 【押上】料亭きよし×石窯パン工房カメヤ 最強コラボの「厚焼きたまごサンド」限定販売

【押上】料亭きよし×石窯パン工房カメヤ 最強コラボの「厚焼きたまごサンド」限定販売

  • 2021.6.16
  • 1783 views

押上駅から徒歩5分の「石窯パン工房KAMEYA」さんで、料亭の女将が作っただし巻き卵のサンドイッチが販売されていると聞き、早速行ってきました。 気になるそのお味をリポートしたいと思います。

料亭の厚焼きたまごサンドが800円!
出典:リビング東京Web

墨田区向島は、古くから粋人墨客に愛されてきた花街です。 一度は行ってみたい憧れの料亭!ですが、足を踏み入れるには敷居が高いなぁと感じていました。 気軽に高級料亭のお料理が食べられればいいのに…と思っていたら、料亭きよしさんが石窯パン工房KAMEYAさんとコラボした「料亭たまごサンド」を販売していました。

4月3日(土)に東京スカイツリータウン5F産業観光プラザすみだまち処で、お披露目と先行販売(数量限定)が行われ、石窯パン工房KAMEYAさんで4月下旬から、金土日・数量限定で販売されているとのこと。 お店に電話で問い合わせると、売り切れてしまうこともあるので事前に予約することをおススメされました。

料亭のたまごサンドの味は2種類あります。 「だし女将」と「あまめちゃん」でいずれも800円です。

「だし女将」は、だしのうまみが染み出す厚焼きたまごに、辛子をぴりっと効かせたマヨネーズが味のアクセントになった大人の味。 「あまめちゃん」は名前の通り、あまめに味が整えられ、だれからも愛されるやさしい味わいとなっているようです。

せっかくなので、2種類とも予約することにしました。

朝から大繁盛!住宅街の下町パン屋さん
出典:リビング東京Web

土曜日の朝8時にお店に行ってみると、イートインスペースになっているテラス席は、すでに満席になっていました。 店内もちょっと混みあっています。

出典:リビング東京Web

取っ手のついたかごの形をした深めのトレイです。 変わった形のトレイですが、バスケットのように持ち手があった方が、パンを山盛りに入れた時に持ち運びしやすいですよね。一度にたくさんのパンを買うお客さんのために、この形のトレイになったようです。

こちらのお店の人気No1は「明太マドンナ(税込259円)」、No2は「カレー番長(181円)」ですが、「明太マドンナ」は、私のすぐ前にいたおじさんが大量買いしたので売切れになってしまいました。

出典:リビング東京Web

人気No2の「カレー番長」もどんどん売れていきます。 「カレー番長」は、焼立てがおいしいとの評判ですが、冷めて味が落ち着いてから食べても美味しかったです。

出典:リビング東京Web

煮込みバーガー410円は、デミグラスソースが老舗洋食屋さんのような深い味わいです。 ハンバーガー専門店とは一味違う、懐かしい感じのバーガーです。 肉にボリュームがあるので、ずっしりお腹にたまります。 バンズ表面の胡麻も香ばしい!

KAMEYAさんでは、曜日ごとに、限定商品を39円引きにされています。 ・水曜日 フランスパン(バタール)221円 ・木曜日 パン・ド・ロデヴ 551円 ・金曜日 明太子フィセル(明太マドンナ)217円 ・土曜日 クロワッサン 119円 ・日曜日 カメヤ食パン 2斤で2本目半額、3斤で3本目タダ

出典:リビング東京Web

クロワッサンが39円引きの119円なので、迷わずGETです。

出典:リビング東京Web

レジで、予約しておいた「たまごサンド」2種類を受取って、お会計を済ませました。

出典:リビング東京Web

レジ袋は、6/2から無料配布されているみたいです。 国の基準(バイオマス25%配合素材)をクリアしたレジ袋を、必要な人に無料で配布してくれていました。こういうサービスはうれしいですね。

午後に、店の前を通りかかると、「たまごサンド」が完売したとの案内がありました。 やっぱり、事前に電話予約しておいてよかったです。

料亭のだし巻き卵は想像を超えるおいしさなのですが、うまく説明することができないので、ぜひ、たくさんの人に実際に食べてもらって、その美味しさの感動を共有できたらと思います。

出典:リビング東京Web

■石窯パン工房KAMEYA(向島店) 住所:東京都墨田区向島3-39-8 営業時間:6:30~19:00 定休日:月/火曜日 電話番号:03-3625-2201 公式HP:Bakery KAMEYA 公式Twitter:https://twitter.com/pankobo_kameya アクセス:東武スカイツリーライン 曳舟駅西口徒歩8分 東京メトロ半蔵門線 押上駅徒歩5分

元記事で読む