1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 金運の上昇は何月!?12星座別「2021年下半期の金運」

金運の上昇は何月!?12星座別「2021年下半期の金運」

  • 2021.6.16
  • 31714 views

今回のテーマは「お金」。占術家の筆者が西洋占星術で占う、12星座別「2021年下半期の金運」をご紹介します。

早速チェックしてみましょう。

■12星座別「2021年下半期の金運」

牡羊座

金運は活発。ただ、入ってくるお金より、出ていくお金の方が多くなりそう。手元のお金が少ないと不安な人にとっては厳しい時期です。

出費が多くてたいへんな時こそ、節約できる項目がないか要チェック。買い物ではコストパフォーマンスを重視しましょう。

牡牛座

金運は不安定。夏までは、計画的にお金を使うことができそうです。一方、9月以降は収支のバランスをとることがむずかしくなりそう。

特に、交際費が多い人は上手にコントロールしましょう。また、年末に突発的な出費がある暗示。しっかり備えておくと安心です。

双子座

何かと物入りな時期。金運は低迷中です。よく考えずにお金を使っていると、金欠に陥ってしまいそう

買い物をする時は、「複数の店舗で価格を比較する」「レンタルを活用する」「付き合いで必要のない物を買わない」など、出費を抑える工夫や努力をしましょう。

蟹座

金運は堅調。有意義にお金を使うことができる時期です。要注意な時期は8月、9月、11月。趣味やレジャーへの出費が増えそう。事前に使える金額を決めておくと安心です。

また、年末は交際費が増える暗示あり。予算の範囲内に収まるよう、上手にやりくりしましょう。

獅子座

金運は好調。特に、7月と8月はお金に恵まれる星回りです。臨時収入やプレゼントをもらえるなど、金銭的にラッキーな出来事があるでしょう。

逆に、10月は要注意期。ノリや勢いで買い物すると後悔しそう。年末は、医療費や健康維持のための出費が増える暗示。

乙女座

金運はゆるやかに上昇中。お金の使い方にメリハリをつけましょう

特に、日頃から節約をがんばっている人は、ケチケチしすぎないよう要注意。大事な場面では、適切な金額を投資しましょう。11月と12月は、楽しいことにお金を使うとラッキーです。

天秤座

金運は上昇中。特に、8月後半から9月前半の1か月間が金運のピークです。やりたいことがある人や欲しい物がある人は、この時期がチャンス。手元の資金を最大限に生かしましょう。

年末は、家族のための出費が増えそう。まとまった現金を用意しておくと安心です。

蠍座

金運のピークは9月。「お金を使う喜び」を実感できそう。普段は倹約を心がけている人も、少しだけ財布のヒモをゆるめましょう。趣味やレジャーなど「楽しいこと」にお金を使うとラッキーです。

また、単に「物」を買うだけではなく、「体験」にも積極的に投資しましょう。

射手座

金運のアップダウンが激しい時期。特に、7月と8月後半から9月前半にかけては出費が増えそうです。

一方、10月から年末にかけて金運は上昇。出費が落ち着いて、懐に余裕が出てくるでしょう。副業にトライしたり、お金を増やす方法を勉強することもおすすめです。

山羊座

金運は年末に急上昇。特に、11月から12月前半は絶好調です。この時期は、あなたが好きなことに思い切りお金を使うとラッキーです。

金運が不安定な7月から10月までは、お金の使い方を控えめに。貯金に励むこともおすすめです。

水瓶座

金運が小刻みにアップダウンを繰り返す時期。「やりたいことがあるのに資金不足」という場合、無理は禁物です。借金をせず、自己資金でカバーしましょう。

また、高額な買い物も見送った方が賢明。少しでもお得に買える方法はないか、情報収集に励みましょう。

魚座

金運は低調です。特に、8月と11月は誘惑が多くなる暗示。人に勧められたり流行に流されたりして、ムダな出費が増えそうです。財布のヒモをしっかり締めておいて。

自信がない人は、「これは今の私に必要?」と考えるクセをつけると、散財を防げるでしょう。

今回は、12星座別「2021年下半期の金運」をご紹介しました。金銭的な余裕は、心の余裕につながります。金運の波を上手に乗りこなして元気に過ごしたい人は、今回の結果を参考にしてみてくださいね。

(占術家 伊藤 マーリン)

元記事で読む