1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【赤面】LINEのビデオ通話でやってしまった恥ずかしすぎる失敗談5つ

【赤面】LINEのビデオ通話でやってしまった恥ずかしすぎる失敗談5つ

  • 2021.6.15
  • 37456 views

自粛生活が続き、直接人と会うのが難しい時代。以前よりもビデオ通話を利用することが増えたレディが多いのでは?

そこで今回は、ビデオ通話でやってしまった失敗談をリサーチ。恥ずかしすぎるエピソードを大放出します。

ビデオ通話でやってしまった失敗談

(1)彼氏の上半身裸を父に見られた

「父の日にお父さんにビデオ通話をして日頃の感謝を伝えました。すると、ちょうど泊まりに来ていた彼氏がお風呂からあがったようで、ビデオ通話の最中に部屋に入ってきました。まさかのビデオ通話越しで上半身裸の彼氏とお父さんが初対面! 一番気まずいのはこの私です」(29歳/会社受付)

まさか父の日に娘の彼氏の上半身裸の姿を見ることになるとは……。彼氏も彼女のお父さんとこんな初対面になるとは思いもしなかったでしょう。

(2)片思い中の彼に変顔を見られた

「片思い中の彼とビデオ通話をしている最中、電波が悪くなったのか、私の顔が半目で口が思いっきり開いている状態で画面がフリーズ。変な顔で3分は停止していましたね。もう立ち直れないです」(27歳/美容関連)

片思い中の彼とのビデオ通話中に変顔でフリーズしてしまうのはキツイ! 逆に見せたくない姿を見せてしまったので、もう怖いものなしにアタックできる!?

(3)アウトカメラになり汚部屋がバレた

「好きな先輩とビデオ通話をしていたらスマホを左手から右手に持ち替えたタイミングで指が画面に触れてしまい、アウトカメラに切り替わってしまいました。テーブルに置きっぱなしのビール缶、お菓子のゴミ、畳んでいない洗濯物などなど。汚部屋だということがバレました」(30歳/不動産)

汚部屋になってしまっている人は、インカメラとアウトカメラを間違えると致命的。この片思いの行方が気になるのでぜひ、ご報告くださいね。

(4)下半身手抜きがバレバレ

「ビデオ通話なので、どうせ上半身しか映らないだろうと思って、上だけブラウスに着替えて下はジャージ姿のまま通話していました。しばらくして画面ギリギリでジャージが映り込んでいるのに気付き、悲劇!」(30歳/保険)

急いで上だけ着替えたのがバレバレ? 下半身を映さないようにと下から映すようにしたら、今度は二重あごになってしまったそうでふんだりけったり(笑)。

(5)トイレの長電話が定着して……

「実家暮らしなので、リビングには家族がいるし、部屋は妹と一緒なので、電話はトイレでするのが一番落ち着きます。友達と電話中、『ビデオ通話に切り替えて〜』と言われ、トイレだということを忘れ、流れで切り替えてしまいました。後ろに便座のふたが映っていて、恥ずかしすぎました」(31歳/医療事務)

実家暮らしの人は、トイレの中が一人きりになれる好都合な場所なので、電話でゆっくりと話したいときは利用することが多いようです。途中で普通の電話からビデオ通話に切り替えなければならない場合もあるので背景には要注意ですね。

ビデオ通話は生放送と同じ!

ビデオ通話は生放送と同じようにリアルタイムで映像が流れます。常に相手と繋がっていることを意識して、恥ずかしい場面を作らないようにしたいですね。場所や身なりに気をつけることから始めてみましょう。

書いたのは

出典: 美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

元記事で読む