1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “本場”の資料に息をのむ。エジプト・文明博物館にオンラインで初潜入

“本場”の資料に息をのむ。エジプト・文明博物館にオンラインで初潜入

  • 2021.6.15
  • 432 views

エジプト・カイロに2021年4月いよいよ正式オープンした国立エジプト文明博物館。23,000平米の広大な敷地に、先史時代から近代までのエジプト文明を網羅した新施設は、世界中のエジプトファンの耳目を集めている。いつか実際に足を踏み入れ太古の息吹を感じたい、と熱望している考古学ファンに朗報だ。まずはオンラインツアーで潜入するチャンスが到来。なんと通常は撮影禁止のミイラ室から特別生中継を実施する。“本場”ならではの貴重な資料の数々に息をのむだろう。

先史時代から古代エジプト、グレコローマン、コプト教、イスラーム、近代まで、エジプトの文明を網羅した国立エジプト文明博物館は、考古学ファン垂涎の新スポットだ。目玉は850平米の広さを誇るミイラホールで、現在22体ものミイラが展示されている。ファラオたちが眠る王家の谷を散策するイメージでデザインされており、展示室は仄暗く厳かな雰囲気。通常は撮影も展示室内でのガイドも禁止されているが、今回のオンラインツアーでは特別にこのミイラ室からの生中継が実施される。エジプト人ガイドのミーナ氏による、豊富な知識とユーモア溢れる解説を日本語で聞くことができる。

ミイラのなかには棺や副葬品とともに展示されているものもあり、日本ではなかなか見るチャンスのない貴重なものばかりだ。

国立エジプト文明博物館といえば、正式オープン前日に実施されたミイラの移送行進「ファラオの黄金パレード」も話題になった。厳重な警備のもと、装飾された車両でミイラたち──すなわち、古代の王と王女をひとりずつ移送したまたとないイベントだ。オンラインツアーでは、この貴重な映像も観ることができる。

オンラインツアーは事前申し込み制。開催当日となる8月28日(土)の約90分間、日常から離れて、悠久の歴史ロマンを感じるひとときが過ごせそうだ。エジプトファン・考古学ファンはもちろん、そうでなくても知的好奇心を多いに刺激してくれるはずだ。

元記事で読む