1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【美容液ファンデーション】でスキンケアをしながらメイク!

【美容液ファンデーション】でスキンケアをしながらメイク!

  • 2021.6.14
  • 1411 views

【美容液ファンデーション】でスキンケアをしながらメイク!

美容液ファンデーション
出典:byBirth

近年は、ただ色を均一にするためのファンデーションだけでなく、美容成分が入っているファンデーションが多く発売されています。

美容液ファンデーションってなに?

美容液ファンデーションってなに?
出典:byBirth

美容液ファンデーションとは、美容成分がたっぷり入っていて、スキンケアとメイクが同時にできるファンデーションのことです。保湿成分や医薬部外品の美白有効成分が配合されています。

商品によっては、ファンデーションの成分よりも美容液成分の方が多く入っていて、美容液に色が付いた色付き美容液といわれる物もあります。

美容液ファンデーションの種類

美容液ファンデーションの種類
出典:byBirth

美容液ファンデーションには様々な種類があります。ここでは3種類を紹介していきます。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、とにかく水分量が多いので、乾燥肌の方におすすめです。肌にしっかりと密着してくれるので、ヨレにくいです。

水分量が多い為、ツヤがでるので、素肌から自然なツヤが出ているような肌に仕上げたい方に良いです。

クッションファンデーション

クッションファンデーションは、カバー力が高いので、シミやニキビ跡などカバーしたいところが多い方におすすめです。乾燥肌、混合肌の方に良いです。

液体のファンデーションをスポンジ状のクッションに染み込ませ、コンパクトに収めた物です。コンシーラーや下地がいらないくらいの高いカバー力なことから人気が高まっています。

また、付属のパフで伸ばしていくので、手を汚さずに塗れるのも嬉しいポイントです。

ルースファンデーション

ミネラルパウダーなどです。天然の美容成分が配合されているので、低刺激なので敏感肌の方におすすめです。クレンジングを使わなくても良い物もあるので肌に優しいです。

また、パウダータイプなので脂性肌さんにも使いやすいです。

おすすめの美容液ファンデーションを紹介!

MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション SPF22 PA++
この投稿をInstagramで見る

MiMC(@mimc_natural)がシェアした投稿

天然の美容液成分が配合されているため、とてもみずみずしいツヤが出ます。MiMCでは、メイクしながらスキンケアというのがコンセプトなので、こちらのファンデーションもメイク中でもスキンケア直後のような、しっとりした肌が続きます。

花粉などの「ゆらぎ肌」、紫外線や冷房による「インナードライ」の悩みの多くは、肌の水分と皮脂分泌がアンバランスになってしまっていることが原因です。肌バランスを保つために、栄養豊富な白樺水と、ハーブエキスをブレンドしています。

全5色のカラーバリエーションなので、ご自身の肌の色に合ったファンデーションが見つかるはずです。SPF22・PA++です。

クラランス スキン イリュージョン ファンデーション

ヌーディーな仕上がりを叶える、リキッドタイプの美容液ファンデーションです。オイルの心地よさと水の軽さを両立させた、美容液のようなテクスチャーです。

スキンケア効果の高い植物由来のオイルとピグメントの絶妙なバランスによって、均一で澄んだ素肌のような仕上がりです。とても軽いので、薄いヴェールをまとっているかのような美しい肌に整えます。

薄付きなのにカバー力があるので、ナチュラルにツヤ肌になれます。こちらのファンデーションも全5色のカラーバリエーションで、SPF15です。

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア トリートメント セラム ファンデーション

スキンケアをしているような感覚で使える美容液ファンデーションです。メイクをしながら、美容液として素肌ケアをしてくれます。素肌を明るく見せてくれて、透明感とハリツヤのあふれるきめ細かな仕上がりです。

伸びの良いタイプのファンデーションなので、付けすぎないようにしましょう。全7色のカラーバリエーションです。SPF25・PA++なので、日焼け止めを塗る必要もなくこれ1本で完成します。

まとめ

この記事では、美容液ファンデーションってなに?・美容液ファンデーションの種類・おすすめの美容液ファンデーションを紹介しました。美容液ファンデーションには様々な種類があることが分かりましたね。

今は多くのファンデーションが美容液成分を配合しているので、ご自身の肌や目的に合った美容液ファンデーションを見つけてください!

元記事で読む