1. トップ
  2. 『ワイルド・スピード』デッカード母、“自分の巨大ポスターの前”で撮った写真がかっこよすぎる

『ワイルド・スピード』デッカード母、“自分の巨大ポスターの前”で撮った写真がかっこよすぎる

  • 2021.6.14
  • 9345 views

『ワイルド・スピード』でマグダレーン・ショウを演じるヘレン・ミレンが、自分が映った巨大ポスターの前に登場。その姿、かっこいい!(フロントロウ編集部)

公開に向けて熱気高まる『ワイスピ』

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の公開が迫っている。韓国、ロシア、香港、中東など8つの国ではすでに公開され、大ヒットを記録している本作は、本国のアメリカでは6月25日に劇場公開予定。

コロナ禍で溜まったストレスをぶっ飛ばすこと間違いなしのカーアクション大作が見られる日を、多くのファンが今か今かと待ちわびている。

そんなビッグデーに向けて、アメリカの街も『ワイルド・スピード』によって飾られており、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるサンセット大通りには、作品の巨大看板が登場した。

画像: ⓒUniversal Pictures UK/Twitter
ⓒUniversal Pictures UK/Twitter

ヘレン・ミレン、巨大な自分の前で記念撮影

そこで、あのイギリス人俳優もサンセット大通りに向かった。晴れ渡る空の下、ポスターの前で写真撮影をしたのは、マグダレーン・ショウを演じる大御所俳優のヘレン・ミレン

ポスターに写されたマグダレーンは黒のセットアップに白シャツという装いで、ポスターも全体的にクールなトーンでまとめられている。しかしこの日のヘレンは、真ピンクのセットアップスーツに真緑のトップスを合わせ、カラフルなヘアアクセで髪をまとめ、ポスターとは真逆の雰囲気。

だからこそ、看板の前でポケットに手を入れてポーズをキメるヘレンとポスターを一緒に映した写真は、“かっこいい!”と言いたくなるオーラを放っている。

シリーズ9作目となる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で、遂に車を運転するシーンを得たヘレンは、見事なダブルクラッチも披露。「狂ったようなドライバーを演じたい」という願望を口にしていたヘレンにとって、本作でハンドルを握り、ロンドンの街を爆走したことや、その自分の巨大ポスターがサンセット大通りに掲げられたことは、はしゃぎたくなることであるのは間違いない。

ヘレンのかっこいい姿が見られる『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、日本では8月6日に劇場公開予定。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む