1. トップ
  2. おでかけ
  3. 東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

  • 2021.6.13
  • 4251 views

東京池袋西口の雑多なネオン街の一画に、2020年6月にオープンした【ホテルシロ(hotel Siro)】。その名の通り“白”をテーマにするデザイナーズホテルになります。そのうえグランピングを楽しめる客室も用意。池袋というロケーションは若いカップルに人気ですが、意外性のある建物として実は建築家が泊まりにくるホテルとしても知られるユニークなホテルです。

池袋の繁華街にあるおしゃれホテル

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲ホテルというより、モダンなオフィスビルやカフェのようなエントランス

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲池袋のシンボル、フクロウがお出迎え

幸運を呼ぶといわれるシロフクロウ。池袋の待ち合わせスポットになっているイケフクロウにちなんで、旅人の止まり木のようなホテルになって欲しいという思いが込めているのだとか。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲造りの異なる外階段を建物前面に配置したユニークさ。テレビドラマの犯人追跡シーンに使われたことも

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲オープンでコンパクトなフロントは、木を使った優しい雰囲気

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲1階カフェにもシロフクロウの絵が飾られます

フクロウのくちばしの黄色と、花の黄色い肉穂花序(にくすいかじょ)が、白の中でアクセントになっています

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲金網で囲まれたエレベーターは、ストリートにいるような雰囲気

本格グランピングができるペントハウスが大人気

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲最上階にはグランピングができる「ペントハウス」があります

8、9、10階の客室は、白い壁と木のぬくもりを感じるシンプルでモダンなデザインです。写真の1001ペントハウスには、階段を上った屋上にグランピングスペースを用意します。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲屋上に向かう階段

都会の真ん中で夜景を見ながらグランピングを楽しめるホテルは希少で、この客室だけ最大4名の宿泊が可能。一番人気の部屋なので、早めの予約が必須です。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲スイートルームやペントハウスは、ダブルベイシンの洗面を用意

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲ペントハウスとスイートルームはジェットバスを備えます

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲屋上のグランピングゾーン

解放感満点の屋上で、夜は池袋の夜景を楽しみながらアーバンキャンプが楽しめます。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲大きなテントの中にもベッドを用意

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲4人で入れるゆったりサイズのジャグジーバス

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲1001の客室のみ食器なども借りられるので、食材を持ち込んでバーベキューも楽しめます

客室は白を活かしたユニークなデザイン

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲スタンダードダブル ジャパニーズモダンルーム

上の写真の客室は、縁側をイメージしたジャパニーズモダンルームのスタンダードダブル。シンプルで使いやすい客室です。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲スタンダードダブル ジャパニーズモダンルーム

ジャパニーズモダンルームのスタンダードダブルは、障子が使われる和モダンな旅館風。入口のガラス戸も広く開くので、まるで縁側のような開放感があります。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲アメリカ西海岸をイメージしたスタンダードダブル 14平米

5階から7階は、ウエストコーストルーム。アメリカ西海岸の牧歌的な雰囲気です。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲テレビの棚など使いやすくデザイン

踏み込みやバス・トイレとは、スイングドアで仕切られます。ほかにもドアやカーテン、障子やガラス戸など、部屋によって異なる仕切りが使われる自由な発想(写真はスタンダードダブル)。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲全客室の水回りは独立した作りで、使いやすい設計。ウエストコーストルームの水栓やタオル掛けはアンティーク調でした

デザイン性が高く、使い勝手のいいアメニティ

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲全室テンピューロのベッド

テンピュールのベッドはホテルでは珍しい電動可変式で、ソファ代わりにも利用可能。スタンダードダブル以上の客室はクイーンサイズのベッドです。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲ルームウェアは肌ざわりのいい「TETELA」

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲客室の備品も真っ白!

客室にはオーガニックティーやコーヒーも用意され、お洒落な「KIKOF」のカップでほっとひと息。全客室に電子レンジがあるのも便利です。デリバリーを頼むときは、部屋番号を伝えれば客室まで配達してもらえます。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲ホテルオリジナルのレターセットもハイセンス

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲白を基調にしたバスルームには、シャワーとレインシャワーを装備

スタンダードダブル以上の客室にはバスタブを備えます。タオルは大判で、ふかっと厚みのある今治製です。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲NEMOHAMOのオーガニックバスアメニティは爽やかな香りで、洗い上がりもサッパリ

モーニングには美味しさが隠れている

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲1階には一般のお客さんも利用できるカフェスペースがあります

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲カフェの奥にはお酒もいただけるバーカウンターも

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲コーヒーは注文を受けてから1杯ずつ豆をひいて、ハンドドリップで提供

「美食の王様」来栖けい氏がブレンドするグアテマラ・サンミゲル農園のコーヒー豆を使用。アイスコーヒーは6時間かけて水出しされた本格派です。

東京・池袋で本格グランピングも!白がテーマ【ホテルシロ】で過ごす非日常なひととき

▲リーズナブルな朝食のトーストセット

モーニングは高級食パン「銀座に志かわ」のトーストにサラダ、飲み物がセットで¥680とリーズナブル。低糖質の生クリームを加えた自家製の発酵バターが、ほのかな甘みのトーストによく合って、つい笑顔になってしまう朝食です。

大都会池袋の真ん中にあるユニークな【ホテルシロ】。ビジネスホテルとは趣きがことなる個性的な館内は、新しい感覚にあふれます。その証拠に、インスタグラムを見て泊まりにくるゲストも多いとか。ここで、ちょっとした非日常を味わってみてください。<text&photo:みなみじゅん 予約・問:ホテルシロ https://hotel-siro.jp/>

元記事で読む