1. トップ
  2. ダイエット
  3. 新米ママのアシュレイ・ティスデイル、産後のボディに「違和感を感じる」と本音

新米ママのアシュレイ・ティスデイル、産後のボディに「違和感を感じる」と本音

  • 2021.6.13
  • 6342 views

3月末に第1子を出産したアシュレイ・ティスデイルが、自身の産後の体型について抱いている違和感や“早く妊娠前の体型に戻らなくては”と焦りを感じていたことを告白。(フロントロウ編集部)

アシュレイ・ティスデイル、産後ボディへの悩みを明かす

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービー『ハイスクール・ミュージカル』のシャーペイ役でブレイクした俳優のアシュレイ・ティスデイル(35)は、2021年3月下旬に7年来の夫でミュージシャンのクリストファー・フレンチ(39)との第1子を出産。

妊娠発表と同時に、女性のライフスタイルや美容、ウェルネスに特化したサイト「frenshe(フレンシー)」を立ち上げたアシュレイは、“The Journal(ザ・ジャーナル)“と名づけたブログのなかで、妊娠中に感じた体や心の変化、SNSとのつき合い方、子供を産んで気づいたことなどをシェアしてきた。

アシュレイは、インスタグラムで「ジュピター・アイリス・フレンチ」と名づけた第1子の顔を公開しており、日々の子育てについて発信しているほか、他人にはなかなか相談しづらい悩みなどを赤裸々に告白し、新米ママセレブの代表格として同世代のママたちから共感を集めている。

そんなアシュレイが、「Getting Real About My Body After Baby(赤ちゃんを産んだ後の自分の体にまつわる本音)」と題したThe Journalへの新たな投稿のなかで、じつは、産後のボディに違和感を感じていることや、“早く妊娠前の体型に戻らなくては”というプレッシャーに悩まされていたことを明かした。

SNSで見かける“キラキラママ”たちに劣等感

SNSで目にする、産後すぐに妊娠前のボディラインを取り戻しているママモデルやママインフルエンサーの姿と鏡に写る自分の姿を比べて「何であの人たちは、子供を産んだばかりなのにあんな風に見えるんだろう?? 」と劣等感を抱いてしまっていたというアシュレイ。

ジュピターを出産してから「ウォーキングやピラティス、ペロトン(※)を使って一生懸命ワークアウトをしてきたけど、まだ自分のボディに違和感を感じてる。少しずつ、(妊娠前から持っている)いくつかのジーンズが履けるようになってきたけど、妊娠前に着ていたサイズとは違う」、「(お腹の中で)赤ちゃんを育てるのには時間がかかるんだから、妊娠中に増えた体重を落とすのに時間がかかるのは当たり前だってみんな言うけど、それって本当だったんだね」と、産後ダイエットに苦戦していることも明かした。

※Peloton(ペロトン)とは、フィットネスバイクやランニングマシーンを使ったオンラインフィットネスサービス。

ママ友との会話で「大切なこと」に気づく

SNSで見かける、何もかもが完璧のように見える“キラキラママ”たちに引け目を感じて、落ち込んでいたというアシュレイだけれど、自分と同じように最近子供を産んだばかりのママ友たちとの会話のなかで大切なことに気づいたという。

「彼女たちは、私を見て『ステキだね』『私も妊娠前のジーンズが履けたらいいのに』って言ってくれた。つまりは、私自身は鏡を見て『もっと見た目を良くしなくちゃ』って思っていたのに、彼女たちにとっては十分ステキに見えていたってことだよね。そのとき私は気がついたの。私たちはおたがいの体型を比較し合ったりするべきじゃないって」。

画像: ママ友との会話で「大切なこと」に気づく

3歳から子役として活動を始め、つねに世間の注目を浴びる仕事に就いたことで、自身の容姿にずっと気を揉んできたアシュレイ。ママになっても早くスリムな体型を取り戻して、美しさに磨きをかけなければというプレッシャーに苛まれていたようだけれど、それだけに、アシュレイにとっては、この気づきはかなり大きな意味を持つものだった。

アシュレイは、産後の体型の変化に関しては「みんなそれぞれ違った道を辿る。そんななかで、自分の体に対してネガティブな感情を持って接するべきじゃない。『自分はまだ全然十分じゃない』『もっと見た目を改善できるはず』なんて考えはやめなくちゃ! とくに、子供を作り、命を産み落としてから間もない時はね」と、自分に言い聞かせるかのように綴っている。

体型に関する違和感のほかにも、妊娠中の急な体重増加により踵(かかと)に体重が偏ることで発症することが多いとされる「足底筋膜炎」にもまだ悩まされていることを明かしたアシュレイ。

彼女も悟ったとおり、人間を1人産んだ女性の体は変化して当たり前。産後数カ月から数年が経っても、何らかの不調に悩まされている女性は多いけれど、それをどうやって解決していくか、解決できない問題にはどう折り合いをつけていくかを見い出すには、アシュレイもしていたように、ほかのママたちと会話をしてみたり、体験談に耳を傾けてみたりすることが役に立つのかもしれない。(フロントロウ編集部)

元記事で読む