1. トップ
  2. インテリア
  3. 狭くてもちょっとの工夫で広々空間に!レイアウト・家具選びの3カ条

狭くてもちょっとの工夫で広々空間に!レイアウト・家具選びの3カ条

  • 2021.6.12
  • 25880 views

お部屋が狭くて片付かない、すぐに散らかってしまいイライラしてしまう……そんなことはありませんか。もしかするとそのお悩み、インテリアを工夫すると解決するかもしれません。今回は、広々とした空間をつくるためのレイアウトや家具選びのポイントをご紹介します。

狭いお部屋が快適に。広々空間をつくるには?

狭いお部屋だから、片付かなくても仕方がない。もしそう諦めてしまっているなら、少しだけインテリアを見直してみるタイミングなのかもしれません。

広いお部屋ではなくてもすっきりと快適に暮らしている方は多く、インテリア上手さんのなかには「あえて小さなお家を選ぶ」なんてこともあるのだそう。必ずしも「広いお部屋だから暮らしやすい」とは言えないのです。

でもコンパクトな空間で快適に暮らすためには、お部屋を広く使うための工夫が必要になります。これからご紹介するポイントをチェックしながら、あなたも広々と過ごせる部屋をめざしてみませんか。

広々と感じられるインテリア、3つのポイント

1:家具のレイアウト

お部屋を広く見せるためには、面積の多くを占める大型家具のレイアウトが鍵になります。具体的には、以下のポイントを意識してみましょう。

・手前に低い家具、奥に背の高い家具を配置する
・家具を壁側に寄せて、お部屋の真ん中をできるだけ空ける

まずは、これだけでも印象はがらりと変わります。

2:背の低い家具を選ぶ

家具選びもお部屋を広く見せるポイントに。天井が高く見えるほど広さを感じさせるため、以下のような家具を積極的に選ぶと開放感を生みだせます。

・できるだけ、背の低い(腰よりも低いくらい)家具で揃える
・脚付き家具で床を多く見せる

特にソファやテーブルなど大きな家具をどうしても置きたい場合は、低めの家具を置くと背の高い家具に比べて圧迫感をおさえることができますよ。

3:明るいトーンの色合いでまとめる

ダークな色合いはお部屋を狭く見せてしまいがち。広さを意識するなら、壁や天井など広い面積を占める場所の色は、アイボリーやライトベージュなどを選ぶのがよいでしょう。色の取り入れ方で広さを感じさせるポイントはこちら。

・白(アイボリーやオフホワイトなど)は広さを感じさせるためベースカラーに最適
・壁の色になじむよう家具の色もライトベージュやホワイト系を選ぶ
・カーテンやベッドカバーなどもライトトーンのものを
・どうしても濃い色、ダークトーンの色を取り入れたい場合は、小物で小さく

こちらのお部屋のように、ライトトーンの色合いでまとめ、なおかつ家具をベースカラーに合わせ壁側に寄せると、小さなお部屋も広々とした印象を与えます。

背の高いキャビネットが柱の陰に隠れるようレイアウトされているのも、参考にしたいテクニック。縦長の間取りを上手に使い広々と見えるインテリアを実現しています。

広さの印象はインテリアで変えられる

限られた空間でも、インテリアの工夫次第で広さを感じられるもの。狭くて暮らしにくいから広いお部屋に引っ越したい……そう思ったら、まずインテリアを見直してみるのもひとつの方法です。ぜひ、レイアウトと家具選びを工夫して広々とした空間をつくってみてくださいね。

writer / 伊野 奈緒美 photo / goodroomjournal

取材協力

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得
カラーコーディネーター2級
リフォームスタイリスト3級


https://naomi-spring.com/

元記事で読む
の記事をもっとみる