1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【ソウル在住ライターの美容連載】最新! 韓国「ヴィーガンコスメ」事情、現地レポ!

【ソウル在住ライターの美容連載】最新! 韓国「ヴィーガンコスメ」事情、現地レポ!

  • 2021.6.7
  • 2145 views

韓国ソウル在住のライター、二俣愛子さんによる韓国ビューティの連載がスタート。現地から最新情報をお届けします!今回は韓国でもトレンドになっている「ヴィーガンコスメ」を紹介します。

韓国在住ライター二俣愛子のBeautyレポート vol. 1

今、韓国ではヴィーガンコスメが大流行中。というよりもトレンドから定番化しているイメージです。連載の初回では、そんな韓国の「ヴィーガンコスメ」事情についてお伝えしようと思います。

韓国、ヴィーガンコスメ旋風席巻中!

韓国の街中にあるコスメストアに足を踏み入れてみると、そこには厳選された天然素材のみを使用し、動物実験を行わずに作られたヴィーガンコスメを手軽に選択することができます。

日本でヴィーガンコスメを買うとなると、こだわりのコスメストアに行かないと手に入りにくい印象ですが、韓国ではこのようにとても身近なところで手に取ることができます。それだけ浸透してきているというのが伝わりますよね。

また、既存のコスメブランドも、商品に“ヴィーガン”をうたうアイテムを取り入れたり、ブランド自体を大幅リニューアルするところも出てきているほど、今韓国では「ヴィーガン」がお熱いのです。

なぜにここまで浸透したのか? ということ。

ヴィーガンブームを後押しした背景として、コロナによってマスクを日常的に使うようになり、肌荒れが常態化してしまう人が増えたことが挙げられそうです。

マスクを長時間使用することでニキビが慢性化してしまう人が増えたことから、韓国では「マスクネ(マスク+アクネ)」という言葉が生まれました。

そのため、もともと韓国で人気の「鎮静系コスメ」を中心に、より肌に優しいもの、よいものだけを取り入れたいというムードになっています。

天然素材で作られ肌への優しさを考慮したヴィーガンコスメが、まさにそんなニーズにマッチしているというわけです。

韓国のヴィーガンコスメブランドをご紹介

韓国のヴィーガンコスメブランドといえば、「BEIGIC(ベージック)」や「FEMMUE(ファミュ)」「Klairs(クレアス)」などが有名かと思いますが、ほかにもたくさんのブランドが登場しています。

ONE THING(ワンシング)

韓国版The Ordinaryとも言われる「ONE THING(ワンシング)」。たったひとつの成分だけを使用して作られた化粧水が口コミだけで人気に火がついたブランドです。そのまま使ってもよし、手持ちのコスメに混ぜて使ってもよし、ふき取りパットに浸してパックもできるとあって使い勝手も抜群。(二俣私物)

reduire(リデュオ)

韓国の人気コスメショップ「CHICOR(シコル)」のランキングに入るなど、最近話題のヴィーガンブランド。私もクレンジングウォーターを実際に使ってみましたが、ヒアルロン酸配合で乾燥しにくいのが嬉しいポイント。強力なウォータープルーフのアイメイクアップ以外はするんと落とせて個人的にもお気に入りです。(二俣私物)

TOUN28(トーン28)

肌に本当に必要なものだけを調合して作られたコスメを展開する「TOUN28(トーン28)」。28日で生まれかわる肌サイクルにアプローチすることをコンセプトに誕生しました。日焼け止めやハンドクリームが大ヒット中。また、パッケージは環境に配慮し、プラスチック削減を目的にリサイクル可能な素材だけを使用しているのもポイント。(二俣私物)

aware(アウェオ)

韓国最大の化粧品会社、アモーレパシフィック初のヴィーガンブランドとして2021年にローンチしたばかり。

韓国のコスメの口コミアプリ「GLOWPICK」の2021年クレンジング部門1位に輝いた「ホイッピング ディープ クレンザー」、韓国のビューティ雑誌『allure』で発表された200人の使用満足度100%を獲得した「クリーン リリーフ マスク マデカソサイド」など、早くも話題の商品が誕生し、注目を集めています。(二俣私物)

Melixir(メリクサー)

緑茶成分を高配合した化粧水や、保湿力に優れた「ヴィーガン バター リップ」が話題のブランド。アメリカの動物愛護団体PeTaからクルエルティフリー(動物実験なし・動物性成分不使用)認証を受けています。

特にヴィーガン原料としても知られるアガベを使用した保湿リップはカラー展開が豊富で大人気。品切れになるカラーも続出中で、私もこのカラーリップは入荷待ちをしてようやく手に入れました。(二俣私物)

Anua(アヌア)

韓国で、2020年に数々のコスメアワードを受賞するなどしてその名を知らしめた感のある「Anua(アヌア)」。特に“ニキビ改善に効く”と話題になったドクダミ化粧水が代表アイテムです。写真はそのドクダミ化粧水をパッドに浸したもの。これだけで簡単なクレンジングや、朝洗顔、部分的なパックなどもできちゃう優れもの。(二俣私物)

韓国はヴィーガンコスメが定着

もはやトレンドから定番化しつつあるヴィーガンコスメ。韓国では環境への配慮についてはもちろんのこと、肌により優しいものを使うことが求められているように感じます。

また、街中のコスメストアで手に取れるアクセスのよさと、実際に商品のよさが感じられるアイテムが多いからこそヴィーガンコスメが定番化した理由なのかも。

私も韓国の女性たちのような陶器肌を目指して、あれもこれも加える“よくばり美容”よりも、本当に必要なものだけ取り入れる韓国の“ミニマリスト美容”を実践してみようと思います。

二俣愛子
韓国・ソウルを拠点に、雑誌やWEBメディアでライターとして活躍中。コスメからグルメまで最新の韓国事情をインスタグラムでもお届け。ジュエリーショップ「Owol.」のオーナーも務める。

取材、文・二俣愛子

元記事で読む