1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ゴルファーのマイカー時間をもっと快適にするアイディア3つ

ゴルファーのマイカー時間をもっと快適にするアイディア3つ

  • 2021.6.6
  • 5702 views

一部地域では緊急事態宣言が再度延長になるなど、まだまだ自由な外出はできない日々が続いています。そんななかでも、ゴルフはコロナ禍において「密になりにくいレクリエーション」として、友人やビジネス関係者との親睦を深める機会としても人気ですよね。

ところで、感染症が蔓延しているタイミングでは、公共の交通機関よりも積極的に自家用車を使う人も少なくなく、特にゴルフ場への行き来では移動距離もあることから、以前よりもマイカーを使っている女性ゴルファーも多いのではないでしょうか。そして今のようなご時世では、車内で過ごす時間をちょっとだけランクアップさせると、よりハッピーな気持ちで過ごす術にもつながりやすいでしょう。

時短美容家の並木まきが、女性ゴルファーが車内で過ごす時間をランクアップさせるアイディアをお話します。

◆「リネンウォーター」や「専用芳香剤」で女性らしい香りを

車内の「香りケア」には、車用の芳香剤やスプレータイプのリネンウォーターが大活躍。お気に入りの香りが決まっている人は、“自分の空間”をハッピーな香りで満たすだけでも、幸せな気持ちになりますよね。

布製のシートや車内マットには、リネンウォーターを使うと、香りの加減を自分で調節しながらお気に入りの香りをふわっと香らせる術に。

また、革張りシートの車なら、女性好みの香りに仕上がっている車用のフレグランスが便利でしょう。

「ファブリーズ ナチュリス」¥497(画像左)/クルマ用フレグランス「ラボン・デ・ブーン」¥693(画像右)〈ともに編集部調べ〉

こちらは、実際に筆者が使っている車用の香りケア製品。100%自然由来の香りのみを使っている「ファブリーズ ナチュリス」(画像左)は除菌効果も期待できるので、コロナ禍の今は車にも必需品です。クルマ用フレグランス「ラボン・デ・ブーン」(画像右)は、ゲルタイプで、コンパクトながら約1〜1.5ヶ月間香りが続くのでコスパが◎。同シリーズの女性から人気を集める柔軟剤入り洗剤「ラボン」の香りとリンクしているので、ウエアを洗濯する香りとコーディネートして楽しんでいます。

◆新型コロナウイルス対策に「コンパクトオゾン発生器」を

新型コロナウイルスを不活化すると注目が集まっている「オゾン」。車内にオゾン発生システムを導入するタクシー会社も増えています。

オゾンは、空気清浄機とは異なりウイルスを酸化させて不活化させるため、車内でしっかりと感染対策をしたいには特におすすめです。

「オゾンエアー サラス」¥21,780〈編集部調べ〉

筆者が今、さまざまなシーンで使っているのは「オゾンエアー サラス」。充電式で持ち歩きができるので、車で移動するときには車内にポンっと置いています。わずか約400gと軽いので、女性でも難なく持ち運べるところも優秀です。オゾンによる脱臭効果もあり、こちらを頻繁に置くようになってから、車内のにおいがクリーンになった気もしています。

◆ラウンド疲れを癒やすべく「コンパクトマッサージ機」を

ラウンド後にマッサージやスパに行っていた人でも、今のご時世では、ゴルフ場からまっすぐ家に帰る……なんてことが多いのではないでしょうか。そんなときに、疲れた身体をさくっと癒やしてくれる「コンパクトマッサージ機」が車内にあると重宝します。

「ルルド マッサージクッション」¥1,280〈編集部調べ〉

筆者がずっと愛用しているのは「ルルド マッサージクッション」。小さいながらもパワフルな“もみ玉”が、ほぐしたいパーツにしっかりアプローチします。カーアダプターも付属しているので、限られた電源しかとれない車内でも便利に使えますし、マッサージ機としてだけでなく、普通のクッションとしても使い勝手がいいので、何年も愛用中です。

まだまだコロナ禍は続きそうです。車を使う時間がこれまでより増えているならば、車内で過ごす時間をランクアップさせるのも、ハッピーな気持ちに包まれるコツに。ただでさえストレスフルなご時世ですから、ゴルフによるリフレッシュ効果をさらに補ってくれるような快適な車内をつくることができたら、ラウンドディをもっとご機嫌に過ごせそうですよね♪

<参考>
オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認

並木まき

並木まき/元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。ゴルフ歴15年のエンジョイゴルファー。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

元記事で読む