1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【既婚男性の本音】不倫相手に連絡しない3つの理由

【既婚男性の本音】不倫相手に連絡しない3つの理由

  • 2021.6.5
  • 39339 views

不倫をしている男性は、不倫相手に対して連絡をしなくなることがあります。そして、それは特に前触れもなく起こる場合が多いです。なぜ男性は不倫相手に連絡をしなくなるのか、その理由を解説していきます。

1. 単純に連絡が面倒になった

不倫をする男性の中には、飽き性の人も多いです。不倫を始めたころは熱心に連絡を取っていても、時間が経つに連れて面倒になる…といったパターンは、実は珍しくありません。

特に関係を終わらせたいとは思っていなくても、連絡だけが面倒になってやめることはよくあります。また、その時の気分で連絡するかどうかを決めるパターンもあるでしょう。

そもそも不倫相手とは、男性にとって都合の良い存在であることが多いため、ぞんざいに扱われてしまう可能性は高いのです。そんな男性優位の関係だと、男性の気分次第で連絡が来なくなり、振り回されることも多くなります。

2. 本来の連絡頻度に戻っただけ

男性は、元々あまり頻繁に連絡をするタイプではない人も多いです。ただ、不倫を始めたころは、テンションが上がって連絡の頻度が高くなることもあります。また不倫相手の気を引くために、最初だけこまめに連絡をするパターンも多いでしょう。そのため、連絡をしなくなる原因として、本来の状態に戻っただけ…といった可能性もあるのです。

これは、不倫相手との距離感を把握したり、相手が離れないことがわかったときに多く起こるケースです。いずれの場合も、不倫相手との距離が縮まった状態。

連絡がなくなったからといって、気持ちが離れてしまったり、冷めてしまったりしているわけではないパターンもあります。

3. 不倫で2股をしているから

不倫をする男性は、不倫で2股をしていることも珍しくはありません。不倫をするという高いハードルを越えられる人にとっては、不倫の中で2股をするのはそう難しくないのです。ただ、他の女性とも関係を持つとなると、時間的な余裕が確保できなくなります。

そうなると、どうしても連絡の頻度が落ちることが多くなってしまうのです。

そのため、もしも彼から急に連絡がなくなったのであれば、新しい不倫相手を見つけた可能性も考えておくべきかもしれません。また、連絡がない状態が続けば、そのままフェードアウトして新しい不倫相手に乗り換えようとしている男性の本音も垣間見えるでしょう。

元記事で読む