1. トップ
  2. ファッション
  3. デニムのレベルが上がる「ときどき着たいカラフルな柄」

デニムのレベルが上がる「ときどき着たいカラフルな柄」

  • 2021.6.1
  • 842 views

デニムが元気づく
「カラフルなヴィンテージ」

ドライな質感のデニムに彩りを添え、チアフルに飾る柄。タフなデニム素材だから似合うヴィンテージライクなテキスタイルを、品よくまとえるアイテムに落とし込み。

【画像一覧とアイテム詳細】クレジットはこちら


ビッグシルエットで脱力して装う
高発色のストライプ
コントラストがはっきりとしたストライプを、ゆったりとした開襟シャツで。ハイテンションな柄も、肩が落ちる余白でリラックス。

インディゴデニムパンツ 17,380円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 白×イエローストライプシャツ 16,500円/ズールーアンドゼファー、ハット 26,400円/SARAVAH(ともにスローブ イエナ 自由が丘店) サンダル 18,700円/TODAYFUL(LIFEs 代官山店)


「小さなえりに細やかなギンガム」
白×青のガーリーなギンガムチェック。小さめのえりも装いをスッキリ見せてくれる。


「ノスタルジックな花柄とあいまいな白」
やさしげなクリーム色とチューリップの小花柄。レトロ感とロマンティックな広がりがデニムの無骨さを補う。

▶「仕上がりイメージ別」デニムに向くトレンド柄


「ソフトなトーンでかっちりストライプ」
ピンクとグレーの相性のいい配色。太めのストライプをピンクとグレーのニュアンスカラーで中和。


「ダッドな柄とエレガントな輝き」
グリーンの共布ベルトつきガウン。ドット柄、グリーン、サテンが相まったなつかしいデザイン。薄手で軽く、コンシャスなインナーとも好相性なシルエット。

▶見た目で選ぶ前が大事?スタイリストに聞く「優れた柄」5つの条件

元記事で読む