1. トップ
  2. ファッション
  3. 気温30℃の日の「あったかい」|小さなところから夏へのウォーミングアップ

気温30℃の日の「あったかい」|小さなところから夏へのウォーミングアップ

  • 2021.5.29
  • 811 views

あたたかい季節にふさわしい「適度なぬくもり」。素肌をスタイリングの一部ととらえて、ざっくりニットや小さなファーを組み合わせた「季節はずれ」のアイディア集。

小さなところからウォームアップ!

気温の上昇にともなって「ぬくもりのある素材」の面積は小さくとどめるのが、夏に適したぬくもりとして成立させるための方程式。たとえばバッグで小さく、足元でさりげなく。直感で惹かれた「かわいい」は、夏を理由にあきらめない。

【画像とクレジット一覧はこちら】


アクセのように「ひっかけるニット」

「もの足りない」を解決してくれる、小物と服の間のような役割を担う肩がけニット。白Tよりワントーンくすんだエクリュカラーのあたたかみを利用して、愛嬌のあるカジュアルへと転換。



デコルテと対比させて「ウールハット」

ストロー素材だけが夏のハットの主役じゃない。ベアトップなど肌を露出するときこそハットの重みが都合よく働く。まろやかな色づかいによって、大胆な肌見せでもどこか上品。



冷たいグレーで「地厚なソックス」

手抜きに見せない+ソックスのひと手間を。光沢のあるシルバーとぬくもりを含んだグレーは、組み合わせることで同系色のようにとけ込む発見が。ブルーデニムの気楽なムードもくずさない。



夏らしいオレンジで「ふわもこバッグ」

ヴィヴィッドな小物をさし色にするのはもはや夏の定番。ふわふわとした質感をまとったジューシーなオレンジというだけで、シーズンレスを体現できて新鮮に映る。繊細なシルバーチェーンは取りはずし可能。



素足がよろこぶ「ファーつきサンダル」

ヌーディなアッパーやきゃしゃなストラップに映えるキャッチーなファーモチーフ。遊び心のあるデザインも、シックな黒なら大人っぽさを保てる。


似た色どうし「イエローとゴールド」

ある意味似た色どうしの鮮やかなイエローとゴールド。イエローにはシルバーではなく、ぬくもりを足すようにゴールドをアレンジ。



ニットタンクと共鳴する「クロシェ」

タンクとハット。テイストと違えど、ニットで共通させることでシンプルすぎないカジュアルに。レトロなクロシェなら、プレーンなスタイリングに深みも見込める。

元記事で読む