1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

  • 2021.5.29
  • 21304 views

お届けしている話題の中から特に反響の大きかった話題をピックアップして紹介! 今回はキレイな体型づくりのためにも参考にしたい『1週間平均3kg痩せる「食べるダイエット」』、『減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣』の2本になります。週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

1週間平均3kg痩せる「食べるダイエット」

今シーズン話題になっているダイエット法の1つが「サートフードダイエット」。ぽっちゃり体型で有名だった歌姫アデルがこのダイエット法で45kgの減量に成功するなど、ダイエット成功例も多数報告されています。

このサートフードダイエットを提唱しているのは、イギリスの栄養医学の研究者であるエイダン・ゴギンス氏とグレン・マッテン氏。彼らは“サーチュイン遺伝子”を含む食品“サートフード”を摂取することで、体内の“痩せる遺伝子”が活性化され、脂肪燃焼が促進されると説明しています。このサーチュイン遺伝子とは、本来人の体内に備わっていて代謝に大きく関係のある遺伝子で、体内にこの遺伝子が増えると抗老化作用も強化されるので「エイジングケア効果も期待できる」という嬉しいメリットもあるそうです。

となると気になるのが、「どんな食品がサートフードなのか?」ということ。ゴギンス氏とマッテン氏によれば、ケール、セロリ、いちご、玉ねぎ、パセリ、ルッコラ、ブルーベリー、デーツ、大豆、ウォールナッツ、緑茶など。また、穀物ではそば粉、油ではエクストラヴァージンオリーブオイル、スパイスではターメリック、チリペッパーが該当します。さらに、コーヒーや抹茶、さらにポリフェノールを含む赤ワインや85%以上のダークチョコレートもサートフードです。基本はこれらのサートフードをメインに食べるだけでOK。ただし、特定の食材に偏ることなく様々なサートフードの食材を幅広く摂ります。

1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

なお、やり方は「最初の1週間(1〜7日目)」と「次の2週間(8〜21日目)」の2段階に分けるのが基本。

まず「最初の1週間(1〜7日目)」。最初の3日間は1日の摂取カロリーを1,000kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日1回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日3回に摂取。その後の4〜7日目は1日の摂取カロリーを1,500kcal以内にして、サートフードをメインにした食事を1日2回、サートフードを使ったグリーンジュースを1日2回摂取します。

次の段階となる「次の2週間(8〜21日目)」は、サートフードを使ったグリーンジュースを1日に1回、サートフードをメインにした食事を1日3回摂ります。また、間食してもOKですが、間食もサートフードを摂ることが必須です。

ゴギンス氏とマッテン氏はこの内容で40人に実験を行ったところ、「1週間で平均3kgの減量効果が見られた」と報告しています。摂取できる食材が限られるという点がありますが、きちんと食べながらダイエットをしたい方はぜひトライしてみてはいかがですか?

減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

「最近、脚に贅肉が付きやすくなってきたかも…」と感じている方は少なくないと思います。そんな方こそ強化すべきパーツの1つが“股関節周り”。そこで習慣に採り入れたいのがピラティスの簡単エクササイズ【股関節スクワット】です。一般的なスクワットはお尻を落として脚の筋肉を鍛えますが、このスクワットは股関節を折り曲げて行うのがポイント。太もも裏やお尻など、股関節周辺の筋肉の強化に最適です。

(1)「ニュートラル・ポジション」をとる

1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

(2)一旦息を吸って、息を吐きながら両脚の付け根の関節を動かしながら上半身を前方に倒す

1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

(3)一旦息を吸って、息を吐きながらお尻と太ももの裏を縮めるようなイメージで上半身を最初の位置に戻す

1週間平均3kg痩せる「簡単ダイエット」&減量効果も期待できる簡単“脚やせ”習慣

これを“1日あたり15回を目標”に実践します。なお、ひざと脚の向きがそろっていない、ひざが曲がっている、脚の付け根から曲げずに背中だけを曲がっている、お尻が突き出ているといった姿勢で行っても期待する効果を得られないので注意して実践してみてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

元記事で読む