1. トップ
  2. レシピ
  3. 万年ダイエッターおすすめ!夜遅くても罪悪感なし!ヘルシーおつまみレシピ5選

万年ダイエッターおすすめ!夜遅くても罪悪感なし!ヘルシーおつまみレシピ5選

  • 2021.5.28
  • 3032 views

時間に追われて夜ごはんが遅くなった時に、とても簡単に作れてしかもヘルシーだけれど満足感を得られるごはんだったら最高ですよね。今回は、万年ダイエッターの私がよく作る、夜遅くても気兼ねせずにしかも時短で出来てしまうヘルシーおつまみレシピをご紹介致します。

アスパラと豚こま肉の青椒肉絲風

材料

豚こま肉 150~200gくらい

アスパラガス 3~5本

玉ねぎ 1/2個

赤パプリカ 1/4個(なくてもOK)

片栗粉 大さじ1~2

塩胡椒 少々

〇砂糖 大さじ1/2

〇酒 大さじ1

〇みりん 大さじ1

〇醤油 大さじ1と1/2

作り方

① 玉ねぎは薄切りにし、アスパラガスは根元の固い部分はカットしピーラーなどで少し皮をそいでおき、5㎝幅くらいにカットする。赤パプリカは1㎝幅くらいの細めにカットする。

② 豚こま肉は適当な大きさにカットし、ビニール袋に入れて塩胡椒、片栗粉をまぶしておく。

③ フライパンに油(分量外)を入れて、②を入れて焼き色が付き、色が変わりだしたら①の野菜を入れる。

④ 豚肉を裏返していき、〇を全部いれてざっと炒める。アスパラガスが柔らかくなり、お肉に火が通れば出来上がり。

味は違うのですが、見た目はちょっと青椒肉絲のように見えて、15分以内くらいで出来た簡単炒め物(笑)。

ちょうどアスパラガスが旬なので使っていますが、青椒肉絲のようにピーマンに変えても良いですよ。

こちらは簡単チーズ焼き。ほぼ同じ材料で豚こま肉を鶏もも肉に変更して(鶏肉の場合は小麦粉をはたきます。鶏むね肉を使った時はそぎ切りで。)炒めた後に耐熱容器に入れてチーズをのせて焼き色がつくまでトースターで焼くと出来上がりです。

豚肉の炒め物よりは少しカロリーがアップしますが、ワインなどのおともにもピッタリです。

作り置きにも!レンチン&混ぜるだけ!3種の野菜おつまみ

こちらは常備菜としても使えます。冷蔵庫で3日はもちますので時間のある時に作っておくと便利ですよ。

【もやしのピリ辛ナムル】と【にんじんのナムル】

材料

もやし 1袋

すりごま(なくてもOK) 適量

〇鶏がらスープの素 大さじ1/2

〇ごま油 大さじ1

〇めんつゆ 大さじ1

〇豆板醤 小さじ1/2

※にんじんのナムルの場合は人参1/4本

作り方

① もやしは洗って、耐熱容器に入れてふんわりとラップをし600wのレンジで2分加熱する。粗熱が取れたらキッチンペーパーで水気を絞る。

② ボウルに〇の調味料を入れて混ぜて置き、①のもやしを入れて和える。お好みですりごまをふりかければ出来上がり。

「にんじんのナムル」の場合は人参をピーラーなどで薄くし、(千切りでもOKです)600wのレンジで1分程加熱し、水気を取る。

作り方は「もやしのナムル」と同じです。

ちなみに、どちらともコンビニなどで販売されているサラダチキンを裂いて混ぜると、ボリュームアップになるし、タンパク質も摂れてとても美味しい一品になりますよ!

【アスパラガスの胡椒和え】

こちらはほうれん草の胡麻和えのような感じで、ほうれん草をアスパラに、胡麻を胡椒に変えた一品です。旬のアスパラガスを使った簡単副菜となります。

材料

アスパラガス 3~4本

〇砂糖 大さじ1c2

〇みりん 大さじ1

〇酒 大さじ1

〇醤油 大さじ1

黒胡椒 少々

作り方

① アスパラガスは根元の固い部分をとり、5㎝幅にカットし耐熱容器に入れて500wのレンジで1分半ほど加熱する。

② 〇をボウルに合わせて置き、そこに①のアスパラガスを入れて和えたら黒胡椒をふり出来上がり。

ヘルシーの代表!「こんにゃく」のコロコロステーキ

材料

こんにゃく 1枚(200g)

にんにく 1片

〇砂糖 大さじ1

〇みりん 大さじ1

〇酒 大さじ1

〇醤油 大さじ1と1/2

作り方

① こんにゃくはフォークやネギカッター(包丁でも)で格子状に切り込みを入れて、大き目の角切りにする。

② 耐熱容器に①を入れて、水(分量外)をかぶるくらいの量を入れ、600wのレンジで2分加熱し、水けを取っておく。

③ フライパンに②を入れて1~2分ほど乾煎りし、一度取り出す。(レンチン&乾煎りすることで、こんにゃくの臭みがなくなります)

④ フライパンに油(分量外)を引いて熱し、スライスしたにんにくを入れて、きつね色になったら取り出す。③のこんにゃくを戻して焼き目が付くまで焼く。

⑤ ④に〇を入れて、汁けがなくなるまで煮詰めたら、器に盛り付ける時ににんにくを散らして出来上がりです。(お好みで鷹の爪を入れるのならば〇を入れる時に一緒に入れる)

今回は、夜遅くなった時でも簡単に出来て、しかもヘルシー&美味しい我が家の定番ごはんをご紹介しました。

ぜひ疲れた日の1杯の時にでもお試ししてみて下さいね。

元記事で読む