1. トップ
  2. 【キャンドゥ】で発見!忙しい朝に時短が叶う“キッチングッズ”が斬新だけど超便利…!

【キャンドゥ】で発見!忙しい朝に時短が叶う“キッチングッズ”が斬新だけど超便利…!

  • 2021.9.21
  • 4797 views

朝食にバタートーストを食べる人に朗報です!「冷蔵庫から取り出したばかりのバターが固い問題」を一気に解決できるアイテムをキャンドゥで発見しました!それが「直ぬりバタースティック」です。バターナイフいらずで簡単にバターを塗れるので、熱々のバタートーストをすぐに食べられます。一体どのような仕組みなのか、早速ご紹介します。

バターを簡単に塗れる「直ぬりバタースティック」とは?

undefined

こちらがキャンドゥで購入できる「直ぬりバタースティック」です。価格は110円(税込)で、キッチンツールを扱うコーナーにありました。

バターをカットし、この「直ぬりバタースティック」に入れれば、手を汚すことなく食品にバターを塗ることができます。スティックのりの本体と同じ仕様と言えば、使い方をイメージしやすいでしょうか?

undefined

材質はポリプロピレンで、サイズは高さ約11cm x幅3.6cm x 横3.6cmです。 耐冷温度が-20度、耐熱温度が140度のため。冷蔵庫での保管も可能です。

undefined

左からフタ、回転台、ケース、回転軸。これら4つの部品で構成されています。

セットの仕方も簡単で手間いらず

undefined

使用するのはサイズ約長さ12cm x 幅6cm x 厚さ3cm、重さ200gの一般的なサイズのバターです。

undefined

回転台を当てれば、切るサイズの目安がわかります。

undefined

切ったバターを突起のある回転台に乗せ、回転軸がセットされたケースに上から入れます。切ったバターの上にフタをかぶせて押さえ、回転軸を左に回していきます。すると、バターがケースにすっぽりと収まります。

undefined

セットをするとこのような形になります。

朝のひと手間が省けます!

undefined

普段ならバターを冷蔵庫から取り出し、包丁で適切なサイズに切り、焼いたトーストに乗せてバターナイフで伸ばします。しかし「直ぬりバタースティック」があれば冷蔵庫から取り出し、フタを取ってトーストに塗るだけです。手間が省けるため、朝の貴重な時間を有効に使えます。時短におすすめです!

道具を使っても塗りづらい耐熱皿やお菓子皿にも「直ぬりバタースティック」があれば、簡単に塗ることができます。

料理をする人であれば1つは持っていたい!

undefined

一度セットすれば使い切るまでは道具不要でバターを塗ることができます。セットも包丁で一回切ればいいだけなので、手間になりませんね。

朝食にトーストを食べる人や料理をする人であれば持っていても損はないこちらの「直ぬりバタースティック」。110円(税込)以上の価値を提供してくれる斬新な商品です。


※現在発令中の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。

当該商品の購入にあたっては、不要な外出を避けるなど、安全性に配慮した行動を徹底して頂くよう、何卒宜しくお願いします。