1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【YUKI(MADKID)連載②START~アーティストになるために】

【YUKI(MADKID)連載②START~アーティストになるために】

  • 2021.5.27
  • 101 views

S Cawaii!のメンズ特集『イケメンだけ。』『イケメンだらけ。』と2号連続で登場していただき、セルフメイクやヘアアレンジ、そして私服を紹介してくださったMADKIDのYUKIさん。そのハイレベルなファッションセンスやヘアメイクのこだわりが大きな反響を呼びました。そんなYUKIさんのヘアメイクやファッション、そして音楽活動を紹介するWEB連載。待望の第2回目です!

こんばんは!

5人組DANCE&VOCALグループ ”MADKID”のYUKIです ︎。

第2回目と言うことで今回は、より詳しい自己紹介をするべく僕がアーティストになった過程から今に至るまでを話していきます。

null



~MADKIDに所属するまで~

中学3年生の頃に、僕はMichael Jacksonを皮切りにK-POPなどの音楽に魅了され、ダンスと歌、ラップを独学で始めました。

そして東日本大震災により学校に行けない日々が続き、地震に対して過剰に反応してしまい精神的にもダメージを受けていました。
そんな時も憧れのアーティストの映像を見て、真似て、自分の部屋で踊って歌う事が僕の唯一の生き甲斐でした。

当時は現在のような華やかなオーディション番組は少なく、ただ漠然と
”大きなステージで歌って踊りたい!”
と言う夢を持ちながら、大学の受験勉強をはじめ、何をしていいかもわからないまま、
ただ練習と勉強に明け暮れる日々でした。

そして大学に無事合格して数ヶ月後、1番影響されたBIGBANGが所属するYGエンターテインメントの日本人限定オーディションに参加し、運良く最終試験まで進むことができました。しかし結果は合格者ゼロ。
ですがそこでの出逢いをきっかけに、紆余曲折を経てMADKIDというチームで活動を始めることになりました。

null



~現在に至るまで~

現在はSNSの急速な普及によって、自己プロデュース能力で誰もが輝ける時代になりました。
だけど僕らが活動を始めた当初はその狭間の時代で、"事務所やレーベルに所属してることが世間に出るための条件"。
そんな空気があったと思います。

男性のダンスボーカルグループというジャンルに対しても認知度が少なく、地下アイドル、K-POPのパクリ、そんなレッテルを貼られる事も多かったです。

活動当初は周りからもお遊びのような目線で見られていたのを今でも覚えています。
大学とバイトとMADKIDの活動、自費でダンススクールやボイトレに通い、自分のキャパを考えずに生活して、3回も倒れ入院も経験しました(汗)。

ただ、その中でもメンバーと試行錯誤しながら地道にライブ活動を続けて3年が経つ頃に、現在のレーベルの方(今のプロデューサー)に偶然ライブを見ていただく機会があり、そこからお話を頂いてメジャーデビューすることができました!

2019年にはTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』のオープニングを担当させて頂いたことで海外の方にも少しずつ知って頂けるようになりました。

そして昨年、より自由にボーダレスに僕らのやりたい音楽を実現するために以前所属していた事務所を独立し、現在に至ります。

null



~変化~

活動を続ける中で、歌やラップ、ダンスそしてメイク、ファッションは、どれも自分を表現する手段になりました。

どの業界においても”実力”というものはとても重要な事ですが、”自分のなりたい理想像”を明確にすることがさらに大事だと感じるようになりました。

長くなってしまいましたが…、年齢や性別に関係なく、色んな角度から人々を魅了できる、そんなエンターテイナーに絶対なるので、楽しみにしててください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次の更新は、6月17日(木)を予定してます。

ほなね

null



【MADKID Information】
2021年7月7日(水)
5th SINGLE
『Gold Medal』
発売決定!

[Type-A]CD+DVD 1800(TAX IN)
[Type-B]CD 1300(TAX IN)

 
YUKIさんが掲載された、『S Cawaii!特別編集 イケメンだらけ。』好評発売中です!

null



【書誌情報】
『S Cawaii!特別編集 イケメンだらけ。』
価格:本体980円+税
判型:A4変版
ISBN::978-4-07-447617-6
発売日:2021年4月22日
発行:主婦の友インフォス
発売:主婦の友社

元記事で読む