1. トップ
  2. おでかけ
  3. 埼玉〈西武園ゆうえんち〉がリニューアル!昭和街にタイムスリップ!

埼玉〈西武園ゆうえんち〉がリニューアル!昭和街にタイムスリップ!

  • 2021.5.26
  • 6289 views

埼玉県所沢市にある〈西武園ゆうえんち〉は、開業70年記念事業としてリニューアルし、5月19日にグランドオープン!1960年代の商店街を再現した「夕日の丘商店街」や、新ライド・アクション「ゴジラ・ザ・ライド」、ファミリーエリアの「レッツゴー!レオランド」など、「心あたたまる幸福感」をテーマに、活気あふれる遊園地へと生まれ変わった〈西武園ゆうえんち〉をレポート!

都心から約1時間!ゲートをくぐって昭和60年時代にタイムスリップ!

新しく生まれ変わった〈西武園ゆうえんち〉は、ゲートをくぐると活気・元気・熱気がほとばしる 1960 年代にタイムスリップ!昭和を知る人には懐かしく、知らない人には新鮮な世界が広がります。

ゲート前では「長崎電気軌道」から譲渡されたという路面電車がお出迎え。

商店街には昭和レトロな歌謡曲が流れ、活気にあふれています。近頃は大型のスーパーや商業施設が増え、寂れてまった商店街も多いですが、昔は野菜は八百屋、お肉は肉屋で買うのが当たり前でした。

エモーショナルに揺さぶる“心あたたまる幸福感に包まれる世界”へ!

30もの店舗が立ち並ぶ「夕日の丘商店街」は、2階部の物干しに靴下が干され、入口にガスや電気のシールが貼ってあるなど、そこに暮らす人たちの生活感までも演出。店先に並ぶ商品など細部にまでこだわった世界観設計は圧巻です。

まだファミコンですらなかった60年代の子どもたちが、どんなオモチャで遊んでいたかも知れる。
電話ボックスや携帯電話がなかった時代は、たばこ屋さんにある赤電話から電話をしていた。
左から、電気屋、薬屋、豆腐屋。
雑貨店ではお土産が買える。
店先の鮮魚などもリアル!
コロッケが自慢のお肉屋さんからはいい香りが漂う。
お調子者のお巡りさんはパトロール中。
懐かしいおもちゃは、今遊んでも楽しい。
昔はお風呂のない家もあったそう。

60年代に本当に使われていた家電や雑貨なども展示されているので、その頃の時代背景を知ることができます。

2種類の園内通貨を使って「昭和グルメ」を食べ歩き!

©TEZUKA PRODUCTIONS

〈西武園ゆうえんち〉内のお買い物は「西武園通貨」がマストアイテム! チケット売場で、通貨を購入します。商店街にある夕日丘郵便局で追加換金もできますが、今日は思いっきり満喫するぞ!という時は、入園前だけ購入できるお得な「丸得 1日レヂャーパック」おすすめ。
通貨は50園が600円(1園=12円)なので、百園札が1,200円、拾園札が120円という計算に。何だか海外旅行みたい??

「喫茶 ビクトリヤ」では、喫茶店の定番、「クリイムソーダ」(50園)や、熱々の「スパゲッティ・ナポレター」(90園)、口の中が幸せいっぱいで満たされる「ゼリイポンチ」(60園)などが味わえる。
ヴァニラの香りとコクのあるリッチなアイスと強炭酸のソーダがたまらない「クリイムソーダ」。
宝石のような見た目の「ゼリイポンチ」は、フルーツの風味が豊かなゼリイと丹沢山系の天然水から作られた「丹沢サイダー」との相性バツグンなスイーツ。
北海道産小麦を使ったもちもち太麺に、門外不出の特製ケチャップソースとデミグラスを加えて作った「スパゲッティ・ナポレターナ」は隠し味にバターを使用。コク深い味わいのナポリタンです。

「食堂 助六屋」では、「丹心中華そば」(70園)、「ソースかつ飯」(90園)、「わんさフライ定食」(100園)、「豚の生姜炒り定食」(100園)など、昔ながらの食事が味わえます。

食堂 助六屋の「ライスオムレツ」。
食堂 助六屋の「ライスカレー」。ルーが黄色いのがポイント。
コロッケが自慢のお肉屋さんからはいい香りが漂う。
肉のおほみの「クロケット」(コロッケ)。メンチカツもアリ(各 30園)。
バーン!!と大きい音が鳴って「ポン菓子」のできあがり。
お米屋さんで生米を買ったら「ポン菓子」コーナーへ。

「フレンズクルー」によるパフォーマンスに驚きの連続!!

この商店街は単に古い町並みの再現だけではなく、突如としてライブ・パフォーマンスが繰り広げられる一大舞台空間になっています。ピンクのカワイイ服を着た女の子は、喫茶店「ビクトリヤ」の看板娘の”薫ちゃん”です。歌手を目指す薫ちゃんは、商店街のあらゆる場所で歌謡ショーを始めます。

ちんどん屋がお楽を奏でると突然踊り出すお巡りさん。このお巡りさんのアクロバットなパフォーマンスにもご注目!
紙芝居やさんの“客いじり”に笑いが止まらない。
叩き売りのパフォーマンスだけでなく、ジャグリングも楽しめる「八百屋」。

ついさっきまでちんどん屋さんや薫ちゃんと踊っていたお巡りさんが、突如として泥棒とのバトルを繰り広げるなど、至近距離でのアクロバットなパフォーマンスを展開!ゲストも巻き込むパフォーマンスは見逃せない……いいえ、見逃させてくれないほど巻き込んできますので、思い切って一緒に楽しみましょう。

ゴジラの世界初!大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が新登場!

夕陽に照らされる位置に建てられた「夕陽館」。

「夕日の丘商店街」を見下ろす丘の高台に建つ、映画館「夕陽館」に、“ゴジラ”をテーマにした世界初の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が登場!

TM& © TOHO CO.,LTD.

商店街から見える小高い丘に建つ映画館「夕陽館」。いつもと変わらない平穏な日常の中、突如現れたのは、謎の巨大生物・キングギドラ。館内の緊急放送で、キングギドラ以外にも、さらなる謎の巨大生物が接近していると知ります。そして、館内に来た特殊災害対策部隊に誘導され、『特災対』の特殊装甲車に乗りこみむという流れになり、あれよという間にゴジラとキングギドラの激闘に巻き込まれていきます。

次々に襲われる絶体絶命のピンチに、息をつく暇もないほど振り回されます。予想を超える理不尽な展開に、思わず「なんでーーーー!?」と、叫んでしまうかも!?
最初から最後までヒヤッ!としっぱなしで、身体にギュッと力が入ってしまいますが、ここは思い切って身を任せてみて! メチャクチャ振り回されますよ!

キングギドラがしつこいんじゃ!(泣)
ゴジラは敵?味方?どっち??
懐かしのバイキング。
西武園名物!「オクトパス・アドベンチャー」。
『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』のキャラクターと行く冒険アトラクションが集合!「レッツゴー!レオランド」。

新しく登場したアトラクションの他に、西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や、「メリーゴーラウンド」、「回転空中ブランコ」、「バイキング」、「オクトパス・アドベンチャー」など、昔ながらのアトラクションも楽しめます。
コロナ禍でお出かけするのも憚られますが、いつか行きたいお出かけスポットリストに〈西武園ゆうえんち〉も追加してみて!

〈西武園ゆうえんち〉
埼玉県所沢市山口2964
04-2922-1371
10:00~20:00
公式サイト

元記事で読む