1. トップ
  2. スキンケア
  3. おばさん化注意!年齢より老けて見える外見ポイント5つ

おばさん化注意!年齢より老けて見える外見ポイント5つ

  • 2021.5.24
  • 60416 views

ただ「若くいたい」と思っているだけでは、自分に自信を持つことは難しいのかもしれません。

少しずつでも見た目年齢をアップさせて、あなたの魅力をアピールしましょう。

今回は、「年齢より老けて見える外見ポイント」を5つご紹介します。

おすすめのケアや魅力アップのワンポイントをぜひチェックしてみてくださいね。

目元の乾燥と小ジワ

「遠くからみているとわからないけど、近くで話すと『けっこう、シワがあるな……』って気付くことがあります」(24歳/男性/アパレルメーカー勤務)

目元を老けさせる原因は、乾燥による肌の負担やダメージ、ハリの衰えなど。

洗顔後は、目元の保湿を欠かさないことが乾燥を防ぐポイントです。

アイメイクを落とすときも、ゴシゴシこするのはNG!

栄養や美容成分、水分などがしっかり行き届くよう、血行をよくするマッサージも大切です。

目の周りだけでなく、頭皮も含めた顔全体のマッサージを意識すると、より効果的ですよ。

手や指の乾燥&爪の状態が悪い

「一緒に食事にいくと、意外と手元ってよく見えるんですよね。
乾燥していたり指のシワが目立っていたりすると、年齢が気になってしまいます」(28歳/男性/看護師)

男性から意外と見られている手指。

うるおいが足りないと、シワも目立ちやすくなりますので、乾燥しやすい季節は、小まめにハンドクリームなどでケアをしておきましょう。

また、指先や爪のツヤが良ければ、それだけで男性がドキッとすることもあります。

ネイルを楽しんでいる方も、爪のお手入れ&保湿を忘れずに。

水を使う仕事や家事の際は手袋を着用し、腕から指先にかけてマッサージをするのもおすすめです。

髪の生え際がお手入れ不足

「以前デートした女性は、髪の生え際に白髪が見えていて……。
ちょっとボサボサした感じだったので、正直マイナスイメージでしたね」(32歳/男性/飲食店勤務)

髪自体のお手入れを頑張っていても、生え際は大丈夫ですか?

チェックポイントは、もみあげ部分や耳の後ろ、うなじ、前髪の生え際など。

おでこの産毛がボサボサしている、白髪が見えている、痛んだ髪が伸びている、といったことがないか毎朝チェックしておきましょう。

あごや首元の乾燥とハリ不足

「綺麗にメイクをしている職場の先輩ですが、どうしてもあごの下から喉元までの肌の色と、顔の色との差が気になってしまいます」(29歳/男性/会社員)

あごから首元にかけてのお手入れがおろそかになっていると、せっかくのメイクも台無しになってしまうかもしれません。

顔と同じくらい肌が外気にさらされている部分でもあります。

首と顔の筋肉を鍛えるストレッチや、保湿を忘れずにしておくことで綺麗な首回り維持できるかもしれません。

首や肩、背筋の角度(姿勢)

「ネットで知り合った年下の子。可愛い子なんですが、姿勢が悪くもったいない感じです」(27歳/男性/フリーランス)

スマホをよく触っている方は要注意!

気が付くと前かがみの姿勢ばかりで、猫背や、巻き肩になっているかもしれません。

体のラインを美しく保つためにも、定期的に姿勢を伸ばして、適度な運動やストレッチをしましょう!

小さな習慣が若さの秘訣!

面倒くさいと、ついつい体のケアをサボってしまうもの。

でも、その小さな積み重ねが大きな幸せに繋がるかもしれません。

年齢よりも若く見える外見キープを目指して、今日から始められる美容習慣を身につけてみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む