1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【マクドナルド】話題の人気商品をさらにおいしく食べられる!?知っ得裏技3つ

【マクドナルド】話題の人気商品をさらにおいしく食べられる!?知っ得裏技3つ

  • 2021.5.18
  • 9322 views

人気の「ベーコンポテトパイ」が今年も復活! 6月上旬までの期間限定で楽しめます。そのまま食べてももちろんおいしいけれど、せっかくならいろんな味を試したい! 今回はいろんなソースと一緒に実食! 果たして結果は……?!

期間限定!「ベーコンポテトパイ」

ベーコンポテトパイ 150円(税込)

1990年に初登場して以来30 年以上愛されている大人気の「ベーコンポテトパイ」。カウンターで受け取ると、ほんのりあったかい♪

奥田民生さんの「イージュー★ライダー」が流れるあのCM、もうご覧になりましたか?


今年は、「ベーコンポテトパイが初登場した1990年代を思い出して、ほっこりと懐かしい気持ちになって欲しい」という想いが込められているそう。

1990年代に流行った「ポータブルオーディオプレイヤー」「インスタントカメラ」「ほっこりときめく漫画」「トレンディなドラマ」などをモチーフにした9種類の数量限定パッケージが楽しめるという、なんともエモい演出♪


まさに世代の私は、テンション上がりつつ、ちょっぴり懐かしい気持ちに。


ほんのり温かいサクサクのパイの中には、具材がたっぷり!

甘いポテト、良い香りのベーコン、オニオンなどの具材と、クリーミーなフィリングが詰まっています。

一口食べると、サクサクのパイと、とろとろの具材がたまらない! ベーコンの香ばしい香りと、ポテトの甘さ、まろやかなクリームが口の中いっぱいに広がります♪ さすが、30年も愛されているおいしさです。

ベーコンポテトパイとあわせて試したい裏技3選

そのまま食べてももちろんおいしい「ベーコンポテトパイ」。でもオーソドックスなお味だからこそ、ソースをつけたらさらにおいしいんじゃ……?! そこで今回は、ケチャップとナゲットソースをつけて実食! 一緒に試したい裏技もあわせてご紹介します。

裏技1:カトラリーを無料でもらえる

メニューを注文の際、「カトラリーをください」とお願いすると、無料でスプーンやフォークなどのカトラリーをいただけます。
子どもと一緒に分けて食べたり、手を汚したくないときにとっても便利♪ ぜひご利用くださいね。

裏技2:「+ケチャップ」でさらにおいしい♪

今回、マックチキンナゲットのハッピーセットを購入。サイドメニューのポテトを注文する際に、ケチャップを追加でいただきました。

まずはベーコンポテトパイに、ケチャップをつけて食べてみることに。

ポテトやベーコンにケチャップが合わないはずがありません……!

まろやかなベーコンポテトパイにケチャップの酸味が少し加わり、おいしい♪ 味変したいときにおすすめ。

裏技3:「+ナゲットソース」も相性がバツグン!

チキンマックナゲットを購入すると、ナゲットのソースは2個まで無料でいただけます。注文の際にお願いして、「バーベキューソース」と「マスタードソース」の2種類をいただくことに。

マックチキンナゲットを購入しない場合でも、ソースは1つ30円で購入可能です。

まずはおなじみの「バーベキューソース」から。

バーベキューソースの甘みと、ベーコンポテトパイのクリームが絶妙にマッチ♪ 味が少し濃くなるので、バーベキューソースをつけるなら少しでいいかも。甘めの味わいで、わが家の子どもたちにも好評でした。

続いて少し辛さが効いた「マスタードソース」。

辛味が苦手な私はあまり選ばないソースなのですが、「ベーコンポテトパイ」につけて食べてみると、最高においしい! 甘めのベーコンポテトパイに、マスタードソースが相性バツグン!

ケチャップ・バーベキューソース・マスタードソースの中で、私はこのマスタードソースが一番合うと思いました♪

今回は新作「ベーコンポテトパイ」をさらにおいしく食べる裏技をご紹介しました。30年も愛されているこの商品、そのまま食べて良し! 味変しても良し! 6月上旬までの期間限定なので、気になる方はお早めに♪ テイクアウトやデリバリーもできますので、ぜひ利用してみてはいかがですか。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。


著者:福島絵梨子

新しい物、便利なグッズが大好きなライター。女子力の高い娘と甘えん坊の息子、誰よりも子どもっぽい夫との4人暮らし。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています。

ベビーカレンダー編集部/ライフスタイル取材班

元記事で読む