1. トップ
  2. 恋愛
  3. 5月後半(5/15~5/31)の恋愛運ランキング・1位のさそり座は好調期のスタート

5月後半(5/15~5/31)の恋愛運ランキング・1位のさそり座は好調期のスタート

  • 2021.5.15
  • 26316 views

14日にラッキースター木星がうお座に移動します。

恋のチャンスポイントや興味の対象が変わるかもしれません。

また、26日はいて座の月食。去年末から頑張っている人には最終結論が出そうです。

そんな5月後半の恋愛運ランキングをまずは11位から見ていきます。

11位:かに座

やる気は高まるのですが、恋愛にエネルギーが注がれにくい時期です。

行動を起こすまえに考えすぎて、何もしないまま時間だけが経ってしまうかもしれません。

それでも25日は、すべてのタイミングがピタリと合って運命が動くはず。

デートやアプローチをするには良い日ですし、フリーの人は好みのタイプと知り合える可能性も。

あまり期待していなかった友人の紹介に思わずドキッとさせられる……そんな展開もありそうです。

10位:おひつじ座

5月後半は、恋愛にあまり動きがなく淡々とした時期になりそうです。

意識はどちらかというと内向きで、積極的にアプローチするより、ひとりで考え事をしたくなるかもしれません。

自分自身とじっくり対話するには良い時期なので、焦らず心の軸を固めることに専念するといいでしょう。

26日以降は、過去のわだかまりや苦手意識を乗り越えて自信がつきます。

いろいろと思うところがあっても、自分の魅力を信じて気後れしないようにしましょう。

9位:おうし座

人間関係に広がりが出てくる時期です。

フリーの人は友だちの友だち、同僚の知人など、すでに親しい人をつてに新しい出会いが生まれるはず。

周囲とは良い付き合いを保つとチャンスを引き寄せやすくなります。

好きな人がいるなら、ハキハキと自己主張すると良さそうです。「こんなこと言ったら変に思われるかな?」と遠慮したくなることも、きちんと言ったほうがいいでしょう。

自分が思うほど相手は気にしていませんし、ズバリ伝えるからこそ打ち解けられる部分があるようです。

8位:やぎ座

アクションを起こすなら20日までがいいでしょう。

そのあとは仕事が忙しくなって、恋愛に集中できなくなるかもしれません。

五月病になりやすい時期ですが、自分の心とよく対話してテンションが落ちこまないように気をつけて。

好きな人がいる人は堅くなりすぎないことが恋を進めるカギに。

寛容に構えて、何事も柔軟に受けとめるといいでしょう。

フリーの人は「仕事関係者だから」「趣味でつながる友だちだから」と決めつけて心にブレーキをかけないように。

もっと自由に考えると、恋の可能性が広がるはずです。

7位:ふたご座

持ちまえの魅力が光る時期です。

モテキャラを演じるより、素の自分を見せたほうがうまくいくでしょう。

「私はこれでいいんだ」と自信がついて、堂々と振る舞えるようになるはずです。

26日は大切な人をしっかり見極められるタイミングです。

好きな人がいるなら今以上に深い関係が築けるでしょうし、フリーの人は長く付き合えそうなお相手との出会いが期待できます。

また、5月後半は仕事やライフワークが忙しくなるかもしれません。

恋愛とのバランスをうまく取ることが大事です。

6位:しし座

26日は恋の分岐点になります。

これまでの努力が報われるか、あるいは「ここをもっと頑張らないと」と気づくタイミングになるでしょう。

いずれにしても、自分がこれから恋愛にどう向き合えばいいかがわかるはずです。

好きな人がいる場合、関係が落ち着きやすく安定する時期に入ります。

恋人との間に結婚を考えているなら、具体的な話をはじめるといいかもしれません。

フリーの人は、仕事関係者や年上に注目してみましょう。やや堅めな付き合いに、恋の可能性が見出せるはず。

5位:うお座

5月後半から7月までは全体的に運気がアップします。

いろいろと頑張りたいことが出てくるので、恋の優先順位を正しくつけましょう。

この半月は勢いに乗ることがカギになります。

「いける」と思ったら遠慮しないでガツガツするくらいがちょうど良いかもしれません。

25日はチャンスデー。モテるテクニックを駆使するより、ありのままの自分を見せたほうがうまくいくでしょう。

ただ、26日が仕事のターニングポイントになるので、月末にかけては恋と仕事のバランスを大切にして。

4位:いて座

パートナーシップ運が高まる時期です。

好きな人がいるなら何となくのノリで近づくより、礼儀正しく「仲良くなりたい」という意志を示したほうがいいでしょう。

異性として気に入ってもらうだけでなく、ひとりの人間として好感を持ってもらうと関係が深まるはずです。

5月後半は自分軸の見直しがたびたび求められるかもしれませんが、26日は意識を変えるのに良いタイミングです。

自分のキャラがわからない、好きな人にどういうスタンスで向き合うべきか迷う……という人はじっくり考えて答えを出すといいでしょう。

3位:みずがめ座

21日からは主体的に動くといいでしょう。

自分がどうしたいかを軸にして、相手に合わせすぎないように。

自分で考えて行動すると思いどおりの進展が望めるはずです。

また好きな人とじっくり話したい人は、月末までに2人きりのシチュエーションを作ってみて。

価値ある対話ができそうです。

ばくぜんと「恋したい」と思うだけで自分の気持ちが把握しづらかった人は、この5月後半からハッキリしてきます。

どんな恋愛を求めるのか、誰が好きなのかが明確になってくるでしょう。

2位:おとめ座

好きな人との関係が深まりやすく、出会いにも広がりが出てくる時期です。

「このくらいでいいか」と妥協すると損をするので、貪欲にガツガツするくらいがちょうど良いでしょう。

交際中の人は7月まで恋人とラブラブムードが楽しめるはず。気負わず、ゆったりと2人の時間が楽しめそうです。

いっぽうで、21日からは何かとスポットライトを浴びやすくなり忙しくなるかもしれません。

「恋か仕事か?」と選択に迫られてこまったら、友人にアドバイスを求めたり、同僚に助けてもらったりするといいでしょう。

……ラストは1位と12位。12位は開運アドバイスも一緒にチェックしましょう。

1位:さそり座

恋愛運が底あげ状態に。好調期がはじまるので遠慮しないことが大切です。

フリーの人は、積極的に出会いの種まきを。

SNSやマッチングアプリ、雑談ツール、オンラインイベントなど活用できるものはすべて使ってみましょう。

あちこちに顔を出して、自分の存在を見つけてもらうことが恋につながります。

好きな人がいるなら、20日までに今よりも関係を深めるつもりで。

月末にかけては、ドキドキすることより落ち着いて信頼を深めることを優先しましょう。

12位:てんびん座

堅実に恋を進めていく時期です。

スピード感はあまりないものの、地に足をつけた進展が期待できるでしょう。

好きな人と曖昧な関係になっているなら、26日以降に話し合いをすると良さそうです。

返事待ちの状態にある人も、月末には答えが出るはず。

ただ、この時期は仕事やプライベートが忙しくなりやすく、優先順位がつけにくいかもしれません。

交際中の人はバタバタしても恋人にはマメに連絡を入れて、心が離れないようにしましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む