1. トップ
  2. ダイエット
  3. 3種の体質タイプから選べる「アーユルヴェーダハーブティー」が発売!

3種の体質タイプから選べる「アーユルヴェーダハーブティー」が発売!

  • 2021.5.13
  • 1248 views

BORDERLESS FARMと、ヘアー・エステティック・アーユルヴェーダサロンの運営を行うHIGUCHIリーディングがコラボレーションし、アーユルヴェーダの世界を表現したハーブティー3種を発売中だ。

スリランカ発祥の伝統医療アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは、5000年の歴史を持つインド・スリランカ発祥の伝統医療。瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブを用いた食事療法などを毎日の生活に取り入れて病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としている。

アーユルヴェーダの世界では、人は大きく3つのタイプ「ヴァータ、ピッタ、カパ」に分けられ、それぞれの意味は「風、火、水」となる。これらのタイプは体の不調にも通じており、ヴァータ(風タイプ)は不安になりやすい・乾燥しやすい、ピッタ(火タイプ)は火照りやすい・攻撃的になりやすい、 カパ(水タイプ)は常に眠たく感じやすい・やる気が停滞しやすいと、タイプ別におちいりやすい悩みがあるという。

安らぎを届けてくれるハーブティー

今回登場したのは、農薬や化学肥料を使用しない高品質なハーブをたっぷりつめこみ、香り高く、パンチのある仕上がりのハーブティー3種。不調を感じる日に、そっと寄り添えるようなブレンドを考え、ハーブティーがはじめてという人でも楽しめるよう、飲みやすさと美味しさにもこだわっている。

「Vata ヴァータブレンド」は、カルダモン・ジンジャーが体を温め、優しくローズが香る、ヴァータ(風タイプ)のためのハーブティー。焦りや不安を落ち着かせ、普段通りに整えてくれる。

ピッタ(火タイプ)のための「Pitta ピッタブレンド」は、リコリスの甘さとハーブの爽快感をベースに、すっきりとしたレモングラスを加えたハーブティー。イライラを鎮め、体に溜まった熱の放出をサポートしてくれる。

「Kapha カパブレンド」は、スパイス中心のブレンドで、体に適度な刺激を与えてくれるカパ(水タイプ)にピッタリのハーブティー。カモミール・エルダーフラワーの香りが気分を持ち上げ、前向きな姿勢に導いてくれる。

3種の体質タイプから選べる「アーユルヴェーダハーブティー」を飲んで、体の不調をサポートしてみては。販売は、HIGUCHIオンラインショップにて。

元記事で読む