1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「俺って遊びなの…?」男性に誤解されやすい言動とは

「俺って遊びなの…?」男性に誤解されやすい言動とは

  • 2021.5.11
  • 1106 views

最初は仲が良くて順調だったのに、ちょっとした言動や行動がきっかけで、相手を不安にさせてしまう場合があります。

彼が「俺って本命?それとも遊び?」と思っていることに気づいていないことも……!

そうなってしまっては、お別れは時間の問題なのかもしれません。

悲しい別れを迎える前に、男性に誤解されやすい言動や行動にはどんなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

外見やスペックを気にした発言

「性格が合う人と付き合いたい」と思っていても、ついつい相手のスペック(会社の肩書き、年収等)が気になってしまう人もいるのではないでしょうか?

気になってしまうのもわかりますが、たとえば「お家ってどこ?広さってどれくらい?家賃は?」「車は何乗っているの?」など、

そういった類の質問は、交際前のデートでは相手の男性が不快に感じる場合があります。

聞かれた男性は「え?お金目当て?俺のスペックが好きなの?」と、テンションが下がってしまうかも……。

連絡の取り方でかけ引きをする

LINEや電話といった連絡の取り方でかけ引きをして、相手の気をひこうとすることもあるでしょう。

ただ、あまりにもかけ引きをしすぎると、相手の男性から「俺、相手にされてないんじゃないかな?」「もしかして彼氏できちゃったのかな?」

「俺って浮気相手かキープなのか……?」と、あなたの気持ちがわからず疑われてしまいます。

コンスタントにLINEを続けていたと思ったら数日無視したり、ハートの絵文字をたくさん使ってきたと思ったら絵文字なしの素っ気ない文章になったり……

これでは相手の男性も疲れてしまうでしょう。

誤解されたくないと思っているのなら、連絡の取り方で恋のかけ引きはやめておいた方がいいですよ。

いつも受け身でいる

受け身すぎる態度も、された側の男性に誤解を与えてしまうかもしれません。

恥ずかしくて自分から連絡できない、会っているときも目を合わせられない……。

それでは、相手の男性も「俺ってほんとは、好かれてないのかな?」「脈ナシかな?」と不安になってしまいます。

交際に発展をさせたいのなら、脈ナシと勘違いされないよう気をつけましょう。

会ったときにうまく態度で表せない場合はLINEで好意をにおわせるなど、ちょっとした意識づけが必要です。

会うタイミングがない

仕事や趣味に忙しくてあまりデートできないのも、男性からすると「俺って遊び?本当は本命彼氏がいるんじゃ?」と、誤解させてしまうかもしれません。

勘違いや誤解をされないためには、なるべくマメにLINEをしたり電話をしたりして、避けてるわけじゃないこと、他に本命彼氏がいるわけじゃないことを伝えた方がいいでしょう。

あまりにもデートの回数が少ないと、どんな男性だって不安になるのでね。

忙しいなら忙しいなりにフォローしてあげたほうが、交際につながりやすいし、交際後も続きやすいですよ。

交際前は慎重に!言動に要注意

交際後ならまだしも、交際前に誤解をされたら、誤解を解くのにエネルギーと時間がかかります。

恋愛温度が下がったり、誤解されちゃうようなことは交際前にはできるだけ避けましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む