1. トップ
  2. スキンケア
  3. 美肌が欲しい大人女子は集合!輝く肌を作るケア&メイク術

美肌が欲しい大人女子は集合!輝く肌を作るケア&メイク術

  • 2021.5.10
  • 1470 views

あなたのお肌の状態をチェックしてみよう

あなたのお肌の状態をチェックしてみよう
出典:byBirth

朝起きて洗顔する前後に、自分のお肌の状態をチェックしてみましょう。このとき、暖色の電球や蛍光灯の下ではなく、なるべく自然光のもとでチェックするとよいでしょう。

以下では、具体的な手順に沿ってお肌のチェック方法をご紹介していきます。

STEP1:洗顔前のすっぴん肌を目でチェック

まず洗顔前のお肌をチェックして、すっぴん肌が明るく輝いているように見えたら好調。昨晩のスキンケアや日々のケアがしっかり浸透していると思ってよいでしょう。

STEP2:洗顔前のすっぴん肌を触ってチェック

次に、すっぴんの状態のお肌を手で触ってみましょう。このとき、お肌の質感がうるおいを感じるような“もっちり”・“しっとり”した肌触りであれば好調です。

STEP3:洗顔後の肌触りをチェック

最後に、洗顔後のスキンケア時にお肌の肌触りをチェックしていきましょう。頬など広い範囲に化粧水をのせた際に、弾力を感じれば好調です。

輝く肌を手に入れるためのスキンケア術

輝く肌を手に入れるためのスキンケア術
出典:byBirth

この章では、洗顔前後のお肌チェックで不調を感じた際におすすめのスキンケア方法をご紹介していきます。朝のスキンケアにひと手間をプラスして、お肌のコンディションを整えていきましょう。

お肌がくすんでいる気がする場合

お肌のくすみが気になる原因のひとつに、お肌の表面に不要な角質が蓄積して凸凹しているという可能性があります。お肌の表面が凸凹していると、光を受けた際にキレイに反射させることができずに、お肌が暗く感じてしまいがちです。

そんなときは、不要な角質や毛穴の汚れをリセットするための酵素洗顔料を使う方法をおすすめします。お肌の淀みを一掃して、透明感ある素肌を手に入れられるでしょう。

お肌が乾燥している気がする場合

朝のお肌が乾燥しているように感じている場合は、化粧水で与えた水分をしっかり閉じ込められるようにケアしていきましょう。具体的には、フェイスオイルの活用がおすすめです。

ただし、フェイスオイルを過剰に使った状態でメイクをすると、メイク崩れの原因となりかねないため、乳液にフェイスオイルを1~2滴プラスして、いつもの乳液をパワーアップさせる方法が最適です。フェイスオイルの油分で、お肌がしっとりと柔らかくなる相乗効果も嬉しいところ。

お肌がしぼんでいる気がする場合

お肌を触った際に弾力を感じず、しぼんだように感じる場合は、エイジングケア系のスキンケアアイテムの力に期待!特に、リフトアップ効果が期待できるアイテムの使用をおすすめします。

しぼんだお肌をプリッと引き上げて、ハリのある健康的なお肌に導いてくれるでしょう。

お肌が硬い気がする場合

お肌を触った際に、質感が硬くなっているように感じる場合は、“ほぐしケア”を取り入れましょう。なぜなら、硬い状態のお肌にスキンケアを行っても、正常通りに栄養が浸透しにくいからです。

スチーマーを持っている場合はスチーマーを浴びてお肌の強張りをほどき、スチーマーが無い場合はレンジで濡れたタオルを温めてホットタオルを作り、お顔を覆ってほぐしていきましょう。

触ったときに、ふわふわと柔らかくなったように感じればOKです。

輝く肌を手に入れるためのメイク術

輝く肌を手に入れるためのメイク術
出典:byBirth

この章では、スキンケアで整えたお肌を最大限に活かし、透明感溢れる輝くお肌を手に入れるメイク術をご紹介していきます。せっかくすっぴん状態のお肌を整えたのに、過剰なメイクで肌質をカバーし過ぎてしまうのはもったいない!

自然光のもとで最大に素敵なあなたに変身するためのメイク術をチェックしてみてください。

透け感下地とカバー力ファンデを使い分ける

冒頭でもご説明したように、過度なベースメイクは透明感を損なう原因になりかねません。そのため、ケースバイケースで使用するベースメイクのコスメを使い分けるとよいでしょう。

具体的には、普段のオフィスワークや休日であれば、薄いベージュ系の化粧下地のみでナチュラル仕上げに。夜に外食する場合は、暗い光の下で見た際に影を感じないように、カバー力を重視したファンデーションで仕上げる使い分け方法をおすすめします。

カバー力のあるファンデーションは、ツヤ感を感じる使用感のアイテムを選べば透明感を損なわず、上質な肌感を演出できます。

ポイントメイクは黄ばみ・くすみ系カラーを避ける

ポイントメイクのカラー選びは、顔が暗く見えないように黄ばみやくすみの無いカラーを選びましょう。健康的で透明感のある肌感を演出するのであれば、血色系のコーラルカラーがおすすめです。

春・夏は、赤みの入ったジューシーなオレンジ系のカラーでヘルシーな印象にチャレンジするのもよいでしょう。

輝く美肌を手に入れよう!

輝く美肌を手に入れよう
出典:byBirth

忙しい朝は、スキンケアやメイクもドタバタと終わらせてしまうことも少なくないのではないでしょうか?少し早起きして自分の素肌と向き合うだけで、あなたの理想の肌感へと近づける可能性がぐぐっと高まるはずです!

ぜひこの機会に、輝く美肌を手に入れるスキンケアとメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む