1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「東松戸ゆいの花公園」で季節の花を楽しもう

「東松戸ゆいの花公園」で季節の花を楽しもう

  • 2021.5.8
  • 2189 views

松戸市の「東松戸ゆいの花公園」では、5月、季節の草花が色鮮やかに咲いている。同公園は、車で東京外環自動車道 松戸ICを利用することで都内からアクセスがしやすい。咲き誇る四季折々の花に癒されたり、心地よい草花の香りを楽しんだり、またロケ地の候補としてもおすすめだ。

四季折々の花々が楽しめる公園

「東松戸ゆいの花公園」では、約1haの敷地内にバラや桜、菜の花にペチュニアなどが咲き、四季折々の花々が楽しめる。年間を通じて200種類以上の花々と木々が、季節ごとに異なる景色を見せてくれる。

「バラのアーチ」が人気

今年は例年に比べてバラの花付きが良くないが、同公園では「バラのアーチ」も人気だ。毎年5月に一斉に咲き連ね、公園の名物として来場者から親しまれている。

公園名の由来

また公園の名称になっている“ゆいの花”は、実際にある花ではない。「市民一人ひとりが“花”によって結ばれ、“花”を通じて輪が広がり、心の潤いや安らぎを感じてもらえれば」という思いが、“結(ゆ)いの花”という名に込められている。

なだらかな丘と花が楽しめるマグノリアハウス

園内のマグノリアハウスは、講座の開催や休憩所としても利用可能。

ガラス張りの窓から一望できる、なだらかな丘と花にも注目したい。

このほか園内には、ロックガーデンや、例年春に開催される「結いの花フェスタ(※令和3年度は中止)」で音楽会の舞台となる芝生広場などもある。

施設の詳細

休園日は年末年始12月28日~1月4日と毎週月曜日で、月曜が祝日・休日の場合は翌日が休みとなる。開園時間や園内の施設など、詳しい情報は同園公式サイトで確認を。

なお、駐車場は近くの東松戸中央公園を利用。駐輪場は公園西側道路に面した場所に約20台分のスペースを用意している。電車でのアクセスはJR武蔵野線・北総鉄道「東松戸駅」から徒歩約8分。

■「東松戸ゆいの花公園」 住所:松戸市東松戸1-17-1

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

元記事で読む