1. トップ
  2. メイク
  3. 【アイブロウパウダー】ブラウンだけじゃ勿体無い!眉毛もカラーで遊ぼう!

【アイブロウパウダー】ブラウンだけじゃ勿体無い!眉毛もカラーで遊ぼう!

  • 2021.5.8
  • 1294 views

【アイブロウパウダー】ブラウンだけじゃ勿体無い!眉毛もカラーで遊ぼう!

アイブロウパウダー
出典:byBirth

マスク生活の今、アイメイクの印象がとても大事です。アイシャドウやまつ毛などに意識が向きがちですが、実は一番顔の印象を左右するパーツは眉毛なんです。

アイブロウパウダーの選び方

アイブロウパウダーの選び方
出典:byBirth

アイブロウパウダーを選ぶ時のポイントを紹介していきます。

髪の毛よりワントーン明るいカラーを選ぼう!

髪の毛の色が黒い方はダークブラウン、明るいブラウンの方はベージュ系などです。眉毛の色だけ暗い方がたまにいるのですが、それでは垢抜けないので色選びはとても重要です。

髪の毛の色味にも合わせよう!

色味とは、ピンク系や赤系、アッシュ系などのことです。ヘアカラーをする度に色味を変える方は、その都度アイブロウの色も変えるのを忘れずにしましょう!

パーソナルカラーに合わせて選ぼう!

上記の髪の毛の色味を考える時にも言えることなのですが、アイブロウの色もパーソナルカラーに合った色を選びましょう!

ブラウンの中でも黄味が強いカラーもありますし、青味が強いカラーもあります。その色を纏って顔色が明るく見えるかくすんで見えるかで判断できます。

アイシャドウをアイブロウとして使う場合は、ラメやパールが入っていない物を選ぼう!

基本的にはアイブロウパウダーを使いますが、どうしても気に入るカラーやテクスチャーがない場合は、アイシャドウをアイブロウパウダーとして使うこともできます。その際の注意点として、ラメやパールが入っていない物を選ぶのが大切です。

また、アイシャドウだとふんわり乗るので、アイブロウが消えやすくなってしまうというデメリットもあります。近年では、アイブロウパウダーにもカラー展開が増えてきて、気に入るカラーを見つけられると思います。

アイブロウパウダーを使うメイクのポイント

アイブロウパウダーを使うメイクのポイント
出典:byBirth

アイブロウパウダーを使うときの基本のメイクポイントを紹介していきます。

1. 真ん中のカラーと濃いカラーを混ぜて、眉下のアウトラインを描く

アイブロウメイクの重要な部分は、実は眉下のラインなんです。ここのラインがガタガタしてしまうと、野暮ったく見えてしまいます。最初にこのラインを決めておけば描きやすくなります。

2. 同じカラーで眉上のアウトラインを描く

眉山の位置を確認したら、眉上のアウトラインも描いていきます。

3. 隙間を埋める

眉毛の隙間を埋めていきます。ブラシを寝かせて描いていくのがポイント!

4. 薄いカラーと真ん中のカラーを混ぜて、眉頭下 → 鼻筋にかけてスッとノーズシャドウを入れる

薄いカラーはあまり使う場面がないように思いますが、ここで登場します。ノーズシャドウが濃くなりすぎないように、薄いカラーを混ぜます。

5. スクリューブラシで毛流れを整えながらラインをぼかす

スクリューブラシは使っていない方も多いのですが、ここの工程はとても大事です。アウトラインが濃くて目立ってしまっている場合があるので、スクリューブラシでぼかすと自然に仕上がります。

おすすめのアイブロウパウダーブラシを紹介!

IPSA アイブロウ クリエイティブパレット

自然で立体感のある眉毛が描けるアイブロウパレットです。アイブロウパウダーにしては珍しい5色が入っています。

オレンジやレッドなどのカラーでブラウン以外も使いたいという需要を叶えると共に、ベーシックなブラウンも入っているので、その日のメイクによっても変えられます。

ヴィセ アイブロウパウダー BR-3
ヴィセ アイブロウパウダー BR-3
出典:byBirth

筆者が現在愛用しているアイブロウパウダーです。髪の毛のカラーがピンク系なので、このカラーがぴったりです。少ししっとりとしたテクスチャーで、眉毛にしっかり付いてくれます。落ちにくいです。

WHOMEE アイブロウブラシ 扇型

ふんわり眉メイクのためのアイブロウブラシです。今までは斜めカットのアイブロウブラシが大人気でしたが、こちらのブラシは新しく発売されたばかりのブラシです。やわらかい印象のアイブロウメイクができる扇型のブラシです。

横にスライドするようにして使うだけでナチュラルに描けるので、メイク初心者にもおすすめです!

アディクション アイブロウ ブラシ

幅が広いブラシなので、ワンストロークで簡単に描けるブラシです。触った感じは硬いのかな?と思いますが、しっかりと描けるので使いやすいです。特に、シャープな眉毛を描きたい方におすすめのブラシです。

まとめ

この記事では、アイブロウパウダーの選び方・アイブロウメイクのポイント・おすすめのアイブロウパウダーとアイブロウブラシを紹介しました。アイブロウが綺麗に描ければ垢抜けて見えるので、一番丁寧にメイクをするべきパーツなのです。

ぜひ、ご自身に合ったカラーのアイブロウパウダーを選んで、眉メイクを楽しんでみてくださいね!

元記事で読む