1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【前編】男性の干支別・彼のテンションが上がる「キスのシチュエーション」とは?

【前編】男性の干支別・彼のテンションが上がる「キスのシチュエーション」とは?

  • 2021.5.7
  • 1322 views

好きな人とキスをするなら、相手のテンションを上げるタイミングでしたいですよね。

あなたに意中の彼は、どんなシチュエーションについ興奮するのでしょうか?

今回は、男性の干支別に「最高にテンションが上がるキスのシチュエーション」を占います。

まずは子(ねずみ)年から巳(へび)年までご紹介します。

子(ねずみ)年生まれの男性

【うるっとした瞳で上目遣いで見つめられたとき】

子(ねずみ)年生まれの男性は、人の気持ちを察するのが得意なところがあります。

そのため、上目遣いをして見つめる女性の気持ちを汲み取り、「キスしてほしいんだな」と思うことがあるでしょう。

それが子(ねずみ)年生まれの男性のスイッチを入れ、興奮させるのです。

丑(うし)年生まれの男性

【色っぽいキスをする音が耳の近くで聞こえたとき】

丑(うし)年生まれの男性は、言葉数は少ないかもしれませんが、情熱的な一面を持ちあわせているところがあります。

そのため、意中の女性と2人きりになり、女性の方から耳元に「ちゅっ」と音を立ててキスをされるとテンションが上がるでしょう。

音に弱いところがあるので、囁いたり色っぽいキスの音を立てたりするのが、とくに効果的ですよ。

寅(とら)年生まれの男性

【人気のない静かなところで不意に】

寅(とら)年生まれの男性は、ふだんは落ち着いていて、どこかどっしりと構えているところがあります。

しかし、アクシデントや不意打ちに弱いところがあるため、急なキスにはびっくりしつつも嬉しさを感じるでしょう。

まずは人気のない静かな場所で、不意打ちキスに挑戦するのがいいかもしれません。

そして、寅(とら)年生まれの男性の胸の中に飛び込んで、恥じらいながら顎や頬にキスすれば、さらにテンションがあがりますよ。

卯(うさぎ)年生まれの男性

【会いたかったことを伝えられながら】

卯(うさぎ)年生まれの男性は、いくつになっても子供みたいに甘えん坊で寂しがり屋なところがあります。

そのため、「ずっと会いたかったよ」と求められていると感じる言葉にズキュンときてしまうよう。

卯(うさぎ)年生まれの男性をクラッとさせる言葉を吐きながら、指をからめ抱きつきながらキスをすると、彼のテンション上がるかも。

キス以外に言葉で愛情表現することで、彼の心は満たされるはずですよ。

辰(たつ)年生まれの男性

【キスの誘いに乗ってくれたとわかったとき】

辰(たつ)年生まれの男性は、どこかつかみどころがない印象があるかもしれません。

束縛が苦手で、クールなところがあるため、女性側からアタックするよりは、辰(たつ)年生まれの男性からのキスを待つのがおすすめです。

もし自分から攻めたいと思ったら、大胆には誘わずに、彼の指先や手の甲にそっと気持ちを込めたキスをしてみて。

興奮が抑えきれずに、キスを返してくるはずですよ。

巳(へび)年生まれの男性

【2人きりの空間で官能的に誘われたら…】

巳(へび)年生まれの男性は、言葉などでの愛情表現されるよりも、スキンシップで表現されるほうが、うれしいと感じるところがあります。

そんな巳(へび)年生まれの男性には、2人きりの空間でスキンシップしながらキスするのがいいかもしれません。

首筋にキスをしてみるなど、色っぽく演出するのが効果的です。

大胆でちょっぴり激しいキスに、テンションは高まるでしょう。

とっておきのキスで恋愛のボルテージを上げて

キスは、一番シンプルに愛情を伝えられる手段です。

恋愛のボルテージを高められるスキンシップとも言えるでしょう。

意中の彼をキスする雰囲気に誘うことで、さらに次のステップへ進めるかもしれません。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ彼の「恋のテンション 」を上げてみてくださいね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む