1. トップ
  2. ファッション
  3. 定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション

  • 2021.5.7
  • 978 views

今日は気分で、ボーダーと小さなドットを組み合わせてみた。対照的な柄が垣根を超えて、装いにコンテンポラリーな抑揚が生まれた。ボーダーラインの先にある、予想外の奇跡を愛しむ。

 

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

カットソー¥11000 / ORCIVAL、パンツ¥26000 / GALLEGO DESPORTES( ともにビショップ)、サングラス¥33000 /ayame(アヤメ)、カチューシャ¥11000 /ALEXANDRE DE PARIS( アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX 店)、かごバッグ¥68000 / eb・a・gos(エバゴス)、シューズ¥6819 ※ 4 月中旬発売/ ORiental TRaffic(ダブルエー)

 

カラーボーダーコレクション

PETIT BATEAU

腕を下ろした状態だとタテのシマシマ、両手を横に伸ばすと、ボディと同じヨコのシマシマに。遊び心を秘めたデザインがキュート。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥10000(プチバトー・カスタマーセンター)

 

Marimekko

ヨコシマを意味する「Tasaita」柄。エネルギッシュなオレンジレッド×ライトベージュが好印象。7 部袖ですっきり着られるシルエット。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥11000(ルック ブティック事業部)

 

BEAMS BOY

爽やかな配色に加え、エルボーパッチにブランドらしい気の利いたアクセントが宿る。程よい厚みと伸縮性があり、着心地のよさも譲れない。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥7400(ビームス ボーイ 原宿)

 

Robert P.Miller

ヘンリーネックのデザインがアクセントになるロングT シャツ。ブランド独自の「PANEL RIB」仕様で肌触りが柔らかく、着るたびに馴染んでいく。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥3800(ドリームワークス)

 

PHEENY

ピッチの細さや、胸ポケット、袖のリブなど、どこかヴィンテージライクなデザイン。ジャケットなどきちんとスタイルのハズし役として取り入れても可愛い。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥14000(フィーニー)

 

Glaçon

フランスのカットソーブランド《グラソン》は、有名メゾンの製造も行うなど品質の高さもお墨付き。赤×グレーの配色でクールな印象に。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥12000(グラストンベリーショールーム)

 

AIGLE

マルチボーダーの可愛い見た目に加えて、通気性や速乾性など機能性も抜群。夏の暑い日も、汗を気にせず過ごせる心強い存在。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥8900(エーグルカスタマーサービス)

 

LACOSTE

フロントとバックで異なるピッチのボーダーを配したユニークなデザイン。サイドに斜めに入った切り返しがスタイルをよく見せてくれる。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥9500(ラコステお客様センター)

 

SAINT JAMES

ボーダーシャツブームの火付け役でもある《セントジェームス》。やや薄手のコットン生地を使用した定番の赤で、フレンチシックに彩って。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥10800(セント ジェームス代官山店)

 

A.P.C.

愛らしい雰囲気でコーディネートが楽しめるピンクのボーダー。クラシックなストレートカットでタックインした時も美しい。

定番だけど遊び心も忘れない! カラーボーダーコレクション
出典 FUDGE.jp

¥16000(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

 

 

photograph_Serizawa Shinji(model), Suganuma Shotaro(item)
stylist_Takaue Mina
hair & make-up_Suga Takuma
model_Noemie
edit_Ono Ayaka〈KIP Inc.〉

 

FUDGE vol.213 2021年4月号より

 

 

元記事で読む