1. トップ
  2. ファッション
  3. 「存える」ってなんだっけ…?読めたらスゴイ《難読漢字》4選

「存える」ってなんだっけ…?読めたらスゴイ《難読漢字》4選

  • 2021.5.6
  • 15426 views

日本語は英語のようにアルファベットを使うだけではなく、ひらがなと漢字を使いますよね。そんな日本語には欠かせない存在の漢字ですが、生活の中ではほとんど目にしないものもあります。そこで今回は読めたらすごい漢字を紹介していきますよ♪

(1)「存える」

まずご紹介する漢字は「存える」です!この漢字、何て読むか分かりますか?一見カンタンそうに見えますが、よみかたは「ぞんえる」ではありません!ではこの漢字はなんて読むのが正しいのでしょうか。それでは正解を確認していきますよ♪「存える」という漢字は「ながらえる」と読みますよ♪聞いたことがある言葉ではないでしょうか。ながらえるとは生きて長くこの世にいることを意味しています。「存える」以外にも「永らえる」などの漢字で表すことができますよ。

(2)「劈く」

「劈く」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は見たことがない!なんて人もいるのではないでしょうか。ではなんて読むのが正しいのか、正解を確認しますよ♪この「劈く」という漢字は「つんざく」と読みます。これが正しく読めた人はすごい!「劈く」とは激しい勢いで裂き破ることを意味しています。会話でもあまり使うことがないかもしれませんが、覚えておくと役に立ちますよ♡

(3)「聊か」

「聊か」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は会話でも耳にすることがあるものとなっています!では正解を発表していきますよ♪この「聊か」という漢字は「いささか」と読みます。「聊か」には「ほんのすこし」「わずか」などの意味がありますよ。「聊か」以外にも「些か」と表すこともできます。

(4)「周章てる」

「周章てる」という漢字はなんて読むか分かりますか?この「周章てる」という漢字は「あわてる」と読みます。「あわてる」というと「慌てる」を想像しますよね…!しかし、この「周章てる」という漢字を使っても、どちらも同じ意味になります。使う機会はあまりありませんが、これも読み方を覚えておくと便利ですよ♪

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した難読漢字、いくつ読むことができましたか?どの漢字も難しいものばかりでしたが、どれも使う機会があるかもしれないので覚えてみてくださいね…!

元記事で読む