1. トップ
  2. ファッション
  3. 【コンバース】スニーカーは幼く見えるを解決! 春のあか抜けコーデ5選

【コンバース】スニーカーは幼く見えるを解決! 春のあか抜けコーデ5選

  • 2021.5.6
  • 4265 views

黒や白の定番カラーもいいけれど、春夏のコーデにはデニムのような感覚で気楽に取り入れられるブルー系のコンバースがオススメ! どんなコーデにも馴染んでシーズンレスで楽しめるので、実は定番色のように履きまわせるんです♡ 今回は、春に大人可愛く着こなすコーデを紹介します。

大人可愛いブルー系コンバースコーデ5選

① ワントーンで
品の良い大人カジュアルが完成

すこし素足が見えるスカート丈とハイカットコンバースの絶妙バランスが、おしゃれに見せるKEY。キレイめでも、デニムジャケットと相性バッチリなブルーコンバースでまとめると今どきなあか抜けコーデに♡
スカート¥14,000(ココディール)Tシャツ¥6,000(upper hights/ゲストリスト)デニムジャケット¥16,000(Wrangler/リー・ ジャパン)ハット¥18,000(La Maison de Lyllis)チェーンネックレス¥12,000コインモチーフ¥9,000(ともにARTIDA OUD/THE ANOTHER MUSEUM)ストール¥6,000(AKTE)バッグ¥19,800(NOMADIS)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

② 大人カジュアルは足元のぬけ感がポイント

足元とトップスのトーンをリンクさせると、より統一感のあるコーディネートに。濁りのないピュアなブルーが、ヘルシーな雰囲気をより引き立ててくれます♡ ローカットで抜け感を出したのもGOOD。パンツ¥22,000(AGOLDE/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)シャツジャケット¥4,536(ベルシュカ/ベルシュカ・ジャパンカスタマーサービス)Tシャツ¥5,500(VANS/VANS JAPAN)バッグ¥13,000(HASHIBAMI/コレクト)スニーカー¥9,000(コンバースインフォメーションセンタ-)ピアス¥1,800(アネモネ/サンポークリエイト)

③ コーデのアクセントになる
ライトブルーのハイカット

コーディネートの色味がシックな時は、足元をポップにしてみるのも正解! 深めのロールアップが施されたデニムで、コンバースを強調するのもオシャレ上級者ならでは✔︎ デニム¥10,000(パブリックトウキョウ渋谷店)Tシャツ ¥3,800(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)ジャケット¥9,991(GYDA)イヤリング¥14,000(LUCAS JACK)バングル¥28,000(e.m./e.m.表参道店)リング¥11,000(STELLAR HOLLYWOOD)バッグ¥5,900(CHARLES & KEITH/CHARLES&KEITH JAPAN)スニーカー¥7,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

④ 黒には出せない
ラフな抜け感がネイビーの魅力

コーデの柔らかさをキープしたいけど、パンプスだと甘すぎちゃう。そんな人にオススメなのがネイビーのコンバース。ジャケット¥5,990(ベルシュカ/ベルシュカ・ジャパンカスタマーサービス)タンクトップ¥1,200(ヘインズ/ヘインズブランズジャパン カスタマーセンター)マキシスカート¥7,980(MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)バッグ¥4,500(ワイルドシングス/ジェイケイブイジャパン)スニーカー¥12,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)イヤリング¥3,437(アビステ)2連ネックレス¥1,264(Cream dot.)リング¥1,600(アネモネ/サンポークリエイト)

⑤ 大人女性らしい
ヴィンテージライクなコーデにも

オーバーサイズのラフなスタイルにコンバースを合わせると、今どきなヴィンテージLOOKが完成。ネイビーで鮮やかなワントーンコーデをパキッと締めることでスタイリッシュな印象に! シャツ¥13,000(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル青山店)タートルニット¥2,990(UNIQLO)パンツ¥8,900(COCO DEAL)ネックレス¥43,600(LON)バッグ¥22,000(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

ブルー系コンバースを使ったコーデいかがでしたか? ブルーが持つ鮮やかさで、街でも注目されそうな旬の着こなしが簡単に完成します♡ ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は過去の「JJ」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

再構成/JJ編集部、YUKA KATSUMATA

元記事で読む